2016年06月26日

高学年キャンプ 2016 キャンプSTORY @

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

今年もキャンプの季節がやってきます!!キャンプSTORY、今年もお届けしますね!



キャンプストーリのブログを担当します垂水おやこ劇場 高2のなごみんです!

今年のキャンプで副キャンプ長します!
これから青年の姿をお知らせするために更新していこうと思いますので、是非みてください!!

キャンプ ブログ用2.jpg

6月18日『高校とスタッフ仲良くなろ!!』の会を開きました。

各自色々な具材を持ってきていて、"たこ焼きの中にたこ焼き"や"たこ焼きシュウマイ"など初めての食感で楽しかったです!
キャンプブログ用 2.jpg



質問コーナーもあり、面白い質問やあっそうなんだと思う質問もあって新たな一面知ることができました!!

今日をきっかけに今年のキャンプいいものを作ろう!と改めて思うことができました!

ついでにキャンプは8月11日〜14日です!!
会員の子どもたち(5年生以上)絶対楽しいので来てください!!!
高2 なごみん

〈編集:NAOMI〉
posted by tarumioyako at 11:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

いよいよ来月! パントマイムプラネット チカパンの大道芸!!

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

パントマイムプラネット
チカパンの大道芸!!


7月16日(土)  開演時間  14時  19時
7月17日(日)        14時
開場 20分前 上演時間 1時間


神戸アートビレッジセンター KAVCホール
全コース対象  幼児〜中学生以上コース


鑑賞時間を チケットに指定しています。 7月から新しいサークルに代わる方、ご注意ください!

神戸のおやこ劇場会員 全員で鑑賞する例会です。
グループ毎に指定時間があります。
3回公演です。 みんなでチカパンを見に行こう!


ハンガーにかかる色々な帽子。
関取、バニー、コックにロボット、謎のチャイナ帽。
どれもこれも、ろくなことになりゃしない。
最後に選んだ、大道芸人の山高帽。
お客さんを巻き込んで大道芸の旅に出ます。
笑いがあふれ、やさしい時間が流れます。

チカパンの大道芸!!.jpg

チカパン.jpg

チカパンはパントマイムを演じる役者です。

1987年に桐朋学園演劇専攻科を卒業後、東京マイム研究所にて故・並木孝雄からパントマイムを学びました。

時に言葉を使って演じる独自のマイムスタイルを確立し、全国各地で小さな子どもからお年寄りまで楽しめる複数のプログラムを巡演しています。

青空のもと東京都公認ヘブンアーティストとして大道芸も演じ、TV番組ポンキッキーズではキーズロボやガギグ原人などのキャラクターを演じました。

海を超えて2009年、チェコのマテジンカ国際人形劇フェスでは出演作「シアタートライアングル」(演出・くすのき燕)がグランプリに輝き、自身も主演女優賞を受賞しました。

演劇的なパントマイムの表現にこだわり、小さな身体で観客の想像力に語りかけます。


主催 : 神戸垂水おやこ劇場・神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援 : (公財)神戸市民文化振興財団・神戸市PTA協議会

おやこ劇場は会員制です。鑑賞例会に興味を持たれた方は、お問い合わせください。
お問い合わせ・申し込み → 神戸垂水おやこ劇場
              tel & fax : 078-706-1810
E-mail : tarumioyako@m8.dion.ne.jp


posted by tarumioyako at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

『2016プレキャン』 報告

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

『2016プレキャン』 報告

日 時:6月12日(日) 9:00〜17:00 
場 所:しあわせの村 
参加者:32名
    子ども(小中学生)11名
    青年スタッフ14名(高校生6名 その他の青年8名)
    大人スタッフ7名


今回初めて大人スタッフとして参加しました。
高2・Sの母nanafusigiです。
写真と子どもたちの感想を交えて報告します。

梅雨入りし、天気が心配されたプレキャンの朝を迎えました。
スタッフの青年らは8:30には名谷駅に集合し、
前夜(!)のサークル会に引き続きプログラムの最終確認。

8:45ごろから、
集合場所に続々と保護者に連れられた小学生、中学生がやってきました。
久しぶりにお気に入りの青年にあった女の子は、
早速、お母さんにツーショット写真を撮ってもらっていましたよ。
一般の乗客の後ろから、班ごとにバスに乗り込みます。
お母さんとしばしのお別れ。

15分ほどで「しあわせの村」到着。
にぎわうフリーマーケットの横を通り抜け、
テントキャンプ場まで自然遊歩道を歩きます。
徐々に緑が深まってきて「キャンプ」の気分が盛り上がってくる〜。
プレキャン1.jpg

ファイヤー場で学年ごとに自己紹介、名札をつけてもらいます。
子どもも青年もキャンプのあだ名で呼び合うんだそう。
プレキャン2.jpg

炊事場に移動し、まずは青年から「薪(まき)」の使い方の説明。
上手につけられるかなぁ。
プレキャン3.jpg

そして、これも大事。「ごみ」の片づけ方の説明もしっかり聞きました。

いざ班ごとに分かれて調理開始。
薪を使ってかまどに火をつける子ども。
青年がしっかり見守りアドバイスしてくれます。
プレキャン4.jpg

プレキャン5.jpg
*今回で一番印象に残った出来事は、火をつけたときです。
 前は教えてもらってけっこう時間がかかったけど、
 今回は前よりも早くつけることができてうれしかったです。(中1)


材料を切るのに一生懸命な子どもや高校生。
キャンプでは料理上手だと、尊敬されるようです。
自分たちの食べたいものをメニューに挙げていましたが、
果たして時間内に作りあがるのか?
プレキャン6.jpg

プレキャン7.jpg
*今回は、火じゃなくて料理を手伝いました。
 しめじをずっとさいてました。じみちな作業でした。(中1)


その間、母スタッフたちも、
料理の得意な、垂水のMちゃんのお手軽糖質ダイエットおすすめメニュー
「油揚げのピザ」「厚揚げのグラタン」などをつくり、
須磨北のAさんの本格的なおしゃれなメニュー
「鳥とキノコのサワークリーム煮」を堪能しました。
差し入れの「玉ねぎのカレーマリネ」その他もおいしかったね。
普段、昼食は一人いい加減なものを食べるところ、
とても幸せな気分になりました。
プレキャン8.jpg

子ども達のごはんは、アウトドアとは思えないメニューにチャレンジ。
1班は、つくね、ちらしずし(山)、白玉&あんにん、ポテトサラダ
プレキャン9.jpg
2班は、わかめの味噌汁、ちらし寿司(海)、白玉&あんにん、ポテトサラダ。
プレキャン10.JPG

そうこうしている間にポツリポツリと雨が降り出し…。
予定時刻を少し上回りましたが、無事に食事にありつけました。
プレキャン11.jpg
*ごはんをたくときや、デザートをつくるとき、むずかしかったけど、
 いがいとやると、かんたんだったので、またしたいと思いました。
 あと、白玉がいちごあじで、ピンク色だったけど、おいしかったです。(小4)


*ちらしずしに少してこずったけど、いろいろおいしいものができたし、
 いつもよりもごうかだったので楽しくてウキウキでした!(高1)


食器の片付けが終わったら、いよいよみんなでゲーム大会。
あおぞら広場で行う予定でしたが、
雨が降ってきたので、多目的室まで移動です。

子ども達を喜ばせようと、この日のために青年達が考えたオリジナルの集団遊び。
「子ども(小中学生)」VS「青年」のゲームのプログラムは…
@パーフェクト魔王さんがころんだ(だるまさんがころんだ)
Aモノクロダンボール
B魔王を捜せ(探偵ゲーム) 
プレキャン12.jpg
C悪徳太子(聖徳太子ゲーム)
プレキャン13.jpg
Dちゃんばら
青年を追い詰める女の子達。
プレキャン14.jpg
本気の小学生に飛び技でよける青年。
プレキャン15.jpg
*ゲームの中でもチャンバラが一番おもしろかったです。
 夏の高学年キャンプでは言語ゲームがしたいです。
 高学年キャンプにも行きたいです。(中1)


子どもたちは次々と勝利を重ね、
ゲットしたアイテムを全て使い、最終決戦を制したのでした。
*ゲームで、すべて青年チームがまけて、
 子どもチームが勝ったのでうれしかったです。
 新しいお友達もできたので、よかったです。(小5)


そして、この暑い戦いは、
もっともっと暑い(熱い)8月の「高学年キャンプ」へと続くようです。
がんばれ、青年。楽しんで、子どもたち。

*新歓の反省もいかし、前よりいいのができたと思うので、
 今日の反省をいかし、
 高キャンをよりいいものに作りたいと思いました。(高2)


*プレキャンに来た子も、今回は来れなかった子も
 夏の高学年キャンプに参加して、
 楽しかったプレキャンよりも
 さらに楽しい高キャンで思い出を作りましょう!
 待ってまーす!(高2)

プレキャン16.jpg
P.S. 子どもたちの想いを支えようと、
   ベテラン青年スタッフ、大人スタッフの皆さん、お疲れ様でした〜。
<報告 nanafusigi>

nanafusigiさん、楽しい報告をありがとうございました。
自分の子どもがキャンプに行っていた頃のことを思い出しました。
キャンプから帰ってくると、行く前より、なんだかたくましくなったように感じたものです。
料理の上手な青年たちが尊敬されるというエピソードも納得です。
夏のキャンプも思い切り楽しんでくださいね。
そして、青年たちを支えるスタッフのみなさん、くれぐれもお怪我などされませんように・・・
byウグイス
posted by tarumioyako at 16:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

「子どもフェスティバル」のお知らせ 第2弾

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

『ピチピチ🐡ザバーン 子どもフェスティバル』
お知らせ 第2弾
フェスちらし 明.jpg
フェスチラシ 裏・明.jpg


日時:6月19日(日)10時半〜14時
場所:神戸市立水産会館
(垂水駅から南に5分、垂水漁港前)
入場無料

いろいろなお店が、準備に動き出しました!!情報一挙に公開です
 
インフォメーション
例会をはじめ、いろいろなチラシご案内、しています。
お菓子すくいもありますよ〜。


ウルトラゲームコーナー
輪投げ、瓶立てゲーム、シュートゲーム…etc色んなゲームが楽しめるゲームコーナー。
何がウルトラって? それは来てのお楽しみ〜! 

うつし絵のお店・スマイル
うつし絵のお店スマイルではかわいい絵をうつすことができます。かんたんなので小さな子でもできます。おうちで色をぬるともっとかわいくなります。ぜひ来てね!

ザバーンカフェ
コロコロドーナツ屋さん(仮)
作って楽しい、食べて美味しいドーナツを作ります!
ボール型のドーナツにチョコやアイシング、キラキラのトッピングでデコします。お楽しみに!
たこせん屋
ザ・お祭りと言った定番駄菓子の「たこせん」を準備中です。チョット小腹が減った時に丁度いいオヤツになります。当たりクジがあるかも。只今考え中です。 

青年の店
今回、青年サークルはピチピチ ザバーンをうけて、毎度恒例の一円玉おとし+α海をテーマにしたゲームを企画中!!ワークショップ「空とぶ魚」
震えて待て!!! 

スーパーボールの店
今年もあります! フェスの定番スーパーボールすくい。去年は金銀メダルでしたが、今年は何がすくえるか、お楽しみに(^o^)今年もすくってGO!目指せ名人

夏やさいのひよこまめカレー屋 (青年の母)
子どもフェスティバル恒例? カレー屋さんです。今年のカレーは「かわいいひよこ豆さん入り夏野菜のカレーにしてみました。みんないっぱい食べに来てね! (容器やスプーンを持参すると割引があるよ(^▽^)/)

フリーマーケット
当日の店番は大人グループが担当します(^^♪ 
(会員さんへ 物品大募集! 寄付品は当日会場にお持ちくださいね。)
お隣では、被災地支援ブース被災地支援に関する展示。「海苔」「ピクルス」の販売をしています。

大豆でチップス
今、出店に向けて試作中です!大豆粉プロテインをミンチのようにしてチップスですくって食べます。お楽しみに♪
ブース内お隣では、缶バッジのワークショップを予定してます。 

HIROIKE(手作り小物の販売)
一般参加です。とてもセンスの良い小物をサクサク作られるHさんのお店。リバティーなどの端切れでコースターや小さなバック、巾着など早速作ってらっしゃいました。とっても素敵な方で、売り上げの一部を震災の被災地に寄付されるとおっしゃってました。

すまきたのお店(ぶっかけうどんとこぎつねご飯、小物販売) 
高学年キャンプや青年サークルで垂水と深〜いつながりがある須磨北おやこ劇場さんが、今年も参加くださいます。具だくさんの炊き込みご飯、お母さんの味です♫ぶっかけうどんは、暑い季節につるっとしたのど越しでファン多し。

あみぐるみ、手作り小物のお店(かほりクラフトさんのお友達)
一般参加です。

ゆとり作業所さん
一般参加です。今年も来てくださいます!昨年はガラス細工のアクセサリーなど販売されていました。今年は何でしょうか、楽しみです

このようなお店が、ピチピチの活きの良い魚のようなみんなが、海のそばの会場でザバーンとやります!!
みなさんのお越しを心よりお待ちしています



お問合せは、神戸垂水おやこ劇場までどうぞ!
TEL/FAX 078-706-1810
Mail tarumioyako@m8.dion.ne.jp

〈NAOMI〉


























































































posted by tarumioyako at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

「子どもフェスティバル」のお知らせ

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

    
ピチピチ ザバーン
子どもフェスティバル
〜こどものためのこどものおまつり〜

2016.6.19(日) 10:30〜14:00
神戸市立水産会館(JR垂水駅南の垂水漁港のそば)
入 場 無 料

みなさ〜ん、神戸垂水おやこ劇場ではおなじみの
子どもフェスティバルが、今年もありますよ―
一般の方も大歓迎!みんなで楽しみましょう

会員のみなさんには、
「ぱれっと」と一緒にチラシをお届けしています。
小学校3年生のRちゃんが、かわいい絵をかいてくれました。

今年は、お店が充実していますヨ
お店の情報をお知らせしちゃいま〜す
@ゲーム
  スーパーボールすくい
  ミニゲームコーナー(どんなゲーム?楽しみだねー!) など
A手作り(作ったものは、おみやげになるよ)
  写し絵 など
B食べ物
  カレーライス
  プチデコ スイーツ(どんな形にするか、試作して検討中だそうです。)
            IMG_8038.JPG
  駄菓子(たこせん) など
C手作り品 (愛情たーっぷり) の販売
  お菓子・小物 など
Dフリマ(バザー)
  古着・小物・本など

神戸垂水おやこ劇場会員のみなさんに、お・ね・が・い
使わなくなった物を、是非、おやこ劇場に寄付してください!!
バザーで販売させていただきます。
6月19日当日、会場の売り場へ、直接、お持ち込みください。
お持ち込みのルールは、チラシの裏をご覧ください。

お問合せは、神戸垂水おやこ劇場までどうぞ!
TEL/FAX 078-706-1810
Mail tarumioyako@m8.dion.ne.jp

今の子どもも、ちょっと前まで子どもだった人も、
大いに盛り上がりましょう
byウグイス



  
 
posted by tarumioyako at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

戦争童話集

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

小学校高学年・中学生以上コース 例会
関西芸術座 
「戦争童話集」
中央公論新社刊 「戦争童話集」より
作・野坂昭如  脚色・山本雄史  演出・松本昇三
4月10日(日)18時開演  神戸市立垂水勤労市民センター  レバンテホール

戦争童話集.jpg

新学期始まってすぐの4月10日(日)、垂水駅前のレバンテホールで鑑賞例会がありました。
みなさま ご覧になりましたか?
場面転換もなく、同じ場所で最後まで演じられました。
最初、「戦争童話集」という題名だけではどんな舞台なのかイメージするのが難しかったです。「戦争」なのに、「童話集」…?戦争なんて、童話と正反対のことじゃない、と思ったのでした。あらすじを読んでも、「風船の軍事爆弾」…は?非現実的デショー!?途中でしぼむんじゃないのか。と思いましたよ。竹やり訓練と同レベルですね。世界の現実を知らない…。

舞台は不思議なものでした。目立つものは何もない舞台に、四角い箱がいくつか置かれているだけです。学生たちが終戦の日に、呆然としている場面から始まりました。
これからどうしてよいのかわからない学徒動員の学生たち。彼らの後ろには、もう完成することの無い「ふ号兵器」が横たわっています。別の工場からやってきた学生も合流して、彼らは戦争で見聞きしたことをお互いに話しはじめました。

一人の学生が話します。すると、他の学生がそれに協力して場面を演じます。
しかし、舞台の装置が交換されるわけでもなく、彼らの衣装が変わるわけでもなく、ただ着の身着のままの状態で語りが続きました。

「ああ、これは、今まで聞いても人に話すことが出来なかったことを、やっと今人前で話せているのだな」と感じました。なぜなら、次々に語られる「童話」は、悲惨なものばかりだったからです。

オスよりメスが大きい種族の、大きすぎるオスのクジラが、潜水艦をメスクジラだと勘違いの片思いをして、爆撃から彼女(潜水艦)を守ろうとしてこなごなに吹き飛ばされてしまう話。
動物園の猛獣が危ないから、空爆の前に殺害しろと命令された飼育員が、殺せなくてゾウと共に山奥に逃げていく。しかし飢えたままでは、冬を越えられずに両方死んでしまう話。
戦闘があるはずだったのに、戦略から外れてしまった南の島に残されて、戦うことも無くただ飢え死にするだけの兵隊の今わの際の故郷への夢の話。
空爆の中で焼け死ぬ母と、残された子ども。母を亡くしたその子も、母を待ち続けて数日後に亡くなる話。

今まで聞いた事はある。という話がいくつかありました。しかし、目の前で生身の人間に生身の声で語られ演じられると、にわかにその出来事が「現実にあったこと」として感じられました。
そして、70年以上前の戦争の実態と、今現在も世界のいたるところで逃げまどっている人がいる現実に、気付かされました。

感想を一部紹介します
☆せんそうであんなお話しがあるとは、しらなかったので、びっくりしました。 (8才 女子)
☆とてもよかったです。たいへんなおもいを分かりました。こわさやひどさを分かりました。(6年 男子)
☆わたしは「せんそうのどう話」を見ていろんな人たちが、せんそうをのりこえているんだなと思いました! (6年 女子)
☆いろいろな戦争の話がきけてとてもよかったです。平和は改めて大切だなと思ったし、戦争の怖さも感じました。 (中1 男子)
☆戦争の悲しみやくるしみをよく考えることができた。こんな戦争を二度とおこさないようにしたい。 (中1 男子)
☆「戦争から71年がたって、こういう形で戦争の事をしることが出来てよかったと思いました。今も世界中では、戦争、紛争、テロなど人災は絶えず起こっているから、人の手で人を傷つけてしまうことをなくすためにも、自分に何ができるか考えていきたいです。  (高校生 男子)
☆原作を読んだことがある話もあったけど、本で読むのと実際に劇を見るのはやっぱり違うなあと感じました。特に「凧になったお母さん」は目を見張るものがあったと思います。やっぱり戦争は嫌だな、と改めて思いました。  (高校生 女子)

日本では先の戦争から71年たち、皮膚感覚として戦争を考えられる人はとても少なくなっています。しかし、この様な舞台を見ることで、生身の人間がその場で何を感じ、何をしていたのか、からだで感じることが出来ると思いました。この感想を見ても、それぞれの心に強くメッセージを受け取ったことが伝わってきます。決して喜ばしい出来事ではないけれども、現実としてある、そのことをそれぞれ自分自身で考えていきたいです。

文責 : たぬき1号




posted by tarumioyako at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

春のワクワクはっぴょう会

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。



 春のワクワクはっぴょう会 


4月17日 (日) 須磨一ノ谷プラザにて  13:30から 
春のワクワクはっぴょう会 が開催されました!
参加者はおやこ15組(子ども26名)+ 大学生、大人スタッフ = 総勢50名!
土曜日から大荒れの空模様で、開催大丈夫なのか?と密かに心配していましたが…

なんと!午後からは雨も上がり、絶好のイベント日和〜! まだまだ風は強く、須磨海岸には大きな波が打ち寄せていましたが(瀬戸内海にサーファーが来るくらい)カサもささずに須磨一ノ谷プラザまで集まれました。日ごろの行いが良い子たちばかりだからね!

image-254aa.jpeg

みんなで会場の設営スタート

image-67db8.jpeg

参加料を各自払い、後半のゲームのチーム分けにくじ引き。「た」「る」「み」の3チームに分かれました。

司会の男子チームが、開会のあいさつをして、いざ尋常に 勝負勝負〜〜!

image-992f4.jpeg

最初は おかあさんの 「稲村稲」 によるパネルシアター 「しろくまちゃんのほっとけーき」
けっこう高学年男子も なつかしく見ていたよ。もちろん小さい子は大満足。稲村稲の ママたちありがとう!

IMG_0376.JPG

さあて、いよいよ子どもチームの出番だ。
まず…
クイズと手品  「道場ズ」
どうやら、道場に通って日々きたえているメンバーらしい。
空手型「やー!」 柔道背負い投げ「やー!」
「ぼくたち道場ズです!」

おぉ〜すごい!

image-7cf11.jpeg

クイズは、新中一の男子司会者も、真剣に答えていた。手品も披露して、大かっさい。(一度やり直したりしたことはヒミツ
終わりにまた 空手型で「やー!」

新体操 「Saho ☆ Haru新体操」
見たかい?見たかい? いったいどうしたらあんな風に床でたて回りに ぐるっと できるんだろうね?不思議だったよ!きっとたくさん練習しているんだろうね。 子どもたちも、自分と同じ小学生がすごい技を見せてくれるので、ビックリしながら見ていたよ。 ありがとう!小さい妹も かわいくがんばってたよ。

image-a8450.jpeg



コマ回し 「コマさん兄弟」
スペシャルな秘密を教えようか。この日やって来たコマさん兄弟は、じつはふたごなのである!妖怪ウォッチのコマさんたちは、コマさんとコマじろうの兄弟だけどね!もんげ〜!

image-568db.jpeg

最初は普通にコマ回し。だんだん高度な技になっていき、手にのせたり、下じきにのせたり。いきおい余ってコマが遠くに飛んでいったりしたこともあったけど、いろんな技を見せてくれたぞ。ありがとう!

南京玉すだれ  「よもぎ大福」 
男子ばかりのチームだ。ずらっと一列に並んで、運営委員長じきじきのかけ声で 「あ、それ、あ、それ、あ、それそれそれそれ、さては南京玉すだれ…」とはじまったぞ。かけ声に合わせて、次々にひろうされる技。6人での大技あり、一人ずつの技あり、バラエティーに富んでいたぞ。

image-93e68.jpeg

クイズ  「チームアザラシ」
姉弟のチームだ。…けっこうむずかしいクイズを出してきたぞ…  ニヤッと笑って、「こたえ言いましょうか?」と言われた観客が「いや、待って!」というオーラを出していたな。負けず嫌いたちめ。 

image-bfcba.jpeg

合奏  「幼児・小低グループ☆オールスターズ」
派手だ。見た目も演奏も持ってきた楽器も、すべて 派手だ。楽しかったぞ〜!

image.jpeg


花笠音頭   聴子と大人有志
写真をご覧あれ。 みなさん 楽しくノリノリでした

IMG_0346.JPG

お待ちかねのおやつタイムをはさんで〜 後半はゲーム大会

image.jpeg


第1ゲーム
ジェスチャー

さあ、これはいったいなんのジェスチャーだかわっかるかな〜?

image.jpeg

第2ゲーム
お玉ボール運び

ボールは テニスボールだ! こぼしたらやり直しだ!

image.jpeg


第3ゲーム
段ボール島

こんなところに、大人も子供も15,6人くらい乗れるのか!?と思ったら、みんなあっさりクリアーした。

image.jpeg

ということで、段ボールを切りはなして、さらに小さくした。大丈夫か!?

IMG_0399.JPG

おっと〜!またしても3チームとも乗れたぞ!と思ったら、数を数えているうちに…「うあぁぁぁ!」という声とともにくずれるチームが…!
勝負あった。

image.jpeg

「る」チームの優勝と決まり、優勝賞品が わたされた。(ウワサはほんとうだった!)
おめでとう〜。春の良い一日、おやこ劇場のみんなで楽しく盛り上がったぞ〜。
後片付けをして、さようなら! またみんなで 集まろうね

文責 : たぬき1号



















posted by tarumioyako at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

春のパン焼き


熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。



『春のパン焼き』報告です

4月6日(水)11時〜15時
かほりクラフトさん前にて
参加者  大人12名、子ども19名  計31名

昨年までしていた須磨浦公園周辺もバーベキューの規制が厳しくなり、どうしようか・・・といっていたところ

今年は、かほりクラフトのYさんが、お孫さん出産前後という時にも関わらず、快く、場所を提供下さいまして・・・
今年もパン焼き(前は、パン生地を竹に巻き付けて焼いていたのでこの名が残っていますが、最近では、なんでも焼こう会みたいな、火を囲んで、みんなでワイワイと食べたり、おしゃべりしたりという、会です。)が、お天気にも恵まれて暑いくらいになり、無事に開催されました

Y野さんの車でTさんとNで準備隊、炭おこしや、スープの準備で先発です。かほりクラフトのYさんが、バーベキューコンロや、テーブル、シートなど本当にいたれり、つくせりで、いろいろ準備して下さっていました。ここで、Nの算出した炭の量が、足りないこと判明でも、カセットコンロで乗り切ってくれた、アウトドア得意のY野さんでした

パン焼き 3.jpg
まずは、自己紹介から。名前、学年、好きなこと・得意なことなど・・・

パン焼き.jpg
早速パンに挟む具材をいろいろと持ち寄り、焼きながら、おしゃべり・・・。子どもの大好きなソーセージは定番ですが、塩屋のお豆腐屋さんで美味しい厚揚げを買ってきて焼いてくれた方あったり、おもち、トマト&チーズ、お芋、・・・毎年進化しているようです

カセットコンロでは、具材を持ち寄った、おいしいスープがあっという間にできました。
パン焼き 2.jpg
Yさんが、マシュマロやクラッカー、チョコも用意して下さり、コンロの火で、マシュマロをあぶり、チョコをつけ、クラッカーではさみ、おいしいおやつも楽しみました。なんていう名前だったかな?ってYさんと話していたのですが、調べたら「スモア」でしたよ〜。M田さんの手作りミルク寒天もおいしかったです。
パン焼き 5.jpg
暑くなったので、Yさんが、作ってくれた日陰の下で、まったりと食べたり、飲んだり・・・

チャイも作りましたよ。ショウガなどのスパイス、Yさんが、お家からとってきてくれて、おいしい飲み物ができました
ハーブティーもYさん提供でいただきました。 
パン焼き 6.jpg
子ども達は、鬼ごっこや探検、ボール遊び、落下傘作って飛ばすなどして、思いっきり遊びました
ボールが入ってしまったご近所様には、帰り際、謝って帰りました。ご迷惑おかけしてすみませんでした
 
かほりクラフトのYさん、本当にお世話になりました。とっても楽しい1日でした。
お茶に間に合うように・・・と駆けつけてくれたパティシエのMさんのフルーツケーキもおいしかったです
子ども達の笑顔も嬉しいし、母も楽しいイベントでした。いろいろ準備、片づけ、関わって下さった皆さん、ありがとうございました

〈NAOMI〉





 
posted by tarumioyako at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

人形劇団夢知遊座「雨ふらんでケロ・たべたいなァ〜」例会報告

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。


【幼児・小学校低学年コース】例会報告
人形劇団夢知遊座
「雨ふらんでケロ・たべたいなァ〜」

日時:2016年4月3日(日)14:00開演
場所:KAVCホール


100人ぐらいのちびっことママ&パパで盛り上がった
幼児・小学校低学年コース例会・・・
例会担当運営委員のMさんの報告でお届けします。


春休みド真ん中の例会。
慌ただしい中にもかかわらず、たくさんの会員さんが観に来られました。

まず係のお手伝いを報告します。
今回、垂水からは次の3つの係をお手伝いしていただきました。
♪モギリ係
IMG_5089.jpg
希望してくれたのは、Uさん家族と、係のお仕事初挑戦のDさん家族です。
たくさんチケットをもぎることが出来て満足そうでした。
♪会場(くつ)係
こちらも初挑戦のIさんとKさんのコンビ。
平場に座る子ども達に優しく声かけし、靴の整理をしてくれました。
♪工作コーナー(てるてる坊主作り)係
「雨ふらんでケロ」のタイトルにちなんで、
来場した子どもたちに「てるてる坊主」を作成してもらうという、
またまた、おやこ劇場ならではのテンションの上がる工作コーナーを設置。
お手伝いくださったKさん、Yさん、他劇場の皆さんと一緒に作業し、
ピーク時には大忙しでしたが、
「てるてる坊主」に顔を描き満足そうな子ども達の顔にいやされました。
IMG_4978.jpg                  
お手伝いくださった皆さんありがとうございました。
IMG_1515.jpg

入り口の木の枝アーチ(神戸東おやこ劇場さん作成)に
思い思いに「てるてる坊主」をぶら下げたステキな入場口をくぐると、
ワクワクドキドキ人形劇の世界です。
開演10分前にもかかわらず、
夢知遊座さんのお二人が入り口でギターと歌でお出迎えしてくださいました。

IMG_6752.jpg

では、私達もゲートをくぐり、いざ会場へ‼
IMG_9189.jpg

夢知遊座さんのお二人ともがピッタリ息の合った人形劇で、
人形使いもとてもリアル。
カワイイ目をしたカエル君や、
恐いオオカミの役を演じる男性の声がとても上手く
グイグイと引き込まれます。
子ども達の笑い声やツッコミも自然と飛び出しました。
所々に出る名古屋弁と味噌カツなどの名古屋ネタ
大人にも笑えるアドリブ(?)を折り込み、会場全体が和む楽しい作品でした。

1作品目『雨ふらんでケロ』
周りの人にへそ曲がりな発言ばかりして困らせるカエル君のお話。
「カエルにはへそはないんだよ」というのが口癖。
クライマックスでは、
本当は素直でかわいくてお母さん思いなところが
観客席の胸をキュン(演者さんの表現です)と打ちました。


作品と作品の合間には、
マジック(?)の様な面白いトークショーで休憩タイム。

2作品目『たべたいなァ〜』
こわ〜いオオカミがお腹を減らせて出てくると、
その低音の音楽と声に、思わず立ち上がり、お母さんの元へ歩き出す子も。
いつも一人で遊び相手がいない子ぶたのララ子ちゃんが
たべられる代りに、
オオカミに3つの遊びをして欲しいと3つの最後のお願いをします。
遊びながら笑いと共に芽生える友情が伝わってくる、
楽しく心に響く作品でした。


会場を後にする時、たくさんの「てるてる坊主」の下をくぐりながら、
「雨ふらんでケロ〜」と余韻に浸りながら会場を去ったのでした。 
大人も子どもも夢中になれる夢知遊座さんの作品に、
またいつか出会いたいです。(M)

Mさん、楽しそうな報告をありがとうございました。
スポンジのような子ども達の心に、
夢知遊座さんの人形劇がしみ込んでいくようですね。
親子で共有できる素敵な時間を大切にしていきましょう。
おやこ劇場の例会や活動が、そのサポートをしてくれますよ。
byウグイス


posted by tarumioyako at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

熊本の地震災害

〜被災地へ心を寄せて〜
 熊本県を中心に相次いでいる地震、被害が広がっています。垂水おやこ劇場より、心からお見舞い申し上げます。
 亡くなられた方もいらっしゃいました。負傷された方もたくさんいらしゃるようです。まだ、安否の確認されない方もいらしたり、揺れが続く中で、避難者も多く、不安な日々を過ごしたり、不便を強いられたりしていることを心配しています。同じ地震による被災地神戸だからこそ、心がいたみ、気持ちを寄せている会員さんもたくさんいらっしゃることと思います。
 そこで、その気持ちをあらわす一つの形として、垂水おやこ劇場では、いち早く行動を起こしたいと急きょ相談し支援の募金箱を昨日のイベントで置かせていただきました。少しでも被災地の役に立てればと思います。
 停電や断水が続いていて、たいへん不便もあると思います。これ以上の被害が出ることなく収まってくれること祈ります。
募金2_ワクワクはっぴょう会.JPG

募金1_ワクワクはっぴょう会.JPG
〈NAOMI〉
 
posted by tarumioyako at 15:29| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

新入生歓迎キャンプ

青年サークル主催 
新入生歓迎キャンプ(須磨北・垂水おやこ劇場合同)


日時:4月2日(土)〜4月3日(日)

場所:しあわせの村DAYキャンプ場

対象:新小4〜(お泊まり:新中1〜)

参加者:青年16人(高校生10人スタッフ6人)
子ども12人(内訳小学生3人中学生9人)
大人7人
    合計35人

新歓2016.jpg

青年サークル主催の新入生歓迎キャンプが開催されました。
新小4から参加出来ます。お泊まりは、新中1からです。参加申込みが出ていない子どもには、お誘いの電話があったりと、きめ細やかな心遣いが素敵です。新中1になった我が家の子どももとっても楽しかったと帰ってきました!青年やスタッフ、大人の皆さん、楽しい時間をありがとうございました

青年からの報告です。
4月2日、3日の2日間しあわせの村で新歓をしました。
まず、食事作りでは二班で協力し豚玉丼、2種類のチヂミ、生春巻き、プリンを作りました。火を起こしたり、野菜を切ったり譲り合いながら楽しく美味しく作ることができたと思います!子どもも美味しいと言ってもらえたのでよかったです。
その後のゲームでは初めてやるゲームがあって、楽しかったです!
まさかの一番楽しかったゲームがただけんの『言語ゲーム』だったのは悔しかったので、次はもっと楽しいゲームを考えたいと思います。
また、6月12日にはプレキャン、8月11日からは高キャンがあるのでみんなに参加してもらいたいし、それに向けて高2同士の団結力も深めていければと思います!
参加してくださった皆さんありがとうございました。〈高2 かれん〉

〈編集:NAOMI〉
posted by tarumioyako at 16:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

『ボランティアまつり』報告

みんなであそぼうたるみフェスタ
『ボランティアまつり』報告

日時:3月26日(土) 12:00〜15:45
場所:垂水区役所内 1F大会議室


毎年、3月に開催される『ボランティアまつり』
おやこ劇場を地域のみなさんに知ってもらうためにも大切な機会ですね。
当日は、おやこ劇場の若手&バリバリの3人のママが
スタッフとして大活躍!!!
その中のMさんのレポートです。


垂水区ボランティアセンターに登録している団体や個人の皆さんが、
ステージやパネルで活動を紹介する楽しいおまつりです。
今年も、垂水おやこ劇場は
「展示」と「体験」コーナーに参加しました。

体験のコーナーでは、
「空き容器のフクロウ笛」
IMG_9161.jpg<

「フクロウ笛」づくりに挑戦中
ボランティア1.jpg
「アルソミトラ
(劇団風の子さんに教わった“空飛ぶ種”)」、
「紙飛行機」

エコ工作を提供しました。

シールラリーの形式になっており、
家族連れやご年配の方々が、お孫さんの為やご自身にと
楽しそうに工作に挑戦してくださいました。
たくさんの方に、
垂水おやこ劇場のチラシ、パンフも一緒に持ち帰っていただくことができました。
なかには他の場所で
「以前、おやこ劇場の会員さんに声をかけて貰ったことがある!」と言って
お話に花が咲いたお母さんもいらっしゃり、
おやこ劇場に再び興味を持っていただく機会となった様でした。
地域の方々との交流や活動の紹介の場として
劇場にとっても貴重なイベントだと思います。
たくさんの笑顔と出会い、心のホッコリしたひと時でした。

おまつり開始直前に他のグループの方から教わった(!)、
飛行機の翼も尾翼もある「紙飛行機」も親子に伝授。
ボランティア2.jpg
部屋の奥のスペースを“飛行場”にして、
作った「アルソミトラ」や「紙飛行機」を飛ばして遊びました♪
輪飾りは、子どもがもって帰ってきた学校のお楽しみ会で使ったものをリユース。
エコです。

パネル展示では「垂水おやこ劇場」の活動を紹介しました。

最後になりましたが、
エコ工作の事前準備にご協力くださった皆さんありがとうございました。(M)

Mさん、レポートありがとうございました。
エコ工作、楽しんでもらえたようですね。
ちなみに、「アルソミトラ」とは、インドネシアなどの植物で、
実が熟して割れると、
たねがグライダーのように1qも空中を遠くとんでいくそうです。
日本名は「ハネフクベ(羽根瓢)」。
種を飛ばして仲間を増やしていくのですね。
発芽してどんなふうに生長するのか、どんな花が咲くのか、見てみたいです。
おやこ劇場も、いろいろな活動を通して、
仲間を増やし、すてきな子ども達を育てていきましょう。
byウグイス



posted by tarumioyako at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

おやこで♪プチプチシアター♪報告

おやこで♪プチプチシアター♪報告

3月23日(水)  10:30〜11:30
須磨区天神町ログハウス「スペースとおりゃんせ」にて

参加者 親子19組 43名
スタッフ 8名

ログハウスのYさんのご協力で無事に開催できました。
予想を超えるたくさんの親子が申し込みして下さったので、ログハウスの中のものをできる限り外に出させていただき、(お天気が良くて幸いでした。)
ホットケーキも外に出したテーブルにホットプレート2台で焼きました。スタッフは9時半に集合して準備にかかりました。 

事前に欠席をお聞きした1組以外の方は、全員来てくださり、和やかな雰囲気の中で
手遊び…さすがMさん慣れたもの、パネルシアター(弁当箱のうた、しろくまちゃんのホットケーキ)…ダブルIさん練習の成果で大成功! 

IMG_5970.JPG

IMG_5969.JPG


と続き、ホットケーキのおやつへ、の手はすが、ホットケーキちょっと間に合わず、活動紹介を先にしました。少しざわざわとした中での紹介となりましたが、皆さん、しっかり耳を傾けてくださり、嬉しかったです。 



改めて、おやつタイムに。一番おいしいと感想を言ってくれた可愛らしい幼児さんもいました。 
後半は、集まってくれた子どもさんと同じくらいの年齢のお子さんを持つ会員さん、MさんとUさんに、おやこ劇場に入ってよかったなぁと感じる点を話してもらいました。はじめは、鑑賞が好きで入会して、いろいろな体験活動に参加して、異年齢の交流をして、ステキな出会いがあったことを共通してあげられていました。MさんやUさんに出会えてよかったなぁ。ここでお話してもらえてよかったなぁと心から思いました。 

IMG_0535.jpg


 最後に例会の紹介をベテランのスタッフよりして、終了。手影絵に興味をもってくれた幼児さんが結構いました。スタッフY野さんが、手でこんなのができるよ〜と子ども達に伝授。そうそうホットケーキのおかわりもありましたよ。
IMG_0536.jpg

__ 2.JPG
 個人的に、「おやこ劇場」のことをゆっくり話す機会がなかった友人に、改めて話せてよかったです。
 ふだんからこのログハウスに遊びに来ている子どもは、終了後もまったりと遊んでいました。慣れた安心な場所で開催させていただけたのが、何より良かったのかなと思いました。少しでも入会につながれば、嬉しいです。ホットケーキも大好評でした!
 来てくださった方、とおりゃんせのYさん、ありがとうございました。スタッフもお疲れさまでした。 

文責 Nさん  
編集 たぬき1号


posted by tarumioyako at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

♫春のワクワクはっぴょう会♫(おやつ付き)

春のワクワクはっぴょう会 
   
ワクワクすること やってみよう♪

学校での“お楽しみ会” のように、みんなが自分のしたいことをみんなに見てもらう…
クイズあり、マジックあり、一発芸あり、楽器演奏あり、その他なんでもありの 
“はっぴょう会”
なにが見られるのかワクワク
みなさんのご参加 お待ちしております!!

日時 4月17日(日)  13:30〜15:30頃
場所 須磨一ノ谷プラザ (山陽須磨・須磨浦公園駅 JR須磨駅より徒歩10分)
会費 親子ペア 300円(4歳以上)
   子ども一人追加につき プラス100円
   スタッフ 200円
   おやつ付き
主催・申し込み・お問い合わせ  神戸垂水おやこ劇場
   電話ファックス  078-706-1810
Mail   tarumioyako@m8.dion.ne.jp

とざいと〜ざい〜
この春、4月17日の日曜日に 
一ノ谷の合戦の記憶も新しい(?今何時代?) 須磨一ノ谷プラザにて
一大イベントが 行われるという情報をキャッチした!

なんでも、おやこ劇場の子どもたちが主役となり、
日頃のうっぷんを晴らすという、恐ろしいイベント
らしい。
一ノ谷という場所だけに、何が起こるかわからないぞ。
もしやあなたのとなりに…うぁ〜〜〜!!!あれは!

もれ聞くところによると、ちゃくちゃくと準備が進められているそうだ。

1:30〜
コマ回し、玉すだれ、新体操、クイズ・マジック? クイズ・姉弟、合奏…幼児小低、花笠踊り(運営委員有志ほか)、パネルシアター(しろくまちゃんのホットケーキ)

2:30〜おやつ休憩 
2:45〜ゲーム
ジェスチャー連想ゲーム 、段ボール島ゲーム、ボール運び(お玉とテニスボール)

未確認情報だが、優勝チームに景品あり かも 

玉すだれ、これは、プロからの指導を受けたメンバーによるパフォーマンスらしいぞ!すごい!
新体操… ふむふむ… これは期待できそう!
コマ回しにマジックに、クイズ、どんな展開になることやら。

しかも、ここだけの話だがなんと おやつ付き らしいぞ。

後半はゲーム大会 これはそうとう 荒れそうだ 

この 恐ろしいイベントに参加したいという 
命知らずの子どもと大人は、 神戸垂水おやこ劇場に 参加申し込みを今すぐするべし!
それから、このイベントに 巻き込まれるやつらをふやすために
学校や 幼稚園 保育園 さらには 児童館などで
極秘で 宣伝工作をすすめるように。



合戦の場所は ここだ!
一ノ谷プラザ地図.jpg


文責 たぬき1号


posted by tarumioyako at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

小高・中学生以上コース例会 関西芸術座「戦争童話集」お知らせ

小学校高学年・中学生以上コース例会
関西芸術座 「戦争童話集」
日時:2016年4月10日(日)18:00開演(開場17:30)
   上演時間1時間30分(休憩なし)

会場:神戸市立垂水勤労市民センター レバンテホール

関西芸術座「戦争童話集」とは
・原作 野坂昭如 中央公論新社刊「戦争童話集」より
・脚色 山本雄史
・演出 松本昇三
「火垂るの墓」の原作者・野坂昭如の“忘れてはイケナイ物語り”。
戦争の悲惨な極限に生まれえた非現実の愛とその終わりを
“8月15日”に集約して描く鎮魂の童話集を舞台化。


ストーリーは
昭和20年8月15日− 日本のある軍需工場。
軍人たちが機械を壊しトラックに積んで逃げてしまったあと、
取り残された少年・少女が、
しなびた風船を前に、呆然とたたずんでいました。

彼らは「ふ号兵器」と呼ばれる風船爆弾を作る為に集められた学生たちでした。
この爆弾は、ジェット気流という偏西風に乗って、
アメリカ本土へ二昼夜でたどりつく、
エンジンも燃料もいらない日本の秘密兵器だったのです。
しかしこの日、日本は戦争に敗れ、
風船は飛ぶこともなく、ただのしなびた物体となっていました。
何をしていいのかわからない、
自分たちがどうなるのかもわからない学生たち。
その中で誰かが語り始めました。
そして次々に。
哀しいおとぎ話、
自分たちの見てきた、聞いてきた戦争の童話を。

もとになっている短編作品は
「八月の風船」
「小さい潜水艦に恋した でかすぎるクジラの話」
「干からびた象と象使いの話」
「ソルジャーズ・ファミリー」
「凧になったお母さん」


公演の写真など、詳しいことを知りたいみなさんは、
関西芸術座のHP(http://kangei.main.jp/)をのぞいてみてください。

おやこ劇場会員(小学校高学年・中学生以上コース)のみなさん
チケットは届きましたか?
戦争童話集.jpg
青年グループ(高校生〜社会人の会員)の手作りで、
本物の本のようになっていますよ

チラシは、レバンテホールでもゲットできます!
お友達にもどんどん口コミで広めてくださいね

会員以外のみなさん
神戸垂水おやこ劇場の事務所にお問い合わせください。
TEL/FAX 078-706-1810
E-mail tarumioyako@m8.dion.ne.jp


主催:神戸垂水おやこ劇場・神戸東おやこ劇場
   神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援:(公財)神戸市民文化振興財団・神戸市PTA協議会

(byウグイス)

posted by tarumioyako at 14:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

人形劇団夢知遊座「雨ふらんでケロ」「たべたいなァ〜」 例会お知らせ

幼児・小低コース例会のお知らせ

人形劇団夢知遊座
「雨ふらんでケロ」「たべたいなァ〜」

2016年4月3日(日)14:00開演(13:45 開場)
上演時間60分
アートビレッジセンター KAVCホール


「雨ふらんでケロ」
山ん中のおさびし沼に住むかえるの親子。ところがその子がえるときたら、へそもないくせにえらいへそまがり。大人の言うことの反対ばかり言っておった。おっかあは、それが心配で、とうとう病気になってしもうた。さて・・・
   原作 ●日本の昔話
脚色・脚注 ●鈴木宣隆
演出・舞台美術 ●鈴木宣隆
  音楽 ●永山千春・佐藤千夏
 
「たべたいなァ〜
子ぶたのララ子ちゃんは、パパにもママにも遊んでもらえず、いつもひとりぼっち。そこへ腹ペコおおかみがあらわれララ子ちゃん大ピンチ!
ララ子ちゃんは自分が食べられるかわりに最後のお願いをきいてとおおかみにたのみます。さて、そのお願いとは・・・。
ああ、ララ子ちゃん食べられちゃうのかなぁ。
原作 ●鈴木宣隆
脚本 ●佐藤千夏
演出・舞台美術 ●鈴木宣隆
音楽 ●佐藤千夏

HPより

夢知遊座ちらし.jpg夢知夢座チケットNEW.jpg
担当の幼児・小学生低学年グループさんが、
こんな素敵なチケット・チラシを作ってくれました!
当日は、会場で、垂水のお友達が、もぎりの係りも担当してくれます。


開演前に「てるてる坊主」を作って飾りませんか〜!時間に余裕をもってお越しください。会場に材料を準備してお待ちしてます


主催:神戸垂水おやこ劇場・神戸東おやこ劇場・神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援:(公財)神戸市民文化振興財団・神戸市PTA協議会

※会員の定例会です。一般の方は、お問い合わせくださいね。
神戸垂水おやこ劇場  ☎TEL/FAX 078-706-1810


<編集:NAOMI>


posted by tarumioyako at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

料理対決!! 〜カレーの鉄人〜

【 小高グループ 料理対決!!〜カレーの鉄人〜 開催報告 】

日 時:2月20日(土)10時〜16時
場 所:水産会館調理室 
参加者:小高グループ8名、弟妹7名、大人8名 合計23名参加


子どもたちがどんなカレーを作るのか、楽しみですね!
Iさんのレポートをお届けします。どうぞ〜・・・

 
小学校では学級閉鎖が続出するなか開催できるかヒヤヒヤでしたが、
先月号の「ぱれっと」で企画の経過報告をしていました
「料理対決!!〜カレーの鉄人〜」
が開催されました。
残念ながら体調不良等で欠席があり、
小学校高学年男子8名(4対4に分かれて)による料理対決となりました。
垂水駅に集合し、挨拶、ルール説明もそこそこに、
赤白各組に分かれ、いざ具材買い出しへ。
企画の段階では、子ども達だけでの行動にあれこれ懸案事項が出ましたが、
ここは信じることに…(と言っても、見守り隊同行しました)
しかし、母達の心配をよそに、子ども達だけでの買い出しは、
買い物.JPG

ひとさまにご迷惑をかけることもなく、テキパキ、イキイキとし、
買い物A.JPG
各組違った個性が見られ、
そっと後ろから同行した母達にも新鮮な発見があったそうです。

小高グループが買い出ししている中、
ひと足さきに調理室に着いていた弟妹さん達は、
デザートのお汁粉に入れる白玉団子作り担当です。
男子(4名)と女子(3名)に分かれて、白玉粉と豆腐をこねこね〜こねこね〜。
ぼく達、私達、だんごこねこね隊!
こねて丸めて、たくさんのお団子を作ってくれました。
カレー対決4.jpg

間もなく、心配された時間もしっかり守って、
買い出しを終えた小高グループが調理室に到着し、早速カレー作りスタート。

お米をセットする際、まず、釜の10のメモリまで水を入れちゃったり、
火を付けず鍋に肉や玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、
ついでに牛脂の塊も全部入れちゃったり…。
ええ〜〜!ってことや、
うそぉ〜!って風景がちょこちょこ見受けられました。
さすがに炊飯器セットの際は助言をしましたが、
母達は少し離れて、出したい口も手も抑え静かに見守っていました。

各グループとも協力・分担して材料を切ったり、
カレー対決2.jpg
ルーの箱の裏を見て相談しながら調理を進め、
コトコト充分煮込んで
カレー対決.jpg
無事、カレーが完成🎶
途中、炊飯終了しているはずが、
あれ?!炊飯器の蓋を開けるとまだ水が!
なんと、ブレーカーが落ちてご飯が炊けていませんでした。
水産会館の方がご協力下さり、遠い廊下の奥のコンセントで炊飯させて頂き、
冷や汗タラタラでしたが、何とかご飯も炊き上がり、
1時を過ぎてようやく試食へ!
弟妹さん達、おなかをすかせながら長い時間よく待っててくれました。
チーズやポテトチップスのトッピングがあったり、
隠し味にコーラを入れたり、
それぞれ工夫を凝らした赤組、白組のカレーを、ご飯の両側にかけて、
鉄人カレーライス?完成です。
カレー対決5.jpg

どんどんお替わりの声がして、あっという間に大鍋2つ空っぽになりました。
試食.JPG
もちろん約束通り、後片付けも子ども達で…
のはずが、遊びに夢中になり、
母達に声をかけられようやく全員で協力して後片付け完遂。
続いてデザートに白玉入りお汁粉を食べながらいよいよ投票。
僅差で赤組の勝利となりましたが、本当にどちらも美味しかったです。
今回は、1名だけ4年生でそれ以外は6年生しかも全員男子・・・
というメンバーでしたが、
皆で協力して一つのことをやり遂げ、
皆が笑顔で楽しく美味しい一日となりました。
また、異学年で男子も女子も一緒に
こんな風に楽しい何かができたらいいなぁ〜と思いました。
(I)

Iさん、ありがとうございました。
子どもたちって料理が大好きですよね。
楽しそう、おいしそうな様子が伝わってきました。
鉄人カレーを食べた人たちは、風邪なんかひかないでしょうね。
みなさんも、美味しいものをいっぱい食べて、元気に冬をのりきってくださいね。
もうすぐ、春ですよ〜
byウグイス


posted by tarumioyako at 15:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 高学年部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

おやこで♪プチプチシアター♪

  おやこで♪プチプチシアター♪

お子さんと一緒に 手遊びをしたり、
パネルシアターを見たり…
おやつにミニホットケーキはいかがでしょう?

日時 : 3月23日 (水) 10:30〜11:30
場所 : スペースとおりゃんせ
     JR須磨駅・須磨海浜公園駅 より
     徒歩7分(下の地図参照してね)
対象 : 乳幼児とその保護者
会費 : 一家族につき100円
定員 : 15組 (当日申込み可)
内容 : 手遊び
     パネルシアター 「しろくまちゃんのホットケーキ」
                 「おべんとうばこのうた」
     垂水おやこ劇場からのお知らせ
主催・申込み
お問い合わせ : 神戸垂水おやこ劇場事務局
         TEL/FAX 078−706−1810
         Email :tarumioyako@m8.dion.ne.jp


ということで、3月23日 (水)のイベントのご案内です
かわいいログハウスで ちいさい子と そのママ&パパ へのプチプチシアター♪
神戸市の須磨区と垂水区の おやこ劇場メンバーが、劇場の案内を兼ねてイベント開催します。
少し前は 幼稚園、保育園、赤ちゃん のママだった(今は小学生ママ)の会員が
ちいさい子とそのママ&パパに 親子で楽しいひと時をお届けします

親子で プロの舞台を見る、おやこ劇場。
小さいころから本物の芸術にふれて欲しい!舞台を見るのが好き!音楽のライブが好き!日常とは違う経験を親子でしたい!舞台こそ総合芸術!
理由はいろいろあるけれど、ライブで舞台を見ているおやこ劇場ママたち。今回は、自分たちで人前に登場。
パネルシアターをばーんとやっちゃいます。こうご期待でございます。
場所は、須磨区の人にはもしやおなじみかしら、の「スペースとおりゃんせ」です。ネットに写真も出ていますよこのかわいいログハウスに行ってみたい!方、
チャンスです、ぜひお越し

お待ちしています

スペースとおりゃんせ地図.jpg
posted by tarumioyako at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

「アルパとラテンギターの調べ」 の すてーきな宵

みなさま!
見られました(お聴きになりました) か〜〜〜!?


去る 1月31日(日)の宵、JR神戸駅から徒歩しばらくの
神戸市産業振興センター  ハーバーホールにて 開催された 

「アルパとラテンギターの調べ」 を!

南米・パラグアイのハープで、スペイン語では アルパと呼ばれる 日本ではあまりなじみのない楽器と
ラテンギターの コンサートでした。
超絶テクニックの ラテンギタリスト 山田 恵範(じゃまだ・じょしのり)氏 (行った人はわかるヨネ)
優雅に にこやかに 超速でアルパを奏でる 増永 雅子 さん
もう一人の エレガントな アルパ奏者 山本 優子さん

三名の演奏者のすてーきなコンサートでした

最初ステージに入ってこられて 演奏を始められた時、 増永さんの カラフルなドレスや、 頭の花飾りがとても 華やかでした。

IMG04.jpg

初めて聴くアルパの音色は、キラキラ光り輝く粒が、ステージから降り注ぐような… 
華やかに空間を満たしていきました。
ハープそっくりだけど、アルパって言うんだよな〜と思いながら聴いていると、1曲演奏の終わったあと増永さんが 
「みなさん アルパってご存知ですか?」
ときかれました。ほぼ知らない観衆を見て
山田氏が「もっとがんばらないと(知名度アップを)」とつぶやかれました。
増永さんが
オーケストラのハープともとは同じで、ヨーロッパから南米に伝わった
オーケストラのハープは半音ペダルがあって、50キロくらい重さがあるが、アルパは半音ペダルが無くて10キロくらいの重さ
スペイン語では H の発音をしないので、ハープをアルパと発音する
ハープは指で弾くが、アルパは爪で弾くので音色が違う

などと 基礎知識を教えてくれました。「へぇーほぉー」と初耳なことばかりで面白かったです。
何より驚いたのが、パラグアイの現地では、アルパ奏者は、男性が主だということ。目の前にいる増永さんも山本さんも、どう見ても女性だし、男性が演奏する姿を想像するのが難しかったですね〜

最初 山田氏と増永さんでスタートしたコンサートは、途中セカンドアルパの山本さんが加わって、ますます華やかなアルパの音色で満たされていきました。
いろいろと話を交えながらコンサートは進み、たぬき1号は初めてアルパを聴いているのになぜか懐かしい曲の雰囲気だな〜と感じました。
一青窈さんの「ハナミズキ」が 4曲目だったのですが、それまでの曲とガラッと雰囲気が代わって、しみじみとした感じがしました。初めの3曲がアップテンポだったからかもしれません。アップテンポも、しみじみも両方とても気に入りましたよ。

IMG02.jpg

山田氏のギターメドレーあり、チャランゴという、小さいギターのような楽器の驚くべき話あり!
チャランゴは、胴の部分がアルマジロの甲羅(!!!)のものと、木のものと二種類あるそうです。山田氏はギター工房でアルマジロの方を弾いたことがあるそうですが、「ネックの元にアルマジロの顔があって、弾いていると目が合うようでちょっと無理かな、と思った」そうです。すごい、想像してしまう。

途中の休憩の後、増永さん、山本さんはドレスと頭飾りを変えて登場。

IMG06.jpg

華やかでした〜

2部は ビートルズメドレー、銀河鉄道999、コーヒールンバなど、日本人が知っている曲も演奏されました。山田氏の面白い話もますます好調で(大阪出身)観客も爆笑。国土の細長〜いチリの旅行では、空港を出た途端に体を斜めにして歩かないと…などなど。
増永さんも負けずに(?) 指にはめた半音調整用の金属のパーツで横山ホットブラザーズのあの名フレーズをサービスしてくれたり…

コンサートの後のプレゼントの時は、プレゼンターが着物で登場、華やかさ満開でした。

IMG10.jpg

たぬき1号は増永さんのアルパのと、山田氏のラテンギターのと2枚CD買ってサインもバッチリもらいました。
増永さんにアルパとの出会いを聞いてみたら、お父様の友人がご夫婦でブラジルに転勤され、そこで奥様がアルパをマスターして帰ってこられたそうです。その演奏を聴いたときに魅了されて、アルパを始められたそうですよ。名古屋の山本さんも、もともとは神戸の(!)方で、大阪の増永さんのアルパ教室に通ってアルパ奏者になられたとか。
増永さんのアルパ教室は現在もされているそうなので興味のある方は調べてみるとよいかも。

「アルパとラテンギターの調べ」 実はご夫婦の山田氏と増永さん、教え子の山本さんのとてもすてーきなコンサートでした。大満足で家路につきました。

報告 たぬき1号



 
posted by tarumioyako at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

大人の遠足〜美味しい牡蠣を求めて〜

大人の遠足〜美味しい牡蠣を求めて〜
1月28日(木)10時〜

行ってきました〜!
参加者9名、垂水駅西口に10時に集合してGO〜
お天気も良くて気温も暖かく遠足日和、歩いているとポカポカ暑いくらいになりました。
大人の遠足 絶景.jpg
事前に下見をしてくれたHさんの先導で、海沿いの道を歩きました明石海峡大橋の見えるこんな絶景を眺めながら、おしゃべりに花を咲かせながら、てくてく歩いたら、1時間ちょっとの道のりもあっという間。トイレの場所も予め調べてくれていたので、とってもスムーズでした。ありがとう〜Hさんまるでツアーコンダクターさんのようでした

カキ小屋に11時半前には、到着歩いたのは、トータル70分くらいだったでしょうか?歩いたのでお腹が空いてちょうどいい時間
カキ小屋は、大きなテントの周りを、きちんとビニールシートで覆っていて、防寒がしっかりなされています。

カキなどの品物を購入して席料を一人540円支払うシステムです。調味料も一通りおいてあり、持ち込みOKでとても良心的です。カキの焼き方もおじさんが、ちゃんとレクチャーしてくれます。受験生を抱えた母もいて、ノロがこわい私たちは、おじさんが席を外した時に、もうちょっと焼いておこう・・・と余分に火を通して、いただきましたよ。美味しかったです〜
大人の遠足 カキを焼く.jpg

大人の遠足 〜テーブル〜.jpg

大人の遠足 食べる.jpg

パン焼きの要領でいろんなものを焼いて食べました。
大人の遠足 いろいろ焼く.jpg
2テーブルに分かれたのですが、購入したドテ焼きに焼きおにぎりをいれたり、とろけたカマンベールチーズにパンやちくわをつけたり、いろんなアイデアが楽しかったです。
アルコールも入って、おしゃべりタイム、あっという間でした。
カキ以外のものも売っていて、美味しかったですよ

締めは、パティシエのMさんからの、差し入れの美味しいスイーツコーヒー/紅茶で、優雅なひとときでした。ありがとうございました!演芸会の日程や場所のことも楽しい会話の合間にしっかり相談しましたよ
大人の遠足 〜スイーツ〜.jpg

楽しい時間は、あっという間、低学年や冬季野外活動のお迎えの時間に間に合うように・・・バタバタと片づけて、帰りは、朝霧駅からシューと電車で帰途につきました。(だんだんと曇ってきて、須磨に着いた頃には、雨がパラパラ、危機一髪、私たち、お天気に恵まれたのですね。)
今回、行けなかった方、また、是非、行きましょうね(予約の電話を入れてくれたMさん、急に来れなくなってしまいましたが、いろいろありがとうございました

〈報告・編集:NAOMI〉

posted by tarumioyako at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする