2016年04月07日

『ボランティアまつり』報告

みんなであそぼうたるみフェスタ
『ボランティアまつり』報告

日時:3月26日(土) 12:00〜15:45
場所:垂水区役所内 1F大会議室


毎年、3月に開催される『ボランティアまつり』
おやこ劇場を地域のみなさんに知ってもらうためにも大切な機会ですね。
当日は、おやこ劇場の若手&バリバリの3人のママが
スタッフとして大活躍!!!
その中のMさんのレポートです。


垂水区ボランティアセンターに登録している団体や個人の皆さんが、
ステージやパネルで活動を紹介する楽しいおまつりです。
今年も、垂水おやこ劇場は
「展示」と「体験」コーナーに参加しました。

体験のコーナーでは、
「空き容器のフクロウ笛」
IMG_9161.jpg<

「フクロウ笛」づくりに挑戦中
ボランティア1.jpg
「アルソミトラ
(劇団風の子さんに教わった“空飛ぶ種”)」、
「紙飛行機」

エコ工作を提供しました。

シールラリーの形式になっており、
家族連れやご年配の方々が、お孫さんの為やご自身にと
楽しそうに工作に挑戦してくださいました。
たくさんの方に、
垂水おやこ劇場のチラシ、パンフも一緒に持ち帰っていただくことができました。
なかには他の場所で
「以前、おやこ劇場の会員さんに声をかけて貰ったことがある!」と言って
お話に花が咲いたお母さんもいらっしゃり、
おやこ劇場に再び興味を持っていただく機会となった様でした。
地域の方々との交流や活動の紹介の場として
劇場にとっても貴重なイベントだと思います。
たくさんの笑顔と出会い、心のホッコリしたひと時でした。

おまつり開始直前に他のグループの方から教わった(!)、
飛行機の翼も尾翼もある「紙飛行機」も親子に伝授。
ボランティア2.jpg
部屋の奥のスペースを“飛行場”にして、
作った「アルソミトラ」や「紙飛行機」を飛ばして遊びました♪
輪飾りは、子どもがもって帰ってきた学校のお楽しみ会で使ったものをリユース。
エコです。

パネル展示では「垂水おやこ劇場」の活動を紹介しました。

最後になりましたが、
エコ工作の事前準備にご協力くださった皆さんありがとうございました。(M)

Mさん、レポートありがとうございました。
エコ工作、楽しんでもらえたようですね。
ちなみに、「アルソミトラ」とは、インドネシアなどの植物で、
実が熟して割れると、
たねがグライダーのように1qも空中を遠くとんでいくそうです。
日本名は「ハネフクベ(羽根瓢)」。
種を飛ばして仲間を増やしていくのですね。
発芽してどんなふうに生長するのか、どんな花が咲くのか、見てみたいです。
おやこ劇場も、いろいろな活動を通して、
仲間を増やし、すてきな子ども達を育てていきましょう。
byウグイス



posted by tarumioyako at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

おやこで♪プチプチシアター♪報告

おやこで♪プチプチシアター♪報告

3月23日(水)  10:30〜11:30
須磨区天神町ログハウス「スペースとおりゃんせ」にて

参加者 親子19組 43名
スタッフ 8名

ログハウスのYさんのご協力で無事に開催できました。
予想を超えるたくさんの親子が申し込みして下さったので、ログハウスの中のものをできる限り外に出させていただき、(お天気が良くて幸いでした。)
ホットケーキも外に出したテーブルにホットプレート2台で焼きました。スタッフは9時半に集合して準備にかかりました。 

事前に欠席をお聞きした1組以外の方は、全員来てくださり、和やかな雰囲気の中で
手遊び…さすがMさん慣れたもの、パネルシアター(弁当箱のうた、しろくまちゃんのホットケーキ)…ダブルIさん練習の成果で大成功! 

IMG_5970.JPG

IMG_5969.JPG


と続き、ホットケーキのおやつへ、の手はすが、ホットケーキちょっと間に合わず、活動紹介を先にしました。少しざわざわとした中での紹介となりましたが、皆さん、しっかり耳を傾けてくださり、嬉しかったです。 



改めて、おやつタイムに。一番おいしいと感想を言ってくれた可愛らしい幼児さんもいました。 
後半は、集まってくれた子どもさんと同じくらいの年齢のお子さんを持つ会員さん、MさんとUさんに、おやこ劇場に入ってよかったなぁと感じる点を話してもらいました。はじめは、鑑賞が好きで入会して、いろいろな体験活動に参加して、異年齢の交流をして、ステキな出会いがあったことを共通してあげられていました。MさんやUさんに出会えてよかったなぁ。ここでお話してもらえてよかったなぁと心から思いました。 

IMG_0535.jpg


 最後に例会の紹介をベテランのスタッフよりして、終了。手影絵に興味をもってくれた幼児さんが結構いました。スタッフY野さんが、手でこんなのができるよ〜と子ども達に伝授。そうそうホットケーキのおかわりもありましたよ。
IMG_0536.jpg

__ 2.JPG
 個人的に、「おやこ劇場」のことをゆっくり話す機会がなかった友人に、改めて話せてよかったです。
 ふだんからこのログハウスに遊びに来ている子どもは、終了後もまったりと遊んでいました。慣れた安心な場所で開催させていただけたのが、何より良かったのかなと思いました。少しでも入会につながれば、嬉しいです。ホットケーキも大好評でした!
 来てくださった方、とおりゃんせのYさん、ありがとうございました。スタッフもお疲れさまでした。 

文責 Nさん  
編集 たぬき1号


posted by tarumioyako at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

大人の遠足〜美味しい牡蠣を求めて〜

大人の遠足〜美味しい牡蠣を求めて〜
1月28日(木)10時〜

行ってきました〜!
参加者9名、垂水駅西口に10時に集合してGO〜
お天気も良くて気温も暖かく遠足日和、歩いているとポカポカ暑いくらいになりました。
大人の遠足 絶景.jpg
事前に下見をしてくれたHさんの先導で、海沿いの道を歩きました明石海峡大橋の見えるこんな絶景を眺めながら、おしゃべりに花を咲かせながら、てくてく歩いたら、1時間ちょっとの道のりもあっという間。トイレの場所も予め調べてくれていたので、とってもスムーズでした。ありがとう〜Hさんまるでツアーコンダクターさんのようでした

カキ小屋に11時半前には、到着歩いたのは、トータル70分くらいだったでしょうか?歩いたのでお腹が空いてちょうどいい時間
カキ小屋は、大きなテントの周りを、きちんとビニールシートで覆っていて、防寒がしっかりなされています。

カキなどの品物を購入して席料を一人540円支払うシステムです。調味料も一通りおいてあり、持ち込みOKでとても良心的です。カキの焼き方もおじさんが、ちゃんとレクチャーしてくれます。受験生を抱えた母もいて、ノロがこわい私たちは、おじさんが席を外した時に、もうちょっと焼いておこう・・・と余分に火を通して、いただきましたよ。美味しかったです〜
大人の遠足 カキを焼く.jpg

大人の遠足 〜テーブル〜.jpg

大人の遠足 食べる.jpg

パン焼きの要領でいろんなものを焼いて食べました。
大人の遠足 いろいろ焼く.jpg
2テーブルに分かれたのですが、購入したドテ焼きに焼きおにぎりをいれたり、とろけたカマンベールチーズにパンやちくわをつけたり、いろんなアイデアが楽しかったです。
アルコールも入って、おしゃべりタイム、あっという間でした。
カキ以外のものも売っていて、美味しかったですよ

締めは、パティシエのMさんからの、差し入れの美味しいスイーツコーヒー/紅茶で、優雅なひとときでした。ありがとうございました!演芸会の日程や場所のことも楽しい会話の合間にしっかり相談しましたよ
大人の遠足 〜スイーツ〜.jpg

楽しい時間は、あっという間、低学年や冬季野外活動のお迎えの時間に間に合うように・・・バタバタと片づけて、帰りは、朝霧駅からシューと電車で帰途につきました。(だんだんと曇ってきて、須磨に着いた頃には、雨がパラパラ、危機一髪、私たち、お天気に恵まれたのですね。)
今回、行けなかった方、また、是非、行きましょうね(予約の電話を入れてくれたMさん、急に来れなくなってしまいましたが、いろいろありがとうございました

〈報告・編集:NAOMI〉

posted by tarumioyako at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

垂水子ども生け花教室 展示発表会

垂水子ども生け花教室 展示発表会
1月17日(日)午後1時30分〜3時30分
垂水勤労市民センター 木工工芸室にて


2015年5月から始まった
「27年度・垂水子ども生け花教室」は、
この日で最終日となりました。
垂水おやこ劇場の会員を中心に4歳から小学校6年生まで受講者は17名。
毎回、未生流師範のY先生のもと、子どもらしくのびのびと自由な感性で、
季節の生け花を楽しんできました。

最終日は午前中に生け込みをして、
午後から同じ会場で展示発表会を行いました。
そのため、普段は1種類のお花が、
この日はバリエーション豊かに、5種類!!
色合いで決めたり、枝やお花の形で決めたり
お花を選ぶところからひとりひとりの個性が発揮されます。
この日の受講者は13名、選ぶお花が見事にばらばらで・・・
子どもってほんとに、個性があるんだなぁとまず、関心。

そして選んだお花を、先生の指導のもと生けていくのですが・・・
第一回からの教室で、さまざまな花材を使い、生け花を体験してきた子どもたちは、
すっかり生け花を自分のものにしています。
長〜い枝ものや軸の細いお花など一見難しい花材も自分で工夫して上手に扱い、
そしてとにかく生け方に迷いがありません
花材を見てイメージを膨らませ、困ったら先生のお見本をちょっと参考にして、
自分でどんどん生け込みの場所を定めて作品を形作っていくのです。
これぞ「子ども生け花教室」ならではの光景。
DSC_0240.JPG

30分〜40分もすれば次々に「できました!」の声が上がります。
ここでY先生がひとりひとり、作品を見ていくのですが、
とにかくY先生は子どもそれぞれの個性を大切にされる方。
「わあ、ステキ!」
「大胆に生けたよね〜」
「間からのぞいてるお花がいいわぁ」など、
かならず褒め言葉を添えてほんの少し、アドバイス。
だから子どもたちはみんな、自分の作品に自信を持って楽しくお稽古ができるのです。
8か月通って鋏(はさみ)や剣山(けんざん)の扱いにも慣れているので、
お片付けもとっても早い子どもたち。
この日は午後からの展示会に備えて名札やテーブルクロスも準備、
お花もよそ行き風で?なんとなく嬉しそう♫ 
DSC_0261.JPG
DSC_0262.JPG
DSC_0263.JPG
DSC_0264.JPG
DSC_0258.JPG

真冬の寒さのせいか、午後からのお客様は人数こそ少なかったですが、
「こんな機会があったからゆっくりお花を堪能できました」
「癒されます」
などお褒めの言葉をいただきました。
DSC_0267.JPG

生け込んだ花材を取りに戻ってきた保護者の方々も、
家に置いておくのとはまた違ったお花の姿をゆっくり見ることができて、
あらためて生け花の魅力に気づいてくださったことでしょう。

最後になりましたが、生け花講師のY先生、
雨の日も風の日も毎回欠かさず手配・準備をしてくださったスタッフMさん、
今年度もたいへんお世話になりました。
どうもありがとうございました。


なお、28年度も教室の開講を予定しています。
年齢問わず楽しんでいただける日本の芸術文化の世界、
この機会にいちど・・・ご一緒にいかがですか?
(文責:ぐりーんりーふ@垂水おやこ劇場事務局)


ここまでは、ぐりーんりーふさんのレポートでした。
それでは、参加されたみなさんの感想をご紹介します。

<年中>・きれいやった。(M)
    ・たのしかった。(E)
<1年>・むずかしかったけど、たのしかったです。(Y)
<2年>・いろんなお花の名前をしれたのでたのしかったです。(K)
    ・いろんな花があっておもしろかったです。
     みんなのも見たけど、ぜんぶかわいくてきれいでした。
     花の名前がすごかったです。(S)
    ・いろんなお花がでてきて、どうしたらいいか、わからなかったけど、
     先生がおしえてくれて、どんどんわかってきた。(R)
    ・いろんなお花がでて、はでな花もあったりして、
     すごくたのしかったし、いろんなお花の名前もしりました。
     さしたりきったりはたいへんだったけど、たのしかったです。(Y)
<3年>・いろんなはなをいけてたのしかったです。
     これからも、もっと花をいけたいです。(N)
    ・上手にできました。(R)
    ・花を生ける場所がむずかしかった。
     くふうしてできてよかった。(M)
<6年>・いろんな花をいけれて、楽しかったです。(S)
    ・ラッパスイセンとスイトピーがとてもきれいでした。
     とくにスイトピーのうすむらさきが気にいりました。
     ひらひらしていて、かわいいです。(R)
    ・いろんなお花が生けられて楽しかったです。
     花の名前とかも覚えられたので、勉強になりました。(S)
    ・花とかのおきかたも、少し変えると全体がすごく変わったから
     びっくりしました。
     花によって、長さとかがちがうから、びっくりしました。(N)
<保護者>・お花が大好きなので、毎日楽しく、自分のスタイルで創りあげてました。
       型とかはまだまだ難しいですが、お花をさわれて、切れて、良かったです。
       5才なりに、なんとなく華道を学べたと思います。(Mちゃんのママ)


どの子も、生け花の楽しさを見つけて、自分なりに表現できたようで、よかったですね。
28年度も、新しいお友達をさそって、また参加してくださいね。
お花のある生活が続きますように・・・
byウグイスカレー対決.jpg
posted by tarumioyako at 20:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

よっといでまつり2015

「よっといでまつり2015」レポート

日時:11月15日(日)11:00〜14:00
会場:セリオ 光の広場(地下鉄 西神南駅すぐ)
主催:神戸須磨北おやこ劇場


おおにぎわいで、とーっても楽しかったそうな「よっといでまつり」
ぐりーんりーふさんのレポートで、ご紹介します!!


よっといでまつりにお店を出しました!
                            
11月15日(日)、お隣の神戸須磨北おやこ劇場の「よっといでまつり」に、
垂水おやこ劇場で「トットロの玉入れ」と、「ふうせんスライム」の
2つのブースを出店しました。


今回は、
子どもスタッフの活躍を中心に、レポートをします!


スタッフ集合の10時には、前日の悩ましい雨もすっかり上がって、
弾む気持ちで準備をスタートさせました。

!cid_B1EA23D4-6E88-4193-B7E8-EC7DA40F9C24.jpg
4年生のYくんと6年生のSちゃんは、これまでの経験でスタッフの仕事もお手のもの。
ブルーシートに養生テープを貼って固定させたり、水を汲んできたり、
かわいくて見やすい看板を作成したり、どんな役割もきちんと果たしてくれました。


周囲を見渡すと、
須磨北おやこ劇場のみなさんによる、あそび・食べ物のお店や、
地域に声をかけて募集したフリーマーケットが並んで、
おまつりムードも高まってきました。


私たちのブースの斜め前には、
高学年キャンプで結束を固めた須磨北・垂水二つの劇場の青年たちのお店も。


11時、
まつりの開始を告げる「オープニング音楽広場」が
始まりました。

!cid_1BBD3662-88D3-46D6-A8FA-BF36BBE4A5EC.jpg
垂水おやこの会員も参加している【神戸コカリナアンサンブルくるみ】、
リハーサルでも素敵な声が聞こえてきたゴスペルグループ【いぶきムジカ】の
2グループによる演奏とハーモニー。
天井の高い会場に音がきれいに反響して、思わず足を止めて聞き入っている人も・・・。
割れんばかりの拍手が会場を包むと、


さあ、お店がスタートです。

開始すぐ、まずお客さんが殺到したのは「ふうせんスライム」。
!cid_BE30695E-C017-4B83-8CE1-C4E1409A1DFA.jpg
用意したテーブルの広さも、スタッフの数も足りなくて、
列を作って順番を待っていただくことに・・・
急遽、6年生のNくんに頼んで、列の先頭に立っていてもらうことにしました。
イスを提供してもらえるまで数十分ずっと、
根気強く立ち続けてくれたNくん、ありがとう!


一方、玉入れは
Yくんが投球練習がてらデモンストレーションを続けてくれた結果、
!cid_EB6C411C-ECE6-4614-A45C-994F86D27BC6.jpg
小さい子を中心にぼちぼちとお客さんが。
今回はゲームの景品を工夫して、いろんな種類のおやつを用意しました。
いろいろある中から、どれにするか選ぶのも楽しみなようです。


スライムも3種類の色から選んでもらい、
自分で混ぜて作るおもしろさを体験してもらいました。
「百回ぐらいまぜて」と声をかけると「えー」と言っていた子どもも、
だんだん固まってくるスライムの感触にハマっていくようで熱中していきます。
!cid_90161693-38D6-4FDF-A8F9-90E3BFF8451B.jpg
液を足しながら様子を見ているSちゃんからも、思わず「がんばれ」と声が。


しばらくして強力な助っ人、6年生のSくん親子が来てくれました。
オールマイティのSくんは、
どのお手伝いを頼んでも臨機応変に対応してくれるので大助かりです。
自分も楽しむことを忘れないSくん、
空き時間にほかのお店を覗きに行って買い物をしたり、
青年と遊んだり、まつりを満喫している様子でした。


そんなこんなであっという間に時間はたち、
ゲームの景品もスライムの備品もわずかとなった時点で店じまい。


今回も2つのブースで忙しかったけれど、
参加した子どもたちにとっては、大人と互いに声をかけあって協力したことや、
お客さんとふれあって自分で考えたり判断したりすることが、
きっといい経験になったことと思います。


最後になりましたが、
須磨北おやこ劇場のスタッフの皆さま、垂水のスタッフのみんな、
楽しく有意義な一日を、本当にありがとうございました。

   
文責:ぐりーんりーふ@垂水おやこ劇場事務局

ぐりーんりーふさん、ありがとうございました。
子ども達がとっても活躍してくれたのは、うれしいですね
次のおまつりが、楽しみです。
そのときは、ブログを見てくださったみなさんも参加してくださいね

コカリナ演奏で参加された「神戸コカリナアンサンブルくるみ」のみなさん、
青年のみなさん、
それから、フリーマーケットに出店されたみなさん、
お疲れさまでした今後のご活躍をお祈りしています
byウグイス





posted by tarumioyako at 22:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

マイマイアート日和 報告♪

9月の垂水おやこ劇場日記にて 告知していた イベント
「マイマイアート日和」 記念すべき第1回!
事務局の ぐりーんりーふ氏 の とれとれぴっちぴち〜 の報告で どうぞ!


9月27日(日)舞子ビラにてイベント「マイマイアート日和」に参加しました!

私たち垂水おやこ劇場は、「ふうせんスライム」のワークショップブースを出店。ワンコインで、の色とりどりのスライムを、自分で混ぜながら作るのです。楽しそうでしょう〜

マイマイアート日和 スタッフの子ども達.jpg

「マイマイアート日和」イベントそのものは、メインステージでのプロ・アマチュアいろんなアーティストさんや地元団体の舞台発表が行われました
晴れ渡る秋空のもと、播磨灘と明石海峡大橋を望むという最高の「舞」台で、「子」どものようにはじけ、踊り、奏で、演じる・・・

マイマイアート日和 閉会.jpg

盛り上がるステージからちょっと離れた場所のスライムブースでしたが、出番を終えた参加団体の子どもたちが遊びに来てくれて大忙しのてんやわんやでしたッ

ですがそこで頼りになるのはこの夏の源平まつりで鍛えられた(?)大人スタッフと、元気で、かわいくて、器用で、しっかり者の「the・おやこ劇場」とも呼べる、小学生スタッフ

マイマイアート日和.jpg

受付、スライム材料の調合、まぜる作業のお手伝い、出来上がったスライムの遊び方レクチャー・・・
みんなでいろんな役割を分担して、忙しい一日を乗り切ることができました

みなさま、ほんとうにおつかれさまでした(*^_^*)

あっ、ちなみに・・・
イベント告知の際に話題にあがった「タイトルフラッグ」
できあがりはこんな感じでした〜

マイマイアート日和 フラッグ.jpg

わかるかな〜
左から4つめの「イ」が、HさんとNさん作成のもので〜す

最後になりましたが・・・
一日がかりで、または半日・短時間でもかけつけてくれた劇場スタッフのみんな、
パラソルを貸してくださったYさん、
急な強い日差しに自前のテントを提供してくださったTさん、
荷物運搬・搬入・事務局送迎までしてくださった、隣のブースのフラワーぐんぐんさん、
そして、イベント主催者であり、神戸おやこ劇場と旧知の仲でもある、清水あきよさん。

みなさまに感謝です

次回のスライム出店は、11月15日(日)
須磨北おやこ劇場さん主催の「よっといでまつり」にて


源平で大人気の「トットロの玉入れ」も復活しますーーーー

おたのしみにッ

文責・ぐりーんりーふ@おやこ劇場事務局
編集・たぬき1号
posted by tarumioyako at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

マイマイアート日和

『マイマイアート日和』おしらせ
〜空の下に広がる台! どものように弾けよ!〜

INFORMATION
日時:9月27日(日) am.11:00〜pm.3:00
場所:シーサイドホテル舞子ビラ神戸 野外ステージ
雨天:ホテル内の宴会場
入場無料


FullSizeRender.jpg

*垂水おやこ劇場で『スライム作り』のブースを出店しますよ〜♪
 まぜるだけで、楽しい「ふうせんスライム」ができるよ。
 好きな色のスライムで遊んでね。

*『マイマイアート日和』のタイトルフラッグ作成中
 垂水おやこ劇場の担当は『イ』
 NさんとHさんが情熱を込めて作成中です。
 どんなアートになっているか、楽しみですね♪

イベント
『マイマイアート日和』って??

@今から10年ほど前の「劇づくり」でお世話になった清水章代さんの呼びかけで、
 今回が第1回のイベントです。

@神戸・舞子周辺のアートが大集合!
 内容は?

@ブース・・・手づくり小物・フェアトレード・身体のセルフケアレクチャー
       スライム作り  etc.


@ステージ・・・ジャズダンス・ボイスアート・フラダンス
        ミュージカルダンス・子ども創作ダンス
        鍵盤ハーモニカ楽団・呼吸音楽の世界  etc.


@ワークショップ・・・ボイスアート・ヨガ・フラダンス

もっと知りたい人は、イベントページへ
FBイベントページ「マイマイアート日和」
www.facebook.com/events/79408743045139/

家族みんなで楽しめそうなイベントです。
みんなで来てね♪
舞子ビラの中庭が、笑顔と笑い声でいっぱいになりますように・・・
(ウグイス)


posted by tarumioyako at 14:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

源平夏まつり 報告

8月30日(日)恒例の「源平夏まつり」が西須磨小学校にて行われました。
当日の様子を、Nさんの報告で お送りします〜

今年は垂水おやこ劇場からトットロの玉入れに加えて、フリマ商品も携えて、参加しました。
主に西須磨小学校の方にお手伝いをお願いしたら、皆さん、快くお手伝いをしてくださり、大人は勿論、子ども達も本当に一生懸命接客や玉拾い頑張ってくれました!
みんなフェスで慣れているのか、源平夏まつり初参加でもすぐに要領をのみこみ、よく動いているのが、印象的でした。玉入れは、お客さんが絶え間なく、きて下さり(のべ268人)、大忙しで、子ども達のお手伝いとても助かりました!

KC4F0216.jpg


遊びに寄ってくれた方もありがとうございました(*^o^*)フリマは、場所が奥でちょっと見にくいにも関わらず、上手に売って下さり、黒字になりました(^O^)

KC4F0222.jpg


お天気の心配から急遽、エントランスホールに場所がかわり、蒸し暑い中で皆さん、本当にお疲れさまでした。 (1時間くらいとお願いしていたのに、大忙しで結局、長くしていただいた方、すみませんでした。)ありがとうございました(*^o^*)

感想
・初めてお店のお手伝いして楽しかった。学校のお友達がゲームしてくれてうれしかった(小1男児)

・去年までは子どもの夏休みの宿題が終わらずお祭自体に参加できず、今年が初めての店番お手伝いでした。お天気が怪しかったので食べ物以外のお店は屋内となり、さらにフリマは突き当たりの奥の場所…と人の流れ的に厳しかったのですが、数少ない来て下さったお客さんには、精一杯の不自然な笑顔で応対しました(汗)フリマ店番経験の乏しい私はずっと緊張しっぱなしでしたが、最終的に黒字になったと聞きホッとしました。次はもう少し上手に応対できるよう頑張ります(笑)(母:I)

途中からの参加でしたが、
とにかく、たくさんの子どもらが遊びに来てくれて、良かったです。穴にボールを投げ入れる単純なゲームですが、小さな子どもから、高学年の子どもまで、それぞれの投げ方で、楽しんでくれていました。単純だから、面白いんですね。
こちらも楽しく参加させてもらいました。
お手伝いしてくれた子どもたち、最後の片付けまで進んでやってくれていたのに、
とても感心しました。
初めての源平夏まつり、夏休みの楽しい思い出のひとつになりました。
ありがとうございました。 (母 :T)




文責 N
編集 たぬき1号
posted by tarumioyako at 16:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

アイシングクッキー教室

アイシングクッキー教室
―夏のおいし〜い思い出・2015―

日 時:8月20日(木)11:30〜13:00
場 所:かほりクラフト(塩屋)
参加者:2歳〜小学生、大人 約20名


10時からの『絵本をたのしむ会』のおはなしと紙芝居も楽しかったようです。

★絵本のうさぎのにんじんがおもしろかったです。
 にんじんをたべたら、にんじんの色になって、
「ごちそうさま」を言ったら、もとにもどるのが、すごかったです。
★絵本では、まじょのかんづめが音がなったり、
とびだしたりしてきて、楽しかったです。


いよいよ、アイシングクッキー作りのはじまり、はじまり〜
ところで、「アイシングクッキー」って何???

『ぱれっと』8月号によりますと、
   お砂糖と卵白で作ったカラフルなクリームで、
   クッキーを楽しくデコレーション♪

なるほど・・・子ども達が喜びそう・・・だけど、準備が・・・
でも、ご心配にはおよびません。
今回の講師は会員のMさん。何とプロのパティシエさんです♪
Mさんからいただいた『ロイヤルアイシングの作り方』によると、
  材料(クッキー10枚〜15枚)
     メレンゲパウダー   大さじ1
     粉糖         150g
     水          20〜22g


5〜6人ずつ分かれたテーブルの上には、
夏らしくアイシングでデコレーションされた見本や、
カラフルな原色のメレンゲの入った小さな絞り袋や、
トッピング用の飾りがたくさん


わくわくしてきたところで
ひとりずつクッキーを選んで、アイシング開始です。

アイシング1.JPG

アイシング2.JPG

アイシング3.JPG

1つ完成して、満足そう
アイシング4.JPG

アイシング5.JPG

色を混ぜて違う色を作るのも楽しい
青+黄色=緑
赤+白=ピンク
赤+青=紫
などなど・・・きれいな色がどんどんできました。
アイシング6.JPG

色を付けるときは、すっごく真剣!
見てください、この集中力!!

アイシング7.JPG

そして、完成したクッキーを持つ、この笑顔
アイシング8.JPG

2枚目、3枚目に挑戦する子もたくさんいて、全然たいくつしません。
みんなのクッキーを並べて、『夏のおもいでプレート』の完成!!!

アイシング9.JPG

アイシング10.JPG

参加者のみなさんの感想です。

★クッキーをつくってたのしかったです。
 あとクッキーにえをかけてたのしかったです。 (小1男児)

★くっきいをつくってみてたのしかったです。おいしかったです。(小1男児)

★クッキーづくりは、色をつけていくのが楽しかったです。
 なんか、ビーズみたいなのをつけるのがおもしろかったです。
 またしてみたいです(^o^) (小2女児)
 
★クッキーを、つくったりしたから、たのしかったです。
 またやりたいです。(小2女児)

★クッキー作りでまっすぐかくのが少しむずかしくて
 まっすぐをかけてよかったけど思ったよりむずかしかったです。(小5女児)

★アイシングクッキーは、いつもよりきれくぬれたからまたやりたいです(小5男児)

★クッキーの、色ぬりが、おてほんみたいにぬれなくて、
 でも味はとてもおいしかったです。またやりたいです。(小6男児)

★思ったよりうまくできて、
 味も㋐まい、㋑ろあざやか、㋒まい、㋓―わ、㋔いしい
 でよかったです。
 また作りたいです。(小6男児)

★クッキーのかざりつけをして楽しめたし食べてみてとてもおいしかったです。
 とても㋐まくて㋑ろあざやかで㋒まくて形がよくておいしいくできました。
 また家で作りたいです。(小6男児)

★クッキー作りでは、色をぬったりかざりつけしたりして、楽しかったし、
 お茶とか、おいしかったです。また家でもやってみたいです。(小6女児)

★とてもたのしかったです。またいえでもつくりたいです。(小6女児)

★初めて本格的なアイシング。とても楽しかったです。 
 先生のお見本の精巧さに感動しました。
 2歳の娘はさっそく食べていました。
 自分で作ったクッキー.の味は格別だったようです。(大人)

★クッキーにアイシングで飾り付け・・・ 初めて挑戦しました。
 想像以上に難しくて、思い描いていた図柄とは全く違ったモノができあがりました。
 でも食べるとおいしくて!!とても楽しく、させて頂きました。(大人)

★とても素敵な時間が流れていて楽しかったです。
 かわいいクッキー、家ではできないかも?
 あっという間に食べられてしまった息子のクッキーでした。
 また、このような企画あれば是非、参加したいです。(大人)

★色々な形のクッキー、キレイな色、とてもワクワクしました。
 最初、子どもたちが集中してできるか心配でしたが、
 自分たちでいろんな色を作ったり塗ったり、デコレーションしたり、
 とても楽しそうにしていました。
 塗った後また食べる楽しみがあるのが最高だなと思います。(大人)

★決まった時からアイシングクッキーの日を、親子で楽しみにしていました。
 かほりクラフトに来るまでの道のりもたのしく、来させて頂きました。
 時間を忘れてクッキーに絵を描くことができて、
 ぜいたくな時を過ごさせてもらい感謝の気持ちでいっぱいです。
 Mさんのクッキーのおいしさにはびっくりです。
 家でつくるクッキーとはやっぱり違いました!
 おいしいおいしいおにぎりと野菜の豚汁をお得に食べれて大満足の1日となりました。
 おやこ劇場のイベントによんで頂きありがとうございました。(大人)

みなさん、感想をありがとうございました。
私は今回、作ることも食べることもできなかったので、とっても残念でした。
でも、参加されたみなさんの笑顔がすばらしかった・・・
第2回、第3回・・・と、続いていくといいですね。(ウグイス)

posted by tarumioyako at 17:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

東野健一さんのインド式紙芝居

*東野健一さんのインド式紙芝居〈ポト〉の報告

7月28日(火) 14:00開演 垂水年金会館ボランティアルームにて 東野さんの インド式紙芝居 〈ポト〉が 行われました。 当日の 大盛況の様子を Nさんの レポートでお届けします! 


とっても楽しみにしていた、東野さんのポト、1年生の子どもを持つ会員さんがお友達をたくさん誘ってくださり、急きょ、マットを増やすほど多くの来場者がありました。 

おやつのポップコーンを手分けして作ってきたり、早くに集合して会場作りをしたり、忙しい大人スタッフ。子どもも挨拶、プレゼント渡しを担当。(どちらも高学年と低学年のペアで微笑ましかったです。)受付補助やマットの片づけには、高学年の子ども達が快くお助けマン、にとみんな大活躍でした。



東野さんは、子どもを開演前からさりげなく観察していらして、お客さんを巻き込んで、一緒に作っていく、まさに「ライブ」という感じを受けました。
IMG_0458.JPG


すぐに、紙芝居を始めるのではなく、来場の子どもの中から興味を引いたTシャツを話題にしたり、インドの生活習慣を教えてくださったり、インドの絵巻物を解説してくださったり、どんどん引き込まれていった観客でした。みんなの目がキラキラでした。

IMG_0498.JPG
いよいよ、ポトが始まると、繊細な絵とは対照的に歌舞伎役者のような躍動感あふれる演じ方で、一方的でなく、観客との会話のキャッチボールが楽しい、温かい雰囲気があふれる空間でした。その日の演目は、お客さんを見て決めるという東野さん、この日のお話は、タコと鯛の話(月夜の浜の芸くらべ)、かたつむりの話、狼の魂の話の3つでした。
IMG_0506.JPG
UさんやMさんも東野さんの突然のセリフのご指名できっとびっくりされたと思います。しっかり応えてくださり、さすがです!
IMG_0490.JPG
IMG_0508.JPG


質問コーナーでも、子ども達の[絵を描くときにたいへんなことは?][インドで嫌だったことは?]との問いにしっかりお答えいただきました。

プレゼントは、東野さんがお好きだということでガチャポンでしたよ。中味が気になります。



おやつタイムには、ひんやりチューペットやポップコーンで、まったりしました。



例会紹介のお手伝いまでして下さった東野さん、前にお会いした時よりもますます若々しくパワーアップしたように感じました。

とっても魅力的な東野さんでした!

アンケートに答えていただいてありがとうございます! 一部紹介しまーす

・インドの紙しばいが、おもしろかったです。不思議な絵でユニークでした。私もお話を作ってみたいです。(小6女児)

・絵がじょうずでおはなしを言うのがじょうずでした。(小2女児)

・インドのことが知れてよかったです。声が大きかった。毎回参加してもアドリブが効いてて楽しかったです。(小3女児、小1男児、母)

・とてもおもしろかった。ぜんぶがたのしかった。(小1男児)

・不思議な世界に最初から引き込まれました。初めて見るのにどこか懐かしい感じの絵もとても素敵でした。また、いつかお会いしたいです。(大人)

・手のひらサイズの東野さんを持ち帰りたいです。箱に入れて、元気なときだけフタを開けたいと思います。(小1女児の母より)

・絵もうまかったし、お話もおもしろかったです。とくにインドのトイレの話が、とてもおもしろかったです。また、見たいです。(小6男児)

・インドの紙しばいが、まきものみたいで、おもしろかったです。うらになにもかいてないのに、おはなしできるのがすごかったです。いろんなものがでてきてすごかったです。また、見てみたいです。(小2女児)

夏の一日、日本よりもずっとアツ〜い インドへの旅を 皆さま楽しまれたようですね!
まだまだ続く 夏休み
 今年の夏を 目いっぱい! 楽しみましょう〜!


〈文責〉 N
〈編集〉 たぬき1号

posted by tarumioyako at 16:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

バジルソース作り

『バジルソース作り』レポート
日 時:2015年7月13日(月)・14日(火)10:00〜
場 所:かほりクラフト
参加者:13日(5名) 14日(6名)


バジルという名を聞いただけで、「体に良さそう・・・」「作ってみたい・・・」
と、ワクワクしますね。
でも、私は残念ながら参加できなかった(涙)ので、
13日に参加したIさんのレポートです。


********************

垂水おやこ劇場会員さんがオーナーのお店 “かほりクラフト”にて、
バジルソース作り体験イベントに、
須磨在住の会員2名、塩屋在住の会員外のお友達3名(幼稚園ママさん繋がり)で
参加しました。
真夏を思わせる猛暑日が続いており、この日も朝から照り付ける太陽の下、
塩屋の住宅街を上り進み、お店の看板を発見!! 
さらに近づくと、目の前に広がる原風景のような深々とした緑…
バジル1.JPG
お店の名前は知りながら、初訪問というお友達が、
「この景色って、夏休みのおばあちゃんちよねぇ〜〜」
としみじみ感動していました。

お店に到着すると、オーナーさんの姿は奥のお庭にありました。
辺りに漂う清々しいバジルの香り〜
すでに、畑でバジルを摘んで洗ってくださっていました。
下界より明らかに涼しいバジルの香りする風に吹かれただけで、
すでに心は随分とリフレッシュされていました。

お店の中に入りいよいよソース作り。
テーブルに広げたキッチンペーパーの上に丁寧にバジルの葉をちぎり、
並べて行きます。
キッチンペーパーで丁寧に水気をふき取り、バジルを持っていざキッチンへ…
オリーブオイルににんにくと松の実を入れ、
フードプロセッサーかブレンダーでギュイーーン。
バジル2.JPG

つづいてバジルの葉と残りのオリーブオイルを入れて、またまたギュイーーン。
さらに塩、胡椒、粉チーズを入れ最後のギュイーーン。
タッパーに移し、酸化防止の膜を作るためオリーブオイルを回しかけて…
はい完成! 
思っていたよりも簡単に出来てびっくりしました。

ソース作りが完了した私達はテーブルに戻り、
軽食の準備をして下さるのを待ちながら、小学校での子ども達の様子や、
ママさん方それぞれの近況、ムーブメントが起きている塩屋界隈の話など、
久々のママの集いでおしゃべりにも花が咲きました。
そしていよいよオーナーさん自家製バジルソース三昧のプレート。
バジル3.JPG
薄切りのきゅうりに飾られた冷奴にはそのまま、
マヨネーズと混ぜてふかしたじゃがいもやトーストに乗せて、
オリーブオイルを混ぜてドレッシング風にして…と色々な味を楽しめました。
「作りたてよりも少し置くと、にんにくや塩の尖がった味がまろやかになるよ〜」
とのアドバイス。
出来立てのマイソースをトーストに乗せてみたら、ん〜確かに若々しい味?! 
でもこれもまた美味しい! 
オリジナルブレンドのハーブティーと一緒に頂き、
たくさんおしゃべりして本当に美味しく楽しいひとときを過ごすことができました。
バジル4.JPG

それから数日間、我が家の食卓には、
色んな物に、混ぜられ、かけられ、和えられバジルソースが登場しました。
「レストランみた〜い!」
「おいしい! お母さんスゴ〜イ」

子ども達は絶賛してくれましたが、
お母さんはスイッチ押しただけなんやけど…と内心かなり恐縮しつつ、
いつもとはちょっと違った料理で家族みんな美味しく楽しめました。
来年もこの季節に企画があれば、美味しいソースを頂きにぜひ参加したい
と思っております。(I)

********************

Iさんのレポート、とっても楽しそう・・・
簡単に作れて、おみやげもあって、冷蔵庫や冷凍庫で保存できるそうですよ。

「かほりクラフト」のオーナーさんのように、ご自分の特技を若いママ達に
伝えることのできる活動も、おやこ劇場の自主活動のいいところですね。
みなさんも、何かやってみたくなったかな?       (ウグイス)


posted by tarumioyako at 12:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

たるみ寄席

「たるみ寄席」
日時:2015年7月19日(日)19時〜
会場:垂水年金会館3階ボランティアルーム
出演:社会人落語団体 午後の小噺


地元で、しかも1コインで、ナマの落語が聞ける!!!
もう、行くしかない・・・
ということで、行ってきましたよ。「たるみ寄席」

7月19日(日)は海神社のお祭りもあって、垂水駅周辺は大にぎわい。
その熱気が垂水年金会館ボランティアルームまで続いていましたよ。

オーディエンスの感想と写真で、楽しかったひと時を振り返ってみましょう。

午後7時、運営委員長のNさんの挨拶から始まりました。
落語1.JPG

浪漫亭 不良雲(ろまんてい ぶらうん)さんの口上に続いて、

立命亭 雷都(りつめいてい らいと)さんの「寿限無(じゅげむ)」
落語2.JPG

☆じゅげむがおもしろかったです。(小学生)
☆寿限無は、内容を知っていたけれど、噺家の演技に引き込まれました。
特に、お母さんが名前を呼ぶ前に、「はぁ〜」と、
息を思い切り吸い込んでから一気に早口で言ったり、
「ぱ・いぽぱ・いぽ」 などいろいろ言い方を変えたところが笑えました。
家に帰ってからも子どもと遊びました。(母)
☆まくらで、うどん・そば・ラーメンの食べ方を教えてもらいましたね。
マスターすると学校のお楽しみ会で落語ができそう・・・
やってみてほしいなあ!(ウ)

続いて、銀杏亭 魚折(いちょうてい うぉーりー)さんの「厩火事(うまやかじ)」
落語3.JPG

☆京都のサルというところがおもしろかったです。またみたいです。(小4)
☆魚折とかがおもしろかった。すごくおもしろかったから違う話をまた聞きたい。(小6)
☆初めて聞いた落語でしたが、夫婦の気持ちがよく分かりました。
子ども達にはちょっとむずかしかったかも。でも、この落語を聞いた男子達は
きっと、お皿より彼女のことを心配してくれる優しい旦那様になるでしょうね。(ウ)

そしていよいよ、お待ちかねの「大喜利」です。
頭文字作文に挑戦!!!
「午後の小噺」の3人が「お・な・ら」で夏休みの思い出の作文と
「は・げ・た」で海での出来事の作文を作って見本を見せてくれました。

会場から3人ずつが出演して
本番の1題目「な・つ・ま・つ・り」でテーマは『夜店』
落語4.JPG

☆大喜利に参加させてもらえたのが良かった。楽しませていただきました。
4番目か5番目をやりたかった…。(大人)

2題目「か・ぶ・と・む・し」でテーマは『花火』
落語5.JPG

☆おおぎり(?)が、とても楽しかったです。(小6)
☆おおぎりが楽しかったです。(小6)
☆最後の大喜利がとてもおもしろかったです。またやってみたいです。(小6)
☆すごくおもしろかったです! おおぎりが難しかった。(中3)
☆出演してくれたお父さんと男子達のユーモアと文才に感心しました。
話がテーマからそれていくのも楽しくて大笑い。(ウ)

最後は、お約束のプレゼントタイム。
落語6.JPG

楽しい時間は、あっという間に過ぎていき、お開きとなりました。
落語7.JPG

チケットもぎり、めくり、プレゼント渡しなどのお仕事に
子ども達が大活躍してくれるのも、おやこ劇場のいいところだなあ・・・

感想を書いてくださった皆様、ありがとうございます。
☆なまで落語を見るのは初めてだったけど、とってもおもしろかったです。
声がかわるところが、よかったです。またみたいです。
大喜利も初めてしって、家でもできるあそびでやってみたいです。(小学生)
☆初めて落語を見に来たのですが、とても面白かったです。
また見たいと思いました。(高1)
☆普段は生で見ることの出来ない落語を生で見ることができて、
良い体験になりました。(中3)
☆もう 久しぶりに大声で笑って笑ってスッキリしました。
落語は 数十年ぶり!だったのですが、また定期的にでもみたい!
と思いました。日常のモロモロをすべて忘れ、
おふたりの話術に引きこまれて本当に楽しいひとときでした。
ありがとうございました!!また 見たいです(#^.^#) (母)

ということで、ウグイスからの報告を終わらせていただきます。
「たるみ寄席」に参加された方、コメントをお寄せください。
残念ながら今回は聞けなかった方も、感想を書いてくださるとうれしいです。
(ウグイス)







posted by tarumioyako at 11:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

ドドーンと 子どもフェスティバル★2015

ドドーンと 子どもフェスティバル★2015

海の見える会場で 子どものための 世界でひーとーつだけの おまつり!

7月5日 (日) ドドーンと 開催されました!

遊んで 食べて 働いて! 子どもが ゆめいっぱい  大人も はらいっぱい!?

ぶっちぎり笑顔で トバしました!

当日の 会場の様子 スタッフの 感想 

いっぱいの 写真と共に レポートします。 いくぞ!

会場  神戸市立水産会館だ! 毎年 子どもフェスティバルで お世話になってます。
窓から 垂水漁港が見える。さすが水産会館 海に激近。
フェス1.JPG

今から 会場の 準備します。机を運んで ブースを作り、椅子を 数えて配り…
フェス2.JPG

入口の飾りつけ  青系統の色の ビニールテープで 涼しげに揺れる エントランス
子どもフェスティバルの文字は 2文字ずつ 子どもたちが書きました。
個性があらわれてるなぁ…
フェス3.JPG

入り口を入ったらすぐ 今年度 鑑賞例会の 案内掲示板 各コースとも 楽しみですな
フェス4.JPG

お店紹介

子どもたちのお店 紹介
ザ・人間すごろく
みんな バリバリ 準備中(?)
フェス5.JPG

お客さんが 続々と。 ハチマキスタッフも てきぱき 接客 誘導 マイクで宣伝
フェス6.JPG
「忙しかったけれど、お客さんが、たくさん来てくれて、よかったです。」(子どもスタッフ)
すくってGO!目指せ名人!
「小さい子でも思ったよりもたくさんすくっていて数えるのに時間がかかりましたが、一年生の娘は数を数えるお仕事ができて、とても嬉しかったようです。一つ一つゆっくり数える娘の横でお客さんの子どもも娘に合わせて数を数えてくれているその様子が微笑ましく思いました。」(子どもスタッフの母)

スタッフは ポイに紙を 張りまくる。
フェス7.JPG

それいけ〜 すくってGO!
フェス7.5.JPG

ハッピーレインボー
ここで 自分の好きな色の カラーゴムを 選んで
フェス8.JPG

フォークを 使って 編む 編む 編む…
フェス9.JPG

特別な 道具を使って 編む 編む 編む…
「お店で人に教えて喜んでくれてうれしかったです。」(子どもスタッフ)
フェス10.png

風船スライム
キター! 子どものこころを わしづかみ! ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる    テンション MAX どすえ! ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるるる
フェス10.5.JPG

パフェ・ポップコーン屋さん
ココア きな粉 青のり コーンスープ 袋にポップコーンと 粉を入れて シャカシャカ。
みんなはどの味 試したんかな? たぬき1号はきな粉食べたぞ。ナイス!うまかった!
ポップコーンと ジュースは、おやこ劇場フェスで おなじみの 子どもスタッフの行商人が会場回って 売り歩く。「ジュース1本ちょうだい!」と売れ行きも上々
ひんやりパフェは 早めに売り切れるくらい 大人気でした。

子どもも大人もパフェをバンバン作る作る! ポップコーンは火を使うので 大人が。
フェス12.JPG
「めっちゃ、楽しかった。また、やりたい。」(子どもスタッフ)
「楽しかった。アナウンスが、できて、良かった。」(子どもスタッフ)

大人の お店も ちょっとだけ紹介
須磨北おやこ劇場 
ぶっかけうどん、こぎつねごはん、かわいい雑貨
出汁をきちんととったおつゆをぶっかけた てんぷらうどん。サイコーうまかった〜
須磨北「入口すぐの場所だったので 来た人来た人に こんにちはーってあいさつしながらお店をしてました ^v^」
フェス13.JPG

ゆとり作業所
いつも 参加してくださいます。 今年はガラス製 はし置き キラキラ
涼しげな魚や 可憐なお花の ヘアゴム  ふくろうのストラップ  などなど
「試験中で来られなかった(残念!) 娘のお土産に 買いました」 (高校生の母)

フリーマーケット
皆様のご協力で… 良い品を! 安く! ご提供
フェス14.JPG

垂水おやこ劇場 大人グループ カレーライス
バックヤードは大忙し。 一味違う 垂水おやこカレー 大人気
フェス15.JPG

松岡珈琲フェスティバル出張店舗
「濃いめに淹れるのが おいしさのコツ」と 松岡珈琲さんよりアドバイス。毎年楽しみにされている会員さんも多数

青年の店
縁日の コイン落とし。大人は懐かしい 子どもは目新しい 
景品も 縁日っぽい 光るヨーヨーなど 
フェス16.JPG

第2部 和太鼓「鼓舞」 オン ステージ

フェスティバルの入場者にいったん退室してもらってからの、 第2部開演。 
入口も「鼓舞」ポスターで アピール完了
太鼓1.JPG

おやこ劇場の例会のように チケットを持って並び、係の子どもたちに チケットもぎってもらって、プログラムを受け取り 会場へ。すると フェスティバルの間 隠されていた 
太鼓やキーボード、鉦(かね)などの楽器が並ぶステージが出現していました!
客席も魔法のように整えられ、お客さん達の わくわく そわそわ が高まってゆきます。開演前のこのひと時、 良いですな〜 ほんと
太鼓2.JPG

開演! 大迫力! 聴いた人は からだに響く迫力に びっくり! 
音の迫力 演奏姿の迫力 太鼓の大きさの迫力! 鼓舞1号2号3号さんたちの筋肉!
太鼓3.JPG

アニメの歌も 演奏してくれました。 これは 妖怪ウォッチ体操第一 ヨーデルヨーデルヨーデルヨーデル 妖怪出るけん 出られんけん 
太鼓4.JPG

舞台の後は、 演奏者に 感謝を伝えます。いつもの例会のように 子どもスタッフが 
プレゼントをお一人ずつ手渡して、「ありがとうございます」とあいさつ。
太鼓5.JPG

なんと、体験コーナーがあって 太鼓を ドドーン! ばちの持ち方から習って、ドドーン ドドドーン! トコトン トコトン!
太鼓6.JPG

曇り空のもと アツーイ 子どもフェスティバル2015 
参加した人たちの 笑顔で締めくくりました。

<たぬき1号>
posted by tarumioyako at 13:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

子ども生け花教室

日本の伝統文化である「生け花」を体験してみませんか.

昨年度に引き続き、文化庁伝統文化親子教室事業の助成を受けて、
平成27年度「垂水子ども生け花教室」がスタートしました!

今年度第1回目の5月17日は、12人の子どもたちが生け花を楽しみました。
この日の花は、ハナショウブ、スプレーカーネーション、アマドコロ、ソリダゴ。
花型は、山形三角です。
先生(未生流庵家)は、ひとつひとつの花の説明をしながら、お手本になる花の生け込
みを見せてくださいます。
子どもたちは、じっと真剣な眼差し…。そのあとは、いよいよ実践です。
ひとりひとり悩みながら(?)生けていました。できあがった人から先生にみてもらっ
て完成です。
子どもたちは皆、自分の生けた花に満足そうでした。
次回は、6月21日。来年の1月まで、月1回、全8回です。(8月は休み)

スナップ.JPG

作品.JPG

事務所で、生けてある作品を見せてもらいました。
今の季節にぴったりのハナショウブとスプレーカーネーションは、
子どもたちの気に入りそうないろどりが、とってもステキ!!!

このブログを見て「生け花」をやってみたくなった人、お花が大好きな人、
今からでも申し込めますよ。
垂水おやこ劇場の事務所に問い合わせてください。まってま〜す
  TEL/FAX:078-706-1810
  E-mail :tarumioyako@m8.dion.ne.jp
   
posted by tarumioyako at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

春のおたのしみシアター会♪報告

春のおたのしみシアター会
3月28日(金) 垂水年金会館ボランティアルームにて

遅くなりましたが…
春のおたのしみシアター会
大盛況の様子を報告します

いろんな出し物がありました

まずは…
「はるが きた」 
小学生の母たちによるオリジナルペープサート 

012.JPG

続いては
「スプリング」
ベテランの母たちによるミュージックシアター 

027.JPG

ここでちょっと子どもたちの出し物を
小学校低学年の子たちによる記憶力クイズひらめき018.JPG

今みたペープサートの内容をクイズにするという
画期的な企画でした
当日初顔合わせ!の子どもたちでしたが
短い練習時間でセリフもカンペキでした〜手(チョキ)

ほかにもいろいろ…
ちょうちょとお花を作ったり
みんなでお菓子を食べたり
盛りだくさんで楽しみました

さてさて
ほかにも出演してくれた子どもたちを紹介します

幼児会員さん 春の例会「おひさま劇場」を紹介してくれました

042.JPG

みんなしっかり前に出てくれました!

そして司会進行してくれた5年生男子

011.JPG032.JPG

成長したなぁ…

最後になりましたが
足を運んでくださった地域の子どもたち&お母さん
ありがとうございましたハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

夏にかけて、垂水地域の親子むけイベントまだまだ企画中です!
お楽しみにるんるんるんるん

<報告 まりちゃん>
posted by tarumioyako at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

豪華!素敵! 〜X’mas フラワーアレンジメント〜

あけましておめでとうございます晴れ

今年も神戸垂水おやこ劇場をよろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)

新春最初の更新記事は、昨年末の行事報告から…

12月8日(日)、神戸市立垂水勤労市民センター会議室にて開かれた兵庫県子ども文化振興協会さん主催の「X’mas フラワーアレンジメント」に参加しました。

参加費なんと、お花代込みで、1,000円!という、とってもとっても、お得な講座でした!手(チョキ)手(チョキ)

いけばな未生流師範の先生の指導の下、お花の名前からきちんと教わりました。
白のコキアとスプレーキク(菊)、赤のスプレーカーネーション、緑のヒバ…
花材の色を揃えるだけで、ぐっとクリスマスらしいアレンジメントになるのです〜豪華!素敵!

それぞれの色にちなんだクリスマスの意味も教えていただき、知識も増えて、かしこくなりましたるんるん

CIMG4018.JPG

先生にお花の切り方、生け方も教わり、いよいよオアシス(台)にお花を挿していきますが…
ここからが子どもたちの創造性の凄いところ!

迷わず、自分で「ここ!」と決めたところにすっと、お花を挿し、出来上がるのが早い早いexclamation×2

先生もひとりひとりのよいところをしっかり見て、たくさんほめて下さいましたハートたち(複数ハート)

大人たちもゆっくり見守り、終始和やかな雰囲気で、予定時間よりもかなり早く終了しました。

豪華なお花で、お家のクリスマスがぱっと華やいだことと思います。
お花で楽しむクリスマス、いい時間をすごしました♪ 

CIMG4025.JPG

<報告:まりちゃん>
posted by tarumioyako at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

高学年キャンプ 親の感想

高学年キャンプ
8月15日(木)〜18日(日) 兎和野高原野外教育センターにて 

今年も行ってきました、垂水・須磨北おやこ劇場合同の高学年キャンプ

今回は、参加した子どもの親の感想をお届けします。

***********************

<小学校6年生・Sくんの母より>

どんなに勧めても頑なに拒否していたのに、青年、友だちからの電話で「行く」に急転回。
蓋を開けるとその友だちはとは別の班、私の心配をよそに第一回班会こそ同行したものの、
よほど安心できる場だったのでしょう。その後、いやな顔ひとつせず、一人で班会や買出しに出かけていきました。

キャンプ帰宅後も普段は粗雑な息子が、Tシャツの寄せ書きが消えないように丁寧に手洗いして大事にしている姿からも、本当に素敵な時をすごせたことが、伝わります。

やることは、荒くて、よくしゃべる、反面、ナイーブな面があり、見かけによらず、気にする性格で、傷ついた出来事もあったようですが、見守り、支えてくれた青年スタッフがいてくれたからこそ、嫌な思いは、楽しいキャンプの中のほんの一部分で、「また来年も絶対行く!」と、次から次へいろいろな思い出話が尽きないのだと思います。

細やかに連絡をくださった青年Yちゃんや、行く気にさせてくれた青年、友だち、暗闇が苦手な息子に真夜中、トイレに付き添ってくれたり、起こしてもいいよ。とやさしい言葉をかけてくれたりした同じテントの友だち、班の仲間、本当にありがとうございました。それから班会で目上の青年の方に対して、あまりに大きな態度で、注意したのですが、直っていなかったらすみません。

私自身も、説明会や報告会に参加して「百聞は一見にしかず」おやこ劇場の未知の世界を見たような気がしました。青年たちのキラキラして眩しいこと!そんな青年たちと4日間過ごせて、なんと幸せ。

そうそう、寝袋をたたむのが意外と難しいけど出来た?手伝ってもらったの?聞くと自力でして、しかも友だちのも手伝った、と。去年は、別のキャンプの肝試しでペアの一年生をおいて自分だけ逃げちゃったけど、高キャンでは、頑張ってエスコートした、と。やるじゃん!

************************

<編集:まりちゃん>
posted by tarumioyako at 10:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

垂水おやこ劇場の夏休み2013〜高学年・中学生編

前回の続きですグッド(上向き矢印)
今回は、高学年と中学生が楽しんだ夏イベントを、それぞれ紹介しますexclamation×2

**********

<高学年グループ夏休み企画「みんなで暑さ吹き飛ばせ!水遊び」>

8月20日(火)、青い空、青い海、真っ白な入道雲の見える夏らしいお天気晴れの午前中、
須磨水族園横の松林公園にて開催しました。
参加者は20名(大人7名、子ども13名)。

水遊びは、遊び用の貯水をバケツリレーするところから始まり、的当てやゲームをしました。

休憩タイムのおやつ黒ハートは、しゅわしゅわちゅるちゅる白玉ポンチexclamation&question
清涼感あるデザートに仕上げ、みんなで美味しくいただきました。るんるん

炎天下でしたが、松林の木陰で子どもたちは水遊びに、母たちはおしゃべりに花を咲かせて、
みんなで暑さを吹き飛ばせたと思いますexclamation
楽しいひとときでしたハートたち(複数ハート)

<報告:chiori>

**********

<中学生グループ会 ピザを作って食べよう!>

8月10日(日)17:30〜20:00 かほりクラフトにて
参加者:中学生4名、大人5名、小学生1名 計10名

まだまだ暑い中、塩屋駅に17:00に集合し、T君の先導で会員のNさんのお店
「かほりクラフト」を目指して塩屋の坂道を歩きます。
ややもうろうとしながら到着した私たちを迎えてくれたのは、レモンの香り。かわいい
かけつけ一杯に、と冷たい特製ジンジャーエールに生き返りました。

母たちは、夏休みの部活や宿題の進捗状況などの情報交換し(愚痴り?)ながら、
子どもたちにピザをつくってもらう気満々。
美味しいハーブティとおしゃべりを楽しみました。

子どもたちは、Nさんの指導で発行したピザ生地をのばし、トッピングに挑戦。
「ピザのミミを作りたい」とMちゃん。
みんなでいろんな種類のチーズを試食しながら、5種類のピザを美味しくいただきましたわーい(嬉しい顔)

食べ終わった後は、「せっかく集まったから、今のうち!」とばかりに、
中学生グループ担当の例会「ダルレの話」(11月3日(祝)松方ホール)
のチケットのアイデアも出し合い、原案を作りました。

帰り道、S君はまだまだ体力が余っているようで、飛び跳ねたり走ったり…

今回は、Nさんにたいへんお世話になりましたぴかぴか(新しい)
ありがとうございました。

<報告:nana>

<編集:まりちゃん>
posted by tarumioyako at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

垂水おやこ劇場の夏休み2013♪〜幼児・低学年編〜

この夏、垂水おやこ劇場では、小さいイベントがちょこちょこ行われましたるんるん

子どもたちがめいっぱい楽しんだ、垂水おやこ劇場の夏イベントをご紹介しますexclamation

**********

<幼児・小学校低学年グループ合同 スイカ割り>

特に幼児さんの子どもたちに、楽しみ仲良くなってほしいという思いから、今回は夏らしく「スイカ割り」をメインに遊ぶ企画をしました。

幼児グループのお母さんたちの声かけのおかげで会員以外の参加が多数あり、大人16名、子ども31名と予想以上の集まりでした。
厳しい暑さを考慮して、松林の下を使ったり水分補給を心がけたり、安全面のためにも大人グループのFさんご夫妻がスタッフとして来てくださったり、とても心強かったです。

まず、挨拶代わりに出席をとり、ゲーム「もうじゅうがりにいこうよ」をしましたるんるん
少し仲良くなったところで、幼児さんは「ビーチボールで中当て」小学生は「ドッチビー」をして体を動かしました手(グー)

CIMG3947.JPG

次に、1人に2,3個ずつ用意していた「水風船」で遊びましたあせあせ(飛び散る汗)
最年長4年生の4人が赤白帽をかぶり的になって逃げ回るというわーい(嬉しい顔)
ちっちゃな青年役を喜んで引き受けてくれました。頼もしい!ぴかぴか(新しい)

そしてお待ちかね「スイカ割り」手(チョキ)

CIMG3954.JPG

大きなスイカを2個用意し、竹の棒が折れてしまうほどの盛り上がりでしたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

最後に「ありとすいか」の大型絵本の読み聞かせを見ながら、甘くて冷たいスイカを満足そうにほおばるカワイイ笑顔が暑さを吹っ飛ばしてくれましたハートたち(複数ハート)

子どもたちの夏の思い出のひとつとなってくれれば嬉しいでするんるん

<報告:yuka>



posted by tarumioyako at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

七夕☆フェスティバル 大盛況!

七夕☆フェスティバル
7月7日(日)神戸市水産会館にて

たくさんの方のご来場、ありがとうございましたexclamation×2

今回は、写真で報告しま〜すハートたち(複数ハート)

まずは、エントランス〜
部活で忙しい中学生が、飾りを提供してくれました

IMG_3575.JPG

そして、オープニング
幼児さんのかわいいピアニカ&打楽器演奏るんるん

IMG_3542.JPG

さてお店です
まずは、小学生男子中心の忍者修行ゲーム

IMG_3539.JPG

中はこんな感じ

IMG_3562.JPG
IMG_3570.JPG

こちらは夏らしく晴れゼリーすくいゲームです

IMG_3555.JPG

それから、食べ物やさん
目玉は七夕☆そうめん

IMG_3557.JPG

小学生女子たちのスイーツ☆カフェ
フルーツポンチとホットドッグと、オリジナルデザートなど黒ハート

IMG_3549.JPG

垂水おやこ劇場のイベントではおなじみ?
Mおねえさんの手作りクッキー&ケーキ

IMG_3569.JPG

垂水と仲良し♪須磨北おやこ劇場さんのチヂミのお店かわいい

IMG_3565.JPG 

しかしなんといっても大人気だったのはこの2コーナー
まずは、プラ板工作わーい(嬉しい顔)

IMG_3551.JPG

そして、七夕ならではの企画
笹飾り作りワークショップ

IMG_3566.JPG

そして…おやこ劇場ならではの若い力…そう!青年の店

IMG_3554.JPG

もちろん、例会紹介のコーナーもありましたよぴかぴか(新しい)

IMG_3571.JPG

最後までごらんいただき、ありがとうございました〜

次回は例会と夏イベントの報告をお送りします手(チョキ)

<報告:まりちゃん>

posted by tarumioyako at 13:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする