2017年02月27日

ドキドキ♫ワクワク たるみ探検!

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます

チームに分かれて 「たるみ探検!」
帰ってきたらあったか〜い「豚汁」と手作り「おはぎ」が待ってるよ(^^)


ということで、去る寒い
2月12日 (日) 12:50〜16:00
レバンテ垂水2番館ロビーに集合したメンバーは、
垂水界隈の ドキドキ♫ワクワク 探検に出発したのだった。

当日の様子を写真、コメントと共におとどけするよっ

集合時間の前から、続々と集まってくる参加者の親子。ソワソワドキドキ

レバンテ垂水3番館の集会室に移動して、高一青年T君の司会でグループ発表と係決めからスタートした。

班分け発表.jpg

班長、副班長、地図係、とけい係、えんぴつ係、5〜6人のメンバーなので、ほぼ係が当たる。
参加者の最年少は幼稚園年少さんの女の子。えんぴつ係担当したよ。

係が決まったら、自己紹介だ。だいたい知り合いか顔を知ってるかだけど、改めて自己紹介したら、面白かった。
「好きな人はいますか」「え〜〜〜…っと〜」 いやいやいや…。探検フォローの母も自己紹介。


班は3つに分かれたので、時間差で1班からスタート。

コースは3コース、途中ぶつからないように少しずつ変えてある。

IMG_1321.JPG

地図と、ポイントごとのミッションがのっている。
@からJまでのポイントで、よく見てクイズに答えたり、その場所ならではのミッションをしたり。

さあ、スタートだ。

IMG_1336.JPG

まずは、ポイント@、池姫地蔵尊にお参りして今日の安全をお願いしよう。

Aの看板、コーヒーショップの広告の動物はなんだろう?ぼうしかぶってるな。
Bおやこ劇場の事務所だよ。

IMG_1335.JPG

係の人も大活躍。地図を見て確認したり、時計を見てみんなに知らせたり。ポイントでは、えんぴつ係がえんぴつを配って、終わったら回収。

おやこ劇場事務所のすぐ近くの児童公園、ポイントCでは、すべり台をすべるミッション。

IMG_1340.JPG

ポイントD八幡さん。歴史ある大きな神社でお参り。

IMG_1334.JPG

IMG_1347.JPG

ポイントEFは、歩く途中にある面白いものを発見してよく見るミッションだ。
迷路みたいな道をとおって〜

IMG_1339.JPG

Gのくがの公園では、「ぜんぶ」の遊具をクリアすること!

IMG_1338.JPG

IMG_1332.JPG


ブランコ、すべり台、てつぼう。ここが一番ノリノリだったかあ?
「ぜんぶ」ってことで、すべり台下のすなば、公園全体でおにごっこ、までやったのでした。
「春」を見つけよう!というお題もあったな〜。

IMG_1348.JPG


高台のくがの公園から下りてきて、H郵便局の名前を確認したら、そろそろおなかがへってきた。
垂水商店街をとおって、集会室に帰るよ!…と、その前に、商店街でもミッションあり。
Iマークをさがそう。出口でふりかえって、J上のかんばんも確認だ。
やれやれ〜もりだくさんだったあ!予定の時間をオーバーしちゃったよ。

あったかい集会室では、豚汁とおはぎがお待ちかね。順番にもらって、班ですわって、しばらくはぱくぱく。

IMG_1342.JPG

お母さんチームもミッションに参加してたけど、子ども向けと違うナゾの指令書をわたされていたぞ。
「たみたんたなでた食たべらたれたるもたのた」 
たぬき1号からの指令だ!フフフ…

さてさて、ハライッパイ になったところで、ミッションの発表だ。

報告2.jpg

みんなバッチリできてました。ちなみにテーブルの上のジュースは、お母さんミッションの答えだぞ。

当日は、幼稚園年少さんの女の子から、小学生、中学1年生までたくさんの子どもたちが参加してくれました。ありがとう!たのしかったね。

小さい子もがんばって歩いたし、小学生は係の仕事もテキパキしたし。中学生は、年下の子たちをちゃんと気配りしてたし。小学生たちは、中学生のお兄さんお姉さんたちと仲良くなれたね。それぞれのステキなところ、いっぱい発揮した探検でした。

集会室では、料理班のお母さんたちが豚汁とおはぎを手際よく料理してくれました。
寒い日だったから、あったかい豚汁すごくすごーくおいしかった
おはぎもあんこもキナコもうまかった  ありがとうううございました!(ココロのさけび)

寒い1日、元気いっぱいあそんだよ。また、楽しいこといっぱいしようね!

文責 たぬき1号











posted by tarumioyako at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

垂水子ども生け花教室 発表展示会

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます


垂水子ども生け花教室

〜平成28年度
 文化庁伝統文化親子教室事業「垂水子ども生け花教室」が終わりました〜

平成28年度の「生け花教室」
昨年5月からスタートし、全7回のお稽古がありました。
教室には、年長の幼児から中1の子どもたち18名が通い、
未生流庵家のY先生に、
お花の名前や由来、花型による生け方などを楽しく教わりました。

1月22日は、お稽古最終日
これまでお稽古してきたことを発表する日です

今回は5種類のお花セットがあり、
子どもたちは好みの花を自分で選び、花型も自分で考えました。
全体を見回すと花型もいろいろ、お花も5種類でとっても華やかな感じでした。

DSC_0628.JPG

今回の会場は、レバンテ垂水2番館ロビーで行いました。
垂水図書館の入り口の横です。
DSC_0644.JPG

午前中の生け込みからロビーで行ったため、通りすがりの方が興味津々
「えっ?子どもの生け花なの!すごい!」
「上手!私負けそう・・」
「この子は才能があるね」
などと言いながら立ち止まって見てくださいました

この日は、レバンテホールで催しがありロビーを行き来する人も沢山で、
皆さんに楽しんでもらうことができました。
お花を生けた子どもたちも多くの方に見てもらえて嬉しそうでした。
菜の花、チューリップ、水仙などが鮮やかで、一足早く春が訪れたようでした。
(文責 Mさん 編集 ウグイス)

雨が降ったりやんだりの、寒い日でしたね。
ロビーでお花を生けるのは、ちょっと大変だったと思います。
でも、今、はやっているフラワーパフォーマンスみたいで、
みんなに見てもらうのはテンションが上がったんじゃないかな
生け花をした子ども達にも、見てくださったたくさんの皆さんにも
春が届いたことでしょう
by ウグイス
posted by tarumioyako at 14:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

ドキドキ♫ワクワク たるみ探検!

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます

IMG_1235.JPG

ドキドキ♫ワクワク たるみ探検!

垂水おやこ劇場のなかまと一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

日時:2月12日(日)12時50分集合(16時頃解散)
小雨決行(雨天時は室内遊びの予定です。)
集合場所:レバンテ垂水2番館ロビー(活動は垂水界隈とレバンテ3番館1階集会室でおこないます。)
対象:4歳〜中学生(未就学児は保護者同伴)
参加費:幼児・親ペア 500円
    小学生以上  300円
持ち物:お茶・お椀・お箸(おやつに豚汁とおはぎを用意する予定です。)
    豚汁に入れる具を持ち寄りで
 当日は、歩きやすい服装や靴で来て下さいね!


IMG_1239.JPG
     〜当時流れ〜
12:50 集合・集会室に移動
13:00 班分け・ルール説明
13:30 出発!地図を持って たるみ探検へ
14:00 到着
14:30 おやつタイム(おはぎと豚汁)
16:00 解散

☆お申し込み:お名前・年齢・連絡先を垂水おやこ劇場事務局・三木までご連絡下さい。(〆切り:1/31 )
 この企画は、会員に限らせていただきます。同時入会ご相談下さい。
 ただいま、事務所工事のため電話が不通でご不便おかけします

年末には、垂水の街に詳しいお母さん達が下見をしてミッションなども考えてくれました。とても楽しそうなミッションでしたよ。垂水に詳しい人もそうでない人も垂水の街のよさを再発見できること請け合いです。
みんなと食べる豚汁やおはぎも格別だと思います。

IMG_1240.JPG

お申し込みまだの方、お早めにお待ちしています。

IMG_1241.JPG

垂水おやこ劇場:Tel/FAX:078−706−1810 Mail:tarumioyako@kobe.zaq.jp

〈編集:NAOMI〉


posted by tarumioyako at 13:14| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

クリスマスパーティー 青年サークル主催

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます

年末の12月25日(日) 学園都市のユニティ大学共同利用施設において

垂水・須磨北おやこ劇場青年サークル主催のクリスマスパーティーが開催された!

高一生の初イベントだった、当日の様子を 報告するぞ〜

集合は 地下鉄学園都市駅に 12時30分
青年サークルスタッフと、小学生、中学生が集まった。会場に行く前に、みんなでお店に行ったよ。 
お菓子をいろいろ買ったのだ。パーティーだからね!みんなで食べるよね〜!って? 違うよ。 
まあ、食べるんだけど、そのままじゃないんだな。どうするのかってそれは…

クリスマスケーキのかざりつけに使うのさ。
 
ということで、参加者はお菓子をたくさん持って会場に到着。

会場は、すでに青年スタッフ、大人スタッフによりキラキラのクリスマスモードにかざり付けされていま〜す。 

司会の高一スタッフは、サンタクロースに変身 (ただし下は制服の黒ズボン)。 トナカイさん?来ましたよ、ちゃんと。  うす茶色(ダンボール色)のトナカイさん。おでこに「トナカイ」って書いてあったから。ツノもちゃんとあったし。

高一スタッフが開会の案内をしたら、さっそくA,B班にわかれて、ケーキのかざり付け開始。

各班 2台ずつケーキを受け取り、ふたつに班を分けて…

IMG_1207.JPG

なんとなく、女子チーム男子チーム、と言う分かれ方だが?
フルーツを切ったり、生クリームをあわだてたり、下ごしらえ

IMG_1209.JPG

IMG_1206.JPG

IMG_1208.JPG

みんな、いろんな工夫をしていたよ。でも、かわいさを追求していたのは、やっぱり女子の多いチームだったな。  

生クリームも (ちょっとあわだてに時間かかったけど) 思う存分しぼって〜かざって〜 

IMG_1210.JPG

さて、完成! うぉ〜どれもおいしそう! きれい! かわいい! 

IMG_1211.JPG

IMG_1212.JPG

IMG_1213.JPG

IMG_1214.JPG

大人スタッフが、ベストケーキを選んだあと、みんなで 「いただきま〜〜〜す」   

ケーキでハッピーになった後は、いよいよ ゲーム大会だ。

かるーく、報告しよう。

「歌 聖徳太子」
3人の 歌手。それぞれ別の歌を 3人同時に 歌う。相手チームは、それを聞き分けて、3曲とも当てる。
うわ〜。むずかしいて。しかも、10点20点30点、レベルによって点数が違う。
じっさいの戦いの様子。 「…〜*〜##〜…」
声、ちいさいよ!それでなくても3曲同時なのに!ムリゲーでしょ!
と思ったら、「きよしこのよる!」「あたりです!」
え、聞き分けてるの?スゴ−。 しかも、当てられた歌手は、次のターンでは大きな声で歌って、他の人の歌が聞こえないように妨害する。…そういうゲームなの?フーン…

「ジェスチャーゲーム」
あれですね。いつものあれ。
参加者の小学生、中学生が、自分のチームに向けてジェスチャーする。それを当てる。高一青年スタッフが、お題を書いたスケッチブックをジェスチャー担当者に見えるように出しました。
いや〜、ちょっと言わせてもらったらね。「逆転裁判」てね。「貞子」てね。「マイケルジャクソン」てね。某大学の某法学部の某大学生を含む高校生以上のメンバーが考えたお題でね。ジェネレーションギャップも含めて、いろいろナニだよね。周りで見ていた大人スタッフは爆笑のお題だったけど。ジェスチャー担当の子たちは「パス!パス!」で大変でした。…ほんの、4,5年の年の違いで知ってる言葉が全然違うのだな。 

「ビンゴ & プレゼント交換」
ビンゴの紙。何にも書いてないよ?と思ったら、クリスマスに関連した言葉を指定して、自分で好きな場所に書き込むことからスタート。なるほど、いいアイデアだ!ビンゴになった人から、プレゼントを選びました。
みんな、なにが当たったのかな?  

「まちがいさがし」
これは、すごかったよ。実写版だから。ろうかでポーズを付けて、ふすまを開いて部屋の中の人にいったん見せる。ふすまを閉じたら、3か所ちがえて、もう一度ふすまを開ける。部屋の人は、じーーっと観察して、最初と違う所を探す。みんな、よくわかったね、さすが学校行って勉強してる子たち。ちょっとしたお笑いもあって、みんなで盛り上がった。(重くてタイヘンだったね)

さて、そんなこんなで、楽しい時間もおしまい、笑顔をおみやげに解散。

おやこ劇場のイベントにも、どんどん参加してね。これからもいろいろあるよ!

文責 たぬき1号  












posted by tarumioyako at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

『子どもに伝えたい話』例会報告

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます

【小高・中学生以上コース例会】
劇団風の子東北
『子どもに伝えたい話』
〜子どもが子どもを差別しないためのプログラム〜


日  時:2017年1月9日(月・祝)14:00/19:00
会  場:神戸アートビレッジセンターKAVCホール
上演時間:1時間


皆様、明けまして おめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。


2017年のおやこ劇場の活動が、
小高・中学生以上コース例会で幕を開けました。
しかも、福島県喜多方市を拠点としておられる
劇団風の子東北の作品
とってもタイムリーで、
阪神淡路大震災から22年目の日を迎える神戸とのつながりも感じてしまいました。

内容をご紹介します。

黒い画面にロープを使ってのカウントダウンから始まりました。
 (場内はしーん)
@ロープでお話
 種から芽が出て花が咲き、
 やがて、鳥が種をくわえて飛んで行く・・・
「これは何かな?」と、観客の心をわしづかみ
CIMG6647.JPG

A紙しばい「水の話」 作・近藤等則 絵・黒田征太郎
 宇宙から見ると地球は青いんです・・・
 水は宇宙からのおくり物なんです。
CIMG6648.JPG

B竹笛の鳴き声当てクイズ
 カッコー・ニワトリ・トンビ・カラス・ブタ・ etc.
「当たった!」「えーっ!」と、大いに盛り上がりましたネ
CIMG6650.JPG 

C紙しばい「火の話」 作/絵・黒田征太郎
 火が使えるようになった人間は幸せだった。
 ところが、心のくもった人間は、火を使って戦争を始め、
 原子ばくだんを落とし・・・
CIMG6651.JPG

Dボールを浮かせよう
 息で、ドライヤーで、
 小さなボールや紙風船を浮かせることができる・・・
CIMG6654.JPG

E放射線の教室
 放射線には3つの種類がある。
 宇宙からと、自然の物からと、人工的に作られた放射線。
 だれでも、放射線を浴びている。
CIMG6655.JPG

F紙しばい「土の話」 作・小泉武夫 絵・黒田征太郎
 放射能で汚染された土の話。
 土中微生物の働きで、
 目に見えない放射能を、目に見えない微生物がなくしてくれる。
CIMG6657.JPG

G「かかしの話」 竹のざるを人形に見立てて・・・
 お百姓さんがかかしを立てました。
 かかしは「動きたい」とお願いします・・・
CIMG6660.JPG

Hおわんの中の水をつかむよ
お椀の中を見せてもらった子ども達は、ビックリ

プレゼントをお渡しして「おしまい」
またいつか、お会いしましょう
CIMG6663.JPG

紙芝居やお話の間は、
ロープなど身のまわりにあるものを使って、
マジックのようなお遊びでつないであり、
楽しみながら、とーってもためになる1時間でした。
CIMG6656.JPG

小学生から大人まで、
それぞれの人生経験に応じて考えることのできる内容だったと思います。


byウグイス



 
posted by tarumioyako at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

劇団風の子東北 子どもに伝えたい話 

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます

小高・中学生以上コース例会

劇団風の子 東北  
   子どもに伝えたい話

子どもが子どもを差別しないためのプログラム

日時 : 2017年1月9日(月・祝)  14時、19時  開場 20分前
場所 : 神戸アートビレッジセンター KAVCホール 
上演時間 : 1時間
主催 : 神戸垂水おやこ劇場、神戸中央おやこ劇場、神戸須磨北おやこ劇場
後援 : (公財)神戸市民文化振興財団、神戸市PTA協議会

IMG_1134.JPG


2011年3月11日に東日本大震災が発生し、
その後、福島第一原発の事故により、
世界中が放射性物質で汚染されてしまいました。
子ども達といっしょにこの事を考えたいと思っています。
PART1・・・ロープ、竹、日用品で遊びや手品をします。
PART2・・・ほうしゃせんのきょうしつ
PART3・・・水・火・土の話 かみしばい(3つの中から選んで公演します)

新年すぐの例会です。
大震災、津波、福島第一原発の水素爆発。世界中が衝撃を受けた日々から、もう5年以上たちました。当時は心を寄せていた人たちも、自分たちの暮らしの中で少しずつ遠い出来事に思えているかもしれません。
この例会で、もう一度一緒に考えてみませんか。




この公演は、神戸垂水おやこ劇場の会員向けです。ご覧になりたい方は、お問い合わせください。

神戸垂水おやこ劇場   電話ファックス  078−706−1810
            メール tarumioyako@kobe.zaq.jp

文責 たぬき1号
posted by tarumioyako at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

劇団かかし座「魔法つかいのおとぎばなし」報告

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます

幼児・小低コース例会
劇団かかし座「魔法つかいのおとぎばなし」
2016年12月11日(日)14:00開演
アートビレッジセンターKAVCホール

待ちに待った例会の日がきました。
例会昼食差し入れ.jpg
劇団の方への昼食差し入れ・・・みなさん、よく食べますとのことでしたが、きれいに召し上がってくださり差し入れる方も嬉しいですね。垂水からは、おにぎり、卵焼き、サラダ、フルーツを担当。

係打ち合わせ.jpg

係.jpg
係り集合、打ち合わせ。かかし座の方と会場で細かなタイミングなど打ち合わせます。
美しい舞台装置にワクワク感が高まります。垂水からは、資料渡し、チケットもぎり、会場係、早くに集合して下さり、お役目お疲れさまでした!

会場は、満員で椅子席を急遽増やしました。乗り入れの方も多く、念願の影絵をたくさんの観客で観ることができてよかったです。
魔法つかいの迫力がすごくて、ちょっと怖かったかな・・・という幼児さんもチラチラと見受けられましたが、そのような経験もとても大事と思います。
手影絵を教えてもらい、何名か選ばれて舞台装置でやってみるコーナーでは、垂水のMちゃんも前に出て、小さな手を頭の上までしっかりとあげて演じて可愛らしかったです。貴重な体験できてうらやましいです!
舞台装置と言えば、影絵を演じる役者さんの下の方まで見える装置を工夫されていて、熟練の技や息の合った技を目の当たりにできる場面もあり、驚きでした。下は見えないように隠すという固定概念がみごとに覆されたのでした。


影絵コーナー.jpg

影絵コーナー2.jpg
開演前と終演後は、影絵遊びができるコーナーもありましたよ。
練習していたり、教えてもらった手影絵をしてみたり、用意された影絵のペープサートを映してみたりしてみんな楽しそうでした。


みなさんの感想(アンケートより)

影絵ってオモシロいと思った。   中1男子

自分がやるよりも、プロのほうがじゅうぶんうまかったです。
ちょとこわいところもあったけど、おもしろかったです。  小3

たいけんもやってて、すごくいいし、みててたのしいです。  小2男子

ふくろうをするのがむずかしかったです。  9才女子

念願のかかし座やっと見れました!なんとか息子(中1)とも見れたのでよかったぁ♡  大人

きょうのげきはすごくすごかったでした。またそんなげきを見たいです。  小2男子

よかったです。  小2男子

ぼくのできないかげえでもいっぱいできていたから、すごいとおもいました。
また見たいです。もっといっぱい影絵を教えてほしかったです。  小4男子

キリンになってなめたりするのがおもしろかったです。いろんなかげ絵が見れてよかったです。
おもしろかったからまた見たいです。  小5男子

とてもキレイでした。おもしろかったです。本当に生きてるみたいでした。 17才女子

いろいろな影絵を見れてとても楽しかったです。また、次の時にも見てみたいと思いました。 中1女子

すごくおもしろかった。  小1女子

たくさんのお話があって、ハンドマジックショーみたいに楽しめるところもあったので、
すごく楽しかったです。 また見たいです。  10才ピコたろう

きょうのげきが、いつもよりながくて、おもしろくてたのしかったよ。  7才女子

おもしろかった。  小5男子

すごくじょうずに鳥とかができててすごかったです。ふくろうがむずかしかったです。
へびとか、いろんなどうぶつが出てきていておもしろかったです。また見たいです☆。  9才女子

めっちゃおもしろかった。おとぎばなしがこわかった。  4才女子

いつもおもしろいからそのちょうしでがんばってください。  6才女子

たのしかった。  6才女子

まほうつかいの声が、せいゆうさんみたいだったのでおもしろかったです。
あと、ウィリーのうごきが歩いている時、ほんものみたいだったのでよかったです。   8才女子

すばらしかったです!まさか3人でされているとは思えない程、動きも速くてダイナミックな劇でした。
3人様の人柄も感じられる様なあたたかい劇でした。一時間あっという間でした。また見たいです。  大人 
 

〈編集・報告 NAOMI〉



posted by tarumioyako at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

クリスマス パーティー

IMG_1098.JPG

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。


クリスマス パーティー

垂水・須磨北おやこ劇場青年サークル主催 
   (高一生 初イベント!)

対象 : 小学校3年生〜
日時 : 12月25日(日)  
集合 : 12時30分  地下鉄学園都市駅 改札前
解散 : 17時 地下鉄学園都市駅 改札前 
     * 小学生の親の方は お迎えに来てください。
場所 : ユニティ大学共同利用施設 和室
参加費: 500円
持ち物: プレゼント(500円以内) お茶、 筆記用具、 両手のあくカバン
     動きやすい服装


暮れも押し迫った今日この頃、おやこ劇場会員のみなさまはいかがお過ごしでしょうか。
かかし座の公演も 大盛況に終わり
あとは、冬休みを待つばかり…? 

ちょっとまったぁぁぁ! 
クリスマス パーティ やっちゃうぞ! 
高校生以上の青年サークル主催で、ケーキ作り、ゲーム大会!ビンゴゲームもあるぞ。

チラシを見てくれたかな?
「ワシも参加するぞい」 と言っちゃってるのは、サンタさんだ。ほ〜ほ〜。 
トナカイもちゃんと来るそうだ。 
ソリは?  おいこら、ハードルあげるなよ (アセる青年) 

と言うことで、 
「おやこ劇場 遊び納め」 

お楽しみに〜

このイベントは、おやこ劇場会員向けです。
神戸垂水おやこ劇場では、親子でプロによる舞台を鑑賞するほかに、会員たちが独自で計画する交流イベントもたくさん行っています。
楽しそうだな!プロの舞台鑑賞って、どんなかな!と思ったそこのあなた!
お問い合わせは 神戸垂水おやこ劇場  電話 : 078−706−1810

文責 たぬき1号
posted by tarumioyako at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

『おやこでプチプチシアター♪ part3』報告

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

おやこでプチプチシアター♪part3    
「想像力」と「創造力」を育む影絵遊び
『 たのしく影絵♪ 』報告     
               
会場 一の谷プラザ会議室
11月23日(水祝) 
午前の部 10時〜12時     参加者 子ども15名・大人8名
午後の部 13時半〜15時半   参加者 子ども12名・大人9名
(スタッフ 大人11名・高校生1名)   

会員外の皆さんにおやこ劇場を知ってもらう趣旨の
「おやこでプチプチシアター」のpart3。
例会、 劇団かかし座の影絵『魔法つかいのおとぎばなし』 に焦点を当てて、
夏休みに引き続き、
影絵ワークショップの第2弾の今回はX’masバージョンで行いました。

10時スタートの午前の部を報告します。

@ 本日の作品の見本を紹介
クリスマスオーナメントにもなる、カラフルなセロファンで彩られた雪だるまやツリーの見本をスクリーンに映し出すと気分は

IMG_5986.jpg

A手影絵クイズ(スタッフのママ達が自宅で自主練。頑張りました。)
 
IMG_1823.jpg

カニ・犬・鳥・白鳥・急須&湯のみ・カメ・ウサギ・スネオ(ドラえもんの)、
最後に4人連携プレイのX’masツリー

IMG_6099.jpg

「想像力」 を駆使した子ども達の答えに「正解!」
なかなか当らないのもまた面白い!
さらには子ども達から
「もっと右側を下にしたら見えるよ。」とか修正点の指摘も飛び出しました

Bオーナメント作成
黒い台紙にツリー・キャンドル・ブーツ等、5種の絵を描いたものとセロファンのセットを配布。
ハサミでチョキチョキ、
大きい子はカッターでオリジナルの柄を入れてみたり、
小さい子はお母さんと一緒に工夫。
セロファンも重ね使いしたり思い思いの作品を集中して作っていました。
大人が思いつかない様な 「創造力」 を発揮する姿に感心しました。

IMG_7013.jpg

IMG_9290.jpg

IMG_6153.jpg

Cスクリーンへ投影
用意していたX‘masツリーのボードに各々の自信作を一つずつ貼り付けて

IMG_6564.jpg

投影すると
とてもカラフルで豪華に飾り付けられたX’mastツリーが浮かびました。

IMG_2515.jpg

IMG_7591.jpg

皆「キレイ!」とうっとり眺めていました。

D手影絵に挑戦
最初は恥ずかしくて前に出られなかった子ども達も、
何人かが挑戦するのを見るうちに「やってみたい」の気持ちがいっぱいになり、
次から次へとスクリーンに手を映して手影絵を披露してくれました。
スクリーンの裏でしゃがみ込んでヒソヒソ相談している姿がとてもかわいらしかったです。

E垂水おやこ劇場の活動紹介(プロジェクターを使って)
例会『魔法つかいのおとぎばなし』の内容紹介
おやこ劇場の体験活動を写真つきで
 ・外あそびの会
 ・こどもフェスティバル
 ・高学年キャンプ
 ・ワクワクはっぴょう会
これからの活動予定
 ・クリスマスパーティー
 ・みんなでまちあそび

Fハンドベル演奏♪「もろびとこぞりて」「ジングルベル」
こちらも有志のママ達の練習成果が発揮されました。
ステキな音色を聞いてしっとりと会が終わる頃には、
子ども達はすっかり打ち解けている姿がみられました。

IMG_0677.jpg

あっという間の2時間で、盛りだくさんのとても楽しいワークショップになりました。
そして、このワークショップに参加されたご家族の中から、
後日1家族の入会がありました。

事前から当日にかけ準備・出演等にも関わってくださった沢山のスタッフや
お母さん方、ありがとうございました。
(文責 Mさん)

子ども達が 「想像力」と「創造力」 を思い切り働かせて
めちゃくちゃ楽しんでいる様子が伝わってきました。

おやこ劇場では、例会の他にも
会員さんたちがたくさんの活動を企画・運営しています。
興味を持たれた方は、事務所に連絡してみてください。

連 絡 先:神戸垂水おやこ劇場
TEL/FAX:078-706-1810

e-mail :tarumioyako@kobe.zaq.jp
(編集ウグイス)
posted by tarumioyako at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

影絵劇「魔法つかいのおとぎばなし」例会告知

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。


[幼児・小学校低学年コース例会]

影絵劇『魔法つかいのおとぎばなし』
〜むかしむかし、まだ世界に魔法つかいがいたころのおはなし〜
劇団かかし座

日時:2016年12月11日(日) 14:00開演 (開場20分前)
会場:神戸アートビレッジセンターKAVCホール
上演時間:1時間


内容
第一話 魔法つかいビーストと少年ウィリー
「ウィリーと魔法つかい」(アメリカの昔話)より

少年・ウィリーが森の中を歩いていると、おそろしい笑い声がきこえてきました。
そう!魔法つかい・ビーストが現れたのです。
危ないウィリーがつかまってしまう!?

FullSizeRender.jpg

いいえ大丈夫!
だって母さんが、魔法つかいを退治する方法を教えてくれたもの。
ウィリーの勇気と母さんの知恵で悪い魔法つかいを追っぱらう、
ゆかいな物語。

第二話 魔法の呪文、ムタボール!
「コウノトリになったカリフ」(ヴィルヘルム・ハウフ著)より

ある日、王様のところに不思議な老人がやってきました。
老人がもってきた薬は、どんな動物にも姿を変えることができる魔法の薬!
ただし、動物の姿に変わっている間に笑ってはいけません。
魔法の呪文を忘れて元の姿に戻れなくなってしまうのです。
さっそく王様はコウノトリに変身
ところが、周りのコウノトリのおしゃべりがおかしくて、
ついつい笑ってしまってさあ大変
王様はもとに戻れるのでしょうか!?
美しいお姫様も登場する、ちょっと不思議な物語。

1.jpg

光と影の手遊び
〜参加型の手影絵体験コーナー!〜
光と影のふしぎな魔法で、今日はどんな動物が出てくるのかな?
みんなの手やからだをつかえば、どんな動物でもつくれちゃう。
さあ、一緒にやってみよう

2.jpg

『劇団かかし座』は・・・
NHK専属の影絵劇団として1952年創立。
現在は影絵の映像手法を積極的に採り入れた舞台作品をはじめ、
映像作品などの総合エンターテイメントを全国に発信しています。

主催:神戸垂水おやこ劇場・神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援:神戸市PTA協議会・(公財)神戸市民文化振興財団

『たのしく影絵
ワークショップ参加者、まだまだ募集中
クリスマスオーナメントをつくって、
スクリーンにうつして楽しく遊びましょう
影絵ワークの準備.jpg

こんなクリスマスツリーを用意して、みなさんをまってまーす
くわしいことは、10月29日のブログ
おやこで プチプチシアター part3 を見てね

お問合せ・申し込み
神戸垂水おやこ劇場
神戸市垂水区瑞ケ丘6−23
TEL/FAX 078-706-1810
E-mail  tarumioyako@kobe.zaq.jp


(文責 ウグイス)
posted by tarumioyako at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

おやこで♪プチプチシアター♪ part 3

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。


毎回好評の 「おやこで♪プチプチシアター♪」 part 3 だよ〜!!

夏休みの 「猫影絵」 みんな覚えてるかな? 
「おもしろかった!」 「またやりたい!」
 の声にお応えして 
part 3 やっちゃうぞ!

おやこで♪プチプチシアター♪part3
た の し く 影 絵♪
〜「想像力」と「創造力」をはぐくむ影絵あそび〜
クリスマスオーナメントをつくって、スクリーンにうつして楽しくあそびましょう!

今回は、クリスマスバージョン 

日時:2016年11月23日(水・祝)  
午前の部(10時〜12時)/午後の部(13時30分〜15時30分)
場所:一ノ谷プラザ 1F会議室
料金:200円(材料費)
主催・申込み/お問合せ:神戸垂水おやこ劇場
e-mail:tarumioyako@kobe.zaq.jp   tel/fax: 078-706-1810
ご希望の時間帯(午前or午後)・お名前・連絡先・お子様の年令をお書きのうえ、faxかメールにてお申込みください。

場所はひろびろ! 一ノ谷プラザ 1階 会議室

一ノ谷プラザ地図.jpg

待ってるぞ〜 

注意  申し込み締め切りは 11月17日(木)


そして、影絵ワークショップでお家に影絵を飾ったら いよいよ 
12月11日(日) 14時開演
神戸アートビレッジセンター  KAVCホールにて

劇団かかし座 「魔法つかいのおとぎばなし」 例会だよ!

魔法つかい写真7 (1) - コピー.JPG

気分をもりあげておいてくれよ〜


image-211e2.jpeg

文責 たぬき1号

posted by tarumioyako at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

河東けい 「ひとり語り 母」報告

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

中学生以上例会
河東けい 「ひとり語り 母」
2016年10月8日(土)18:30開演
産業振興センター3Fハーバーホール

河東けいさんの静かですが力強い語りは、マイクなしでもホールいっぱいに響き、心に届きました。
まるでセキさん(小林多喜二の母)がそこにいるかのようでした。

この例会では、大人グループが会場係や資料渡しを、中学生グループがプレゼント渡しを担当しました。
プレゼント渡しはタイミングをはかりかねて、少し慌ててしまいましたが無事お渡しすることができて、握手もしていただきました。

例会アンケートより
*むずかしかったけど、よかったです。(6年男子)
*たきじっていう人が何故捕まったのか気になりました。(中1男子)
*すごく心に残る話だったし、話の内容が印象に残りました。(中1男子)
*多喜二を想う母の気持ちが、ぐっとくるものがあって本当に今では考えられないと思いました。(高1男子)
*激しい思想の持ち主のイメージだった小林多喜二が、とても人間味ありすぎるくらいの人だと思いました。(高2女子)

〜出演者に伝えたいこと〜
*とっても気持ちがこもっててすごかったです。
*90歳だけどまだまだがんばって話を伝えてください。
*90歳ですけど、これからもがんばってください。
*90歳でもお元気に話されていて元気をもらいました。これからもがんばってください!!
*最後がとてもお茶目でした♥


IMG_2955.JPG

<報告:NAOMI>
posted by tarumioyako at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

東日本大震災被災地支援チャリティー

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

ロバの音楽座 
オンガッカイ

みなさま、ロバの音楽座をご存知ですか?
むかしむかしの楽器や空想楽器により、心温まる音と遊びの世界を創造しているグループです。

こちらからロバの音楽座のページへ行ってみよう。
http://www.roba-house.com/robamu.html

13roba-instb.jpg ロバ.jpg

この度 <東北の子どもたちにエールを送る会> の主催で、東日本大震災被災地支援チャリティーのコンサートが開かれます。今回で4回目の被災地支援コンサートです。コンサートの収益金で“東北の子どもたちに笑顔を届けよう!”と活動を続けてこられました。



ロバの音楽座って、なんだか面白そう」「空想楽器ってなに?」
「大震災から5年過ぎたけど、今現地はどうなのかな」「私たち、忘れていないよ」
いろんな気持ちを感じたら、ロバの音楽座の「オンガッカイ」へ足を運んでみてください。
今回の収益金の一部は、春に起こった熊本地震被災地の子どもたちのためにも役立たせて頂きます。

ロバの音楽座
「オンガッカイ」
11/13(日)
●おやこで楽しむオンガッカイ13:00〜 (開場12:30)
 3才〜小6 1500円  中学校以上 2500円 (当日500円プラス)
●おとなが楽しむオンガッカイ13:00〜 (開場12:30)
 一律 2500円 (小5以上入場可、当日500円プラス)
神戸市産業振興センターハーバーホール(中央区東川崎町1-8-4)
主催:東北の子どもたちにエールを送る会
共催:関神興業株式会社
協力 ロバの音楽座  神戸コカリナアンサンブルくるみ  神戸垂水おやこ劇場
   神戸中央おやこ劇場  神戸須磨北おやこ劇場  NPO法人明石おやこ劇場

お申し込み・お問い合わせ  
村田 090−4288−7271
神戸垂水おやこ劇場   
    TEL/FAX:078-706-1810
    E-mail:tarumioyako@kobe.zaq.jp


文責 たぬき1号


posted by tarumioyako at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

例会候補作品説明会in垂水おやこ劇場

おやこ劇場の最も重要な活動の1つが
“生の舞台を観る”という例会鑑賞です。
その舞台を会員同士で決めるのが、
「鑑賞例会企画総会」

おやこ劇場では、その作品選びをとても大切に考えています。
作品選びの視点は
@心が豊かになる作品
A生命の大切さを実感できる作品
B友だちっていいなと思える作品
C親子で話し合える作品


そして来たるべき『鑑賞例会企画総会』に向けて、
『例会候補作品説明会in垂水おやこ劇場』が開催されました。
日 時 2016年10月6日(木)
場 所 神戸垂水おやこ劇場事務所
参加者 6名 

IMG_8303.jpg

内容は
・作品を下見した人の説明と感想
・劇団やパフォーマーのPR動画の鑑賞
・出席者による質疑応答と感想

出席者の感想
・説明を聞くと、作品選びに余計に悩んできました
・ジャンルの違う作品が多いので、どれも楽しめそう
・例会企画委員として、例会の企画に今までより多く関われたが、今日の説明を聞いて、またさらに、どれに投票したらよいか迷ってしまった
・小さな作品だからこそ、演者さんの人となりを知ることができる
・孫が習っている楽器の例会を是非選びたい
・作品選びに一から携われるので、おやこ劇場の会員でよかった

会員の皆さんへ『鑑賞例会企画総会』のご案内
日時 10月23日(日)13:15〜
会場 生活創造センター セミナー室A・B

鑑賞例会の作品を選ぶという、ワクワクした時間を一緒に過ごしましょう

byウグイス

 
posted by tarumioyako at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

みんなでジャズDay

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。


今日は、垂水おやこ劇場が協力するイベントのお知らせです。

みんなでジャズDay

ジャズのスタンダードナンバーから、子どもにも分かる日本語訳のジャズ、
観客も参加してのセッション、そして笑いあり・・・の、小さな子どもから大人まで、
みんなでジャズを楽しむひととき♪
懐かしい雰囲気の古民家カフェ「土日家」で、ぜひご一緒に!

中大路さん写真.jpg

出演: 中大路恵美子(ヴォーカル)
   源 悦子(ピアノ)
   青木しおり(インドネシア竹楽器・アンクルン)

日時:2016年11月6日(日) 13時〜14時半頃

場所:土日家(どにちや)  神戸市兵庫区駅南通2-2-30
土日家.jpg

料金:(ワンドリンク付き)
大人ひとり¥2,000 子どもひとり¥850(高校生まで)
家族割り親子ペア¥1,700 子どもふたり連れ¥2,000

お問い合わせ・申し込み:関口 e-mail:pilo0102@gmail.com
(当日申し込みもOK)

〈編集:NAOMI〉
posted by tarumioyako at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

高学年キャンプ 2016キャンプSTORYG

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます

高学年キャンプ報告会
2016年8月27日(日)午前10:10~
横尾集会所


青年なごみんの報告より〜
前半、各班に分かれてそれぞれ班の出来事など親の方々に報告しました!!
「楽しかった!」「行って良かった」など帰り道などでご家族の皆さんにキャンプの話をしてくれていて嬉しかったです♪♪
後半では全体で一人一人感想をいただきました!
初めて知る出来事などがあってとても楽しかったです♪
(高2 なごみん)

報告会に参加したお母さんより〜
2回目のキャンプと報告会に参加しました。
各グループに分かれて青年の皆さんが丁寧に全体の報告をした後、それぞれの子どもについての報告をしてくれました。1人1人の子どもをしっかり見てくれていることが伝わってきました。
昨年も参加していた子どもに対しては、青年達から見たそれぞれの成長を感じており、子ども達をたくさん褒めてかわいがってくれたのだろうと感じられました。
このように「成長を感じる」のは私達親も同じです。昨年は、班長や班付きとして緊張顔で話していた青年が今年は、自信を持って親たちに話す姿や今年から青年になり取り組む姿を見て、とても頼もしく成長を感じました。
「報告会までがキャンプです。」の言葉の通り、見守ってくださった大人の方々の思いをしっかり受けとめた青年の成長も見られる高学年キャンプ一年の締めくくりの会でした。
また、来年も楽しみにしています。
(小5・中1の保護者 M岡さんより)

*************
高学年キャンプ同窓会
8月27日(土)午後1:30〜
横尾集会所

逆修了証.jpg
中3が中心となって作成した逆修了証を渡す時間をいただき、厳かにみんなのありがとうの気持ちを伝えるべく贈呈して・・・

青年なごみんの報告より〜
たくさんの子が参加してくれました!
キャンプが終わって少ししかたってなかったのにとても懐かしかったです!!
各班でアイスを作りました。
アイスの元が入ったアルミ缶をひたすら転がすのがしんどかったけど楽しかったし、努力したかいあってとても美味しいアイスができました!!!
残り時間で言語ゲームをしたりとても楽しかったです!!!!
みんながまた来年も成長して高学年キャンプ出会えることを楽しみにしています!
(高2 なごみん)


我が家の兄弟達も青年たちと楽しい時間を過ごして帰ってきました。ありがとうございました〜
〈編集:NAOMI〉
posted by tarumioyako at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

「河東けい ひとり語り 母」例会告知

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。



【小高・中学生以上コース例会】
「河東けい ひとり語り 母」
日時:2016年10月8日(土)18:30開演(18:00開場)
会場:神戸市産業振興センター ハーバーホール
上演時間:1時間40分


作品「母」について
・原作:三浦綾子
・脚本・演出:ふじたあさや

昭和8年(1933年)、言論・思想の弾圧の嵐が
プロレタリア文学運動に向けられた。
作家 小林多喜二は、その犠牲者となった。
“ほれっ!多喜二!もう一度立って見せねか!”
と、息子に頬すり寄せて叫んだ母、セキ。
明治の初め東北に生まれ、13歳にして嫁ぎ、
夫に先立たれながらも5人の子どもを育て、
多喜二を心から信じて温かく見守りつづけた。
母 小林セキの生涯を描いた三浦綾子の代表作「母」を、
河東けいが渾身の語りで舞台に描き出します。


河東さんの青春時代は戦時下だった。
「自由なんてなかった時代。
信じていたものがすべて敗戦でひっくり返った。
繰り返してはいけないという思いが、
私の演劇活動や『母』の舞台の根底にある」
と語る。
今の時代だからこそ多くの人に、観、聴いてもらいたい。

IMG_2955.JPG

河東(かとう)けい プロフィール
・1952年より大阪において演劇活動に入り、関西芸術座の創立メンバーとして現在にいたる。
舞台、テレビ、ラジオ、映画、朗読など多方面で活躍。
特に、ギブソン作「奇蹟の人」では、教師アニー・サリバンを演じて600回以上の上演。
演出では、サルトル、ふじたあさやなど国内外の戯曲に取り組む。
・1993年、ひとり芝居「母」を初演。
韓国、中国をはじめ各地の公演で高い評価を受け、自身ライフワークとする。
・神戸市東灘区在住。
・1958年、大阪日日新聞新劇女優演技賞 をはじめ数々の賞を受賞される。
・2003年 大阪市文化功労章
・2004年 神戸市文化活動功労賞
・2008年 文化庁芸術テレビ部門大賞受賞作品・ヒューマンドキュメンタリー「いのちの記憶 小林多喜二・29年の人生」(北海道放送制作)の中心として、多喜二の母を演じる。
・2013年 大阪新劇フェスティバル40周年記念 特別功労賞
・2015年 神戸アートアワード 大賞受賞

現在、多喜二の母 セキを超える90歳

*******
主催:神戸おやこ劇場
     (神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場・神戸垂水おやこ劇場)
     神戸芝居カーニバル実行委員会
後援:神戸市・神戸市教育委員会・(公財)神戸市民文化振興財団
     神戸市PTA協議会・神戸東灘文化協会
協賛:(株)神戸風月堂
*******
お問合せ/チケット取扱
神戸垂水おやこ劇場
TEL/FAX 078−706−1810
e-mail tarumioyako@kobe.zaq.jp 


会員の皆様
例会のチケットはお手元に届きましたか?
この例会は、10月30日(日)に風月堂ホール(元町)で行われる
神戸芝居カーニバル主催の公演と相互乗り入れが可能です。

変更を希望される方は、おやこ劇場の事務所までお申し出ください。
(編集 ウグイス)


posted by tarumioyako at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

例会「おきゃく、おことわり?」報告

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます

幼児・小学校低学年例会「おきゃく、おことわり?」
日時:2016年9月4日(日)2:00開演
場所:神戸アートビレッジセンターKAVCホール

おきゃく、おことわり.jpg
係集合の時間に行くと素敵な会場演出ができていました!
おきゃく、おことわり2.jpgおきゃくおことわり4.jpg
垂水の子ども達も挨拶係の相談・練習をしていましたよ。小道具も用意して○×形式で会場に呼びかけるようです。本番も小さな妹Hちゃんを立ててあげてる様子が微笑ましく、低学年のS君、K君、Sちゃんが大成功させていました。
おきゃくおことわり0.jpg
搬入から会場に入ってくれた、青年のT君が、セットの様子おさめてくれました。
お知らせ会でドールハウスのような小道具で「おきゃく、おことわり?」の宣伝をしましたが、イメージがとても似ていて本当にかわいらしい舞台セットでした。

マイペースを崩したくないクマ君と人なつこいネズミ君の掛け合いがとても楽しく、あちこちからクマ君のおうちに入って来ようとするネズミ君にキャーキャー、どこから来てるか教えてくれようとする幼児さん達の様子が微笑ましかったです。だんだんと距離が縮まる二人(二匹)にほんわかと気持ちが温かくなる人形劇でした。まるで生きているかのような人形が、使い手の二人の手を離れてセットに座らされると、とたんに「人形」にもどっってしまうのが印象的でした。

終演後、ロビーではささやかなお茶会がありました、各劇場から給仕にスタッフとして立ってくれました。垂水からは、Mさん、ありがとうございました。とてもかわいいポットでミルクティーをいただいてほっこり、クマ君ネズミ君もテーブルそばで見守ってくれて、ひと味違う終演後のロビーとなりました


おきゃくおことわり5.jpg

おきゃくおことわり6.JPG

みんなの感想を紹介しましょう!☆は感想、★は出演者にお伝えしたいことです。(アンケートより)
☆とてもおもしろかったです。
★ねずみがおもしろかったです(Rちゃん 8才)

☆おもしろいし楽しかったです。
★人形劇がすごくじょうずですごいです(S君 8才)

☆おもしろかった。とてもたのしかった。くまさんだいすき。ねずみさんもだいすき。さいしょけんかしてたのにさいごなかよくなってよかった。  (Hちゃん 3才)

☆とてもおもしろかったです。
★ネズミの声がたかくておもしろかったです(Yちゃん 9才)

☆くまがやさしいと思いました。さいしょは仲がよくなかったけどさいごは友だちになれてよかったです。
★これからも人形げきをがんばってください  (Sちゃん 9才)

☆くまくんとねずみくんがなかよくて一しゅんで友だちができるなんですごいです。
★あんなにすごい人形げきはじめてみました(K君 8才)

☆ねずみくんがくまくんのいえでミルクティーをおいしそうにのんでたのしそうでした。
★2人ともすごかったです(Y君 8才)

☆ネズミの笑い方がおもしろかったです。おもしろかったのでまた見たいです(Y君 10才)

☆おともだちっていいなっておもいました(Kちゃん 7才)

☆よかった。たのしかった。  (Y君 10才)

☆さいしょはあれほどねずみ君をいやがっていたのに、さいごはなかよくなってよかったです。
★友だちは大切なんだと気づかせてもらいました。(しろたん 8さい)

〈報告・編集:NAOMI〉
posted by tarumioyako at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

おやこで♪プチプチシアター♪ part2 たのしく影絵  報告!

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

おやこで♪プチプチシアター♪ part 2
   たのしく影絵♪
〜 「想像力」と「創造力」を育む! 影絵遊び 〜

ということで、夏休み終盤の熱い一日、須磨で影絵遊びが行われた! 
このイベントは!
きたる12月11日(日)14時開演 !
幼児〜小学校低学年コース 例会
劇団かかし座 「魔法つかいのおとぎばなし」


に向けて、会員が自分で影絵を作って、映して楽しんでみる。例会に向けてイメージがふくらむぞ!
一般の人に向けておやこ劇場を紹介する。 いっしょに「かかし座」を見よう!
ということで企画しました。
 企画担当 「お知らせ隊」 メンバー活動中〜!

レポートします



日時 : 8月24日 (水)  1部 10時〜12時    2部  13時〜15時
場所 : スペースとおりゃんせ 


そろそろみなさまにもおなじみになってきた 「スペースとおりゃんせ」 綱敷天満宮のすぐ横にあります。 

image-e8eb8.jpeg

ちなみにこの綱敷天満宮は、菅原道真公が九州に流される途中このあたりを通りがかり、その時地元の漁師たちが道真公を座らせるために綱を円座に敷いた、という故事があります。地元で親しまれている天満宮で、ちょっと楽しい仕掛けも…
サーフボードを持った、波乗り天神さん

image.jpeg

当日は午前午後の2回ワークショップがありました。たぬき1号は午前の部に出かけたぞ。

スペースとおりゃんせに着くと、神戸垂水おやこ劇場の案内ボードが表に展示してあった。子どもフェスティバルでも展示していた、今年の例会案内などありました。
中に入ると、スタッフのお母さんたちが打ち合わせの真っ最中。奥の壁ぎわには今日の主役「影絵ボード」が!

IMG_0905.jpg影絵スタッフ.jpg


あちこちで打ち合わせしたり、機械の準備をしたり、テキパキテキパキ。そのうちに参加の親子が続々到着。
さあ、10時だ!はじまるよ〜〜!

まず、これなーんだ? 影絵クイズ

image.jpeg

スタッフのお母さんたちが、影絵の本(手で遊ぶ おもしろ影絵ブック)で練習してきたスペシャル手影絵でクイズを出す。ほうほう、小さい子が多かったけど、ビシビシあてていたよ。
@ お母さんたちの努力が素晴らしかった
A 子どもたちの想像力が素晴らしかった
どっちだろうね。
  …どっちも? なるほど。

次に、かかし座の例会「魔法つかいのおとぎばなし」にちなんだ影絵を披露した。
春にはちょうちょがひらひらひら… 
夏にはヨットで海をゆく
秋にはたくさんの赤とんぼ
そして冬は…それは12月の例会、劇団かかし座「魔法つかいのおとぎばなし」をお楽しみに。
写真にはなぜかきれいに映らなかったけれど、黒いシルエットに、カラーの色が映えてとてもきれいでしたよ。

image.jpeg

さて、いよいよ子どもたちのお待ちかね、ネコの影絵作り。
2種類のネコがみんなにわたされて、何色もあるカラーセロファンも用意され、
「裏からのりではってね」と説明を受けたら、さあ、スタート!
男子も女子も、思い思いの色でネコを彩っています。ひげを一本ずつちがう色にする子。右左でひげを色分けする子。なぜか「血のなみだ」を流すネコ…バラエティーに富んだネコたち。

image.jpeg

早くにできた子は窓に当てて、きれいな色を楽しんでいました。
「みんなできた〜?じゃあ、スクリーンに映そう!」ということで…

一人ずつ映したり、友達と二人で映したり、じゅんばんに「歩こう」の歌に合わせてスクリーンに映したり、それはもう色々な映し方で遊びました。 最後はみんなで!

image.jpeg

その後は、子どもたちの手影絵クイズ。スクリーン裏で本をチェックしてすぐチャレンジ。
うむ、なかなかだったぞよ。

休憩の後はお知らせ会。
9月例会「おきゃくおことわり」の紹介は、かわいいドールハウスに紙人形のクマとネズミ。子どもたちも熱心に見入っていたよ。

image-89ce4.jpeg


さらに、12月例会の「魔法つかいのおとぎばなし」は、スクリーンにプロジェクターで色々と映して紹介しました。
最後に、神戸垂水おやこ劇場の活動の紹介をして、今日はおしまい。

image-ae8e4.jpeg

夏の暑い一日、須磨で楽しく影絵ワークショップ。お家でもネコたちで遊んでいるかな?またみんなと楽しいイベントやろうね。

バイバイ

image-211e2.jpeg

文責 たぬき1号


















posted by tarumioyako at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

高学年キャンプ 2016キャンプSTORYF

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。



高学年キャンプ
平成28年8月11日(木)〜14日(日)
兎和野高原キャンプ場


前日の買い出し&最後の班会(ダンスの練習、諸注意など・・・)を終えて
KC4F0799.jpg

KC4F0802.jpg



いよいよキャンプ本番がやってきました!

KC4F0812.jpg
出発式をして・・・
KC4F0819.jpg
いってらっしゃーい!!


キャンプ中は、今頃どうしているかな・・・親にSさんが、一斉メールでに写メをくださいました。忙しい中、ありがたいお心遣いです。
たのしそうな様子にホッとします。

「時間どうりに到着。
開村式をおえ、オリエンテーリング。バーベキューで盛り上がりました。
バーベキューは今年は焦がさずに上手にみんな焼けてましたよ

夜は星見と騙されて肝試しに
叫び声がギャンプ場に響き渡りました。
今年が今まで一番怖かったと話してましたよ

朝御飯もお腹一杯食べて現在お片付け中

初参加のみんな、たくさん食べてます

さあ今日は、楽しみの究極です
(*^^*)

みんな元気ですよヾ(^▽^)ノ」(実行委員長Sさんメールより)

160813_074417.jpg

160813_074432.jpg
「三日目も晴天朝からダンス練習
グリーン広場の向こうの方では、教会のキャンプの方々が賛美歌をうたうなか、こっちでは「もっと声だして」と大声
みんな、虫には刺されてますが元気ですよ」(実行委員長Sさんメールより)
160813_101844.jpg

160813_102038.jpg

160813_194521.jpg
「笑う
笑う
楽しい」(実行委員長Sさんメールより)


美味しい美味しいと子どもから聞きますが、おいしいそうです〜
写真係「とも」の写真より(報告会の時に各親に配布、Hさん多数の焼き増しお疲れ様でした!)
DSC02991.jpg

キャンプ食事.jpg

キャンプ食事2.jpg

キャンプ食事8.jpg

キャンプ食事3.jpg

キャンプ食事6.jpg

キャンプ食事10.jpg

キャンプ食事9.jpg

レクレーションも楽しそうです
DSC02948.jpg

集合写真.jpg

お帰りなさい.jpg
ただいま〜! お帰りなさい!! たくさんの楽しい思い出が出来たかな?

高キャン修了証渡しサイズ小.jpg
修了証渡し、一人ずつ班付きの青年より渡されます。
この後、写真を撮ったり、青年と名残を惜しんだりして、なかなかこの場をあとに出来ない子ども達も多数でしたよ。青年、スタッフ、引率の大人のみなさん、お疲れ様でした。


中心となってくれた高2の5人の青年より感想です。
8月11日〜8月14日 よい天気の中行われた高学年camp!!
今年は特に大きなケガなく、みんな元気に帰ってくることができました。
私達高2も自分達が作りたかったcampを作ることができ、最高の思い出になりました。たくさんサポートしてくださったみなさん、ありがとうございました!!!(高2 Nみん)

中心学年として作った今回のキャンプは今までで一番思い出に残るものになりました。大変なこともあったけど、それ以上に楽しさが上回っていたので最高でした!キャンプを支えてくださったみなさん、ほんまにありがとうございました。
今年は年が足りんくて参加できなかった子、予定が合わなかった人、来年キャンプ参加してねー!楽しいキャンプをありがとうございました。(高2 Sり)

キャンプ4日間無事終えることができました。4日間を迎えるまでが大変でした。でもみんなが楽しんでいる様子もわかったしここまでやってこれてよかったなと思います。支えてくださった皆さんありがとうございました。これからもキャンプ参加していきたいです。みんなも参加してください!(高2 Kれん)

今年の高キャンは中心学年ということもあって今までで一番楽しめた気がします。
特に思い出に残っているのは運動会です。今回私は運動会の企画を担当して、同じ運動会担当の青年にアドバイスをもらいながら、自分のしたい事を詰め込んだ運動会にすることができました。こどもたちから楽しかったって言ってもらえた時は本当に嬉しかったです!中心学年として大変な時もあったけど、高2のメンバーで最高のキャンプを作れてよかったです。ありがとうございました!(高2 Aか)

今年のキャンプは1度も雨の降らないとてもいいコンディションのキャンプだったと思います。中心学年として村長として参加させていただいたキャンプだったので、どのイベントも雨などで止めることなくすることができて本当に嬉しいです。
1年間話し合ってきたキャンプをみんなが楽しかったといってくれたり、また参加したいと言ってくれたので、頑張ってきて良かったなと思いました。
オリテや運動会、Q極はとても暑い中、体調不良になる子がいないままイベントを進行することができました。村長として回っていると話しかけてくれる子が多くてすごく嬉しかったです。少しですが成長できたと思います。ありがとうございました。(高2 Aり)

〈編集:NAOMI〉
posted by tarumioyako at 20:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする