2016年06月21日

いよいよ来月! パントマイムプラネット チカパンの大道芸!!

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

パントマイムプラネット
チカパンの大道芸!!


7月16日(土)  開演時間  14時  19時
7月17日(日)        14時
開場 20分前 上演時間 1時間


神戸アートビレッジセンター KAVCホール
全コース対象  幼児〜中学生以上コース


鑑賞時間を チケットに指定しています。 7月から新しいサークルに代わる方、ご注意ください!

神戸のおやこ劇場会員 全員で鑑賞する例会です。
グループ毎に指定時間があります。
3回公演です。 みんなでチカパンを見に行こう!


ハンガーにかかる色々な帽子。
関取、バニー、コックにロボット、謎のチャイナ帽。
どれもこれも、ろくなことになりゃしない。
最後に選んだ、大道芸人の山高帽。
お客さんを巻き込んで大道芸の旅に出ます。
笑いがあふれ、やさしい時間が流れます。

チカパンの大道芸!!.jpg

チカパン.jpg

チカパンはパントマイムを演じる役者です。

1987年に桐朋学園演劇専攻科を卒業後、東京マイム研究所にて故・並木孝雄からパントマイムを学びました。

時に言葉を使って演じる独自のマイムスタイルを確立し、全国各地で小さな子どもからお年寄りまで楽しめる複数のプログラムを巡演しています。

青空のもと東京都公認ヘブンアーティストとして大道芸も演じ、TV番組ポンキッキーズではキーズロボやガギグ原人などのキャラクターを演じました。

海を超えて2009年、チェコのマテジンカ国際人形劇フェスでは出演作「シアタートライアングル」(演出・くすのき燕)がグランプリに輝き、自身も主演女優賞を受賞しました。

演劇的なパントマイムの表現にこだわり、小さな身体で観客の想像力に語りかけます。


主催 : 神戸垂水おやこ劇場・神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援 : (公財)神戸市民文化振興財団・神戸市PTA協議会

おやこ劇場は会員制です。鑑賞例会に興味を持たれた方は、お問い合わせください。
お問い合わせ・申し込み → 神戸垂水おやこ劇場
              tel & fax : 078-706-1810
E-mail : tarumioyako@m8.dion.ne.jp


posted by tarumioyako at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

戦争童話集

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

小学校高学年・中学生以上コース 例会
関西芸術座 
「戦争童話集」
中央公論新社刊 「戦争童話集」より
作・野坂昭如  脚色・山本雄史  演出・松本昇三
4月10日(日)18時開演  神戸市立垂水勤労市民センター  レバンテホール

戦争童話集.jpg

新学期始まってすぐの4月10日(日)、垂水駅前のレバンテホールで鑑賞例会がありました。
みなさま ご覧になりましたか?
場面転換もなく、同じ場所で最後まで演じられました。
最初、「戦争童話集」という題名だけではどんな舞台なのかイメージするのが難しかったです。「戦争」なのに、「童話集」…?戦争なんて、童話と正反対のことじゃない、と思ったのでした。あらすじを読んでも、「風船の軍事爆弾」…は?非現実的デショー!?途中でしぼむんじゃないのか。と思いましたよ。竹やり訓練と同レベルですね。世界の現実を知らない…。

舞台は不思議なものでした。目立つものは何もない舞台に、四角い箱がいくつか置かれているだけです。学生たちが終戦の日に、呆然としている場面から始まりました。
これからどうしてよいのかわからない学徒動員の学生たち。彼らの後ろには、もう完成することの無い「ふ号兵器」が横たわっています。別の工場からやってきた学生も合流して、彼らは戦争で見聞きしたことをお互いに話しはじめました。

一人の学生が話します。すると、他の学生がそれに協力して場面を演じます。
しかし、舞台の装置が交換されるわけでもなく、彼らの衣装が変わるわけでもなく、ただ着の身着のままの状態で語りが続きました。

「ああ、これは、今まで聞いても人に話すことが出来なかったことを、やっと今人前で話せているのだな」と感じました。なぜなら、次々に語られる「童話」は、悲惨なものばかりだったからです。

オスよりメスが大きい種族の、大きすぎるオスのクジラが、潜水艦をメスクジラだと勘違いの片思いをして、爆撃から彼女(潜水艦)を守ろうとしてこなごなに吹き飛ばされてしまう話。
動物園の猛獣が危ないから、空爆の前に殺害しろと命令された飼育員が、殺せなくてゾウと共に山奥に逃げていく。しかし飢えたままでは、冬を越えられずに両方死んでしまう話。
戦闘があるはずだったのに、戦略から外れてしまった南の島に残されて、戦うことも無くただ飢え死にするだけの兵隊の今わの際の故郷への夢の話。
空爆の中で焼け死ぬ母と、残された子ども。母を亡くしたその子も、母を待ち続けて数日後に亡くなる話。

今まで聞いた事はある。という話がいくつかありました。しかし、目の前で生身の人間に生身の声で語られ演じられると、にわかにその出来事が「現実にあったこと」として感じられました。
そして、70年以上前の戦争の実態と、今現在も世界のいたるところで逃げまどっている人がいる現実に、気付かされました。

感想を一部紹介します
☆せんそうであんなお話しがあるとは、しらなかったので、びっくりしました。 (8才 女子)
☆とてもよかったです。たいへんなおもいを分かりました。こわさやひどさを分かりました。(6年 男子)
☆わたしは「せんそうのどう話」を見ていろんな人たちが、せんそうをのりこえているんだなと思いました! (6年 女子)
☆いろいろな戦争の話がきけてとてもよかったです。平和は改めて大切だなと思ったし、戦争の怖さも感じました。 (中1 男子)
☆戦争の悲しみやくるしみをよく考えることができた。こんな戦争を二度とおこさないようにしたい。 (中1 男子)
☆「戦争から71年がたって、こういう形で戦争の事をしることが出来てよかったと思いました。今も世界中では、戦争、紛争、テロなど人災は絶えず起こっているから、人の手で人を傷つけてしまうことをなくすためにも、自分に何ができるか考えていきたいです。  (高校生 男子)
☆原作を読んだことがある話もあったけど、本で読むのと実際に劇を見るのはやっぱり違うなあと感じました。特に「凧になったお母さん」は目を見張るものがあったと思います。やっぱり戦争は嫌だな、と改めて思いました。  (高校生 女子)

日本では先の戦争から71年たち、皮膚感覚として戦争を考えられる人はとても少なくなっています。しかし、この様な舞台を見ることで、生身の人間がその場で何を感じ、何をしていたのか、からだで感じることが出来ると思いました。この感想を見ても、それぞれの心に強くメッセージを受け取ったことが伝わってきます。決して喜ばしい出来事ではないけれども、現実としてある、そのことをそれぞれ自分自身で考えていきたいです。

文責 : たぬき1号




posted by tarumioyako at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

人形劇団夢知遊座「雨ふらんでケロ・たべたいなァ〜」例会報告

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。


【幼児・小学校低学年コース】例会報告
人形劇団夢知遊座
「雨ふらんでケロ・たべたいなァ〜」

日時:2016年4月3日(日)14:00開演
場所:KAVCホール


100人ぐらいのちびっことママ&パパで盛り上がった
幼児・小学校低学年コース例会・・・
例会担当運営委員のMさんの報告でお届けします。


春休みド真ん中の例会。
慌ただしい中にもかかわらず、たくさんの会員さんが観に来られました。

まず係のお手伝いを報告します。
今回、垂水からは次の3つの係をお手伝いしていただきました。
♪モギリ係
IMG_5089.jpg
希望してくれたのは、Uさん家族と、係のお仕事初挑戦のDさん家族です。
たくさんチケットをもぎることが出来て満足そうでした。
♪会場(くつ)係
こちらも初挑戦のIさんとKさんのコンビ。
平場に座る子ども達に優しく声かけし、靴の整理をしてくれました。
♪工作コーナー(てるてる坊主作り)係
「雨ふらんでケロ」のタイトルにちなんで、
来場した子どもたちに「てるてる坊主」を作成してもらうという、
またまた、おやこ劇場ならではのテンションの上がる工作コーナーを設置。
お手伝いくださったKさん、Yさん、他劇場の皆さんと一緒に作業し、
ピーク時には大忙しでしたが、
「てるてる坊主」に顔を描き満足そうな子ども達の顔にいやされました。
IMG_4978.jpg                  
お手伝いくださった皆さんありがとうございました。
IMG_1515.jpg

入り口の木の枝アーチ(神戸東おやこ劇場さん作成)に
思い思いに「てるてる坊主」をぶら下げたステキな入場口をくぐると、
ワクワクドキドキ人形劇の世界です。
開演10分前にもかかわらず、
夢知遊座さんのお二人が入り口でギターと歌でお出迎えしてくださいました。

IMG_6752.jpg

では、私達もゲートをくぐり、いざ会場へ‼
IMG_9189.jpg

夢知遊座さんのお二人ともがピッタリ息の合った人形劇で、
人形使いもとてもリアル。
カワイイ目をしたカエル君や、
恐いオオカミの役を演じる男性の声がとても上手く
グイグイと引き込まれます。
子ども達の笑い声やツッコミも自然と飛び出しました。
所々に出る名古屋弁と味噌カツなどの名古屋ネタ
大人にも笑えるアドリブ(?)を折り込み、会場全体が和む楽しい作品でした。

1作品目『雨ふらんでケロ』
周りの人にへそ曲がりな発言ばかりして困らせるカエル君のお話。
「カエルにはへそはないんだよ」というのが口癖。
クライマックスでは、
本当は素直でかわいくてお母さん思いなところが
観客席の胸をキュン(演者さんの表現です)と打ちました。


作品と作品の合間には、
マジック(?)の様な面白いトークショーで休憩タイム。

2作品目『たべたいなァ〜』
こわ〜いオオカミがお腹を減らせて出てくると、
その低音の音楽と声に、思わず立ち上がり、お母さんの元へ歩き出す子も。
いつも一人で遊び相手がいない子ぶたのララ子ちゃんが
たべられる代りに、
オオカミに3つの遊びをして欲しいと3つの最後のお願いをします。
遊びながら笑いと共に芽生える友情が伝わってくる、
楽しく心に響く作品でした。


会場を後にする時、たくさんの「てるてる坊主」の下をくぐりながら、
「雨ふらんでケロ〜」と余韻に浸りながら会場を去ったのでした。 
大人も子どもも夢中になれる夢知遊座さんの作品に、
またいつか出会いたいです。(M)

Mさん、楽しそうな報告をありがとうございました。
スポンジのような子ども達の心に、
夢知遊座さんの人形劇がしみ込んでいくようですね。
親子で共有できる素敵な時間を大切にしていきましょう。
おやこ劇場の例会や活動が、そのサポートをしてくれますよ。
byウグイス


posted by tarumioyako at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

小高・中学生以上コース例会 関西芸術座「戦争童話集」お知らせ

小学校高学年・中学生以上コース例会
関西芸術座 「戦争童話集」
日時:2016年4月10日(日)18:00開演(開場17:30)
   上演時間1時間30分(休憩なし)

会場:神戸市立垂水勤労市民センター レバンテホール

関西芸術座「戦争童話集」とは
・原作 野坂昭如 中央公論新社刊「戦争童話集」より
・脚色 山本雄史
・演出 松本昇三
「火垂るの墓」の原作者・野坂昭如の“忘れてはイケナイ物語り”。
戦争の悲惨な極限に生まれえた非現実の愛とその終わりを
“8月15日”に集約して描く鎮魂の童話集を舞台化。


ストーリーは
昭和20年8月15日− 日本のある軍需工場。
軍人たちが機械を壊しトラックに積んで逃げてしまったあと、
取り残された少年・少女が、
しなびた風船を前に、呆然とたたずんでいました。

彼らは「ふ号兵器」と呼ばれる風船爆弾を作る為に集められた学生たちでした。
この爆弾は、ジェット気流という偏西風に乗って、
アメリカ本土へ二昼夜でたどりつく、
エンジンも燃料もいらない日本の秘密兵器だったのです。
しかしこの日、日本は戦争に敗れ、
風船は飛ぶこともなく、ただのしなびた物体となっていました。
何をしていいのかわからない、
自分たちがどうなるのかもわからない学生たち。
その中で誰かが語り始めました。
そして次々に。
哀しいおとぎ話、
自分たちの見てきた、聞いてきた戦争の童話を。

もとになっている短編作品は
「八月の風船」
「小さい潜水艦に恋した でかすぎるクジラの話」
「干からびた象と象使いの話」
「ソルジャーズ・ファミリー」
「凧になったお母さん」


公演の写真など、詳しいことを知りたいみなさんは、
関西芸術座のHP(http://kangei.main.jp/)をのぞいてみてください。

おやこ劇場会員(小学校高学年・中学生以上コース)のみなさん
チケットは届きましたか?
戦争童話集.jpg
青年グループ(高校生〜社会人の会員)の手作りで、
本物の本のようになっていますよ

チラシは、レバンテホールでもゲットできます!
お友達にもどんどん口コミで広めてくださいね

会員以外のみなさん
神戸垂水おやこ劇場の事務所にお問い合わせください。
TEL/FAX 078-706-1810
E-mail tarumioyako@m8.dion.ne.jp


主催:神戸垂水おやこ劇場・神戸東おやこ劇場
   神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援:(公財)神戸市民文化振興財団・神戸市PTA協議会

(byウグイス)

posted by tarumioyako at 14:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

人形劇団夢知遊座「雨ふらんでケロ」「たべたいなァ〜」 例会お知らせ

幼児・小低コース例会のお知らせ

人形劇団夢知遊座
「雨ふらんでケロ」「たべたいなァ〜」

2016年4月3日(日)14:00開演(13:45 開場)
上演時間60分
アートビレッジセンター KAVCホール


「雨ふらんでケロ」
山ん中のおさびし沼に住むかえるの親子。ところがその子がえるときたら、へそもないくせにえらいへそまがり。大人の言うことの反対ばかり言っておった。おっかあは、それが心配で、とうとう病気になってしもうた。さて・・・
   原作 ●日本の昔話
脚色・脚注 ●鈴木宣隆
演出・舞台美術 ●鈴木宣隆
  音楽 ●永山千春・佐藤千夏
 
「たべたいなァ〜
子ぶたのララ子ちゃんは、パパにもママにも遊んでもらえず、いつもひとりぼっち。そこへ腹ペコおおかみがあらわれララ子ちゃん大ピンチ!
ララ子ちゃんは自分が食べられるかわりに最後のお願いをきいてとおおかみにたのみます。さて、そのお願いとは・・・。
ああ、ララ子ちゃん食べられちゃうのかなぁ。
原作 ●鈴木宣隆
脚本 ●佐藤千夏
演出・舞台美術 ●鈴木宣隆
音楽 ●佐藤千夏

HPより

夢知遊座ちらし.jpg夢知夢座チケットNEW.jpg
担当の幼児・小学生低学年グループさんが、
こんな素敵なチケット・チラシを作ってくれました!
当日は、会場で、垂水のお友達が、もぎりの係りも担当してくれます。


開演前に「てるてる坊主」を作って飾りませんか〜!時間に余裕をもってお越しください。会場に材料を準備してお待ちしてます


主催:神戸垂水おやこ劇場・神戸東おやこ劇場・神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援:(公財)神戸市民文化振興財団・神戸市PTA協議会

※会員の定例会です。一般の方は、お問い合わせくださいね。
神戸垂水おやこ劇場  ☎TEL/FAX 078-706-1810


<編集:NAOMI>


posted by tarumioyako at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

「アルパとラテンギターの調べ」 の すてーきな宵

みなさま!
見られました(お聴きになりました) か〜〜〜!?


去る 1月31日(日)の宵、JR神戸駅から徒歩しばらくの
神戸市産業振興センター  ハーバーホールにて 開催された 

「アルパとラテンギターの調べ」 を!

南米・パラグアイのハープで、スペイン語では アルパと呼ばれる 日本ではあまりなじみのない楽器と
ラテンギターの コンサートでした。
超絶テクニックの ラテンギタリスト 山田 恵範(じゃまだ・じょしのり)氏 (行った人はわかるヨネ)
優雅に にこやかに 超速でアルパを奏でる 増永 雅子 さん
もう一人の エレガントな アルパ奏者 山本 優子さん

三名の演奏者のすてーきなコンサートでした

最初ステージに入ってこられて 演奏を始められた時、 増永さんの カラフルなドレスや、 頭の花飾りがとても 華やかでした。

IMG04.jpg

初めて聴くアルパの音色は、キラキラ光り輝く粒が、ステージから降り注ぐような… 
華やかに空間を満たしていきました。
ハープそっくりだけど、アルパって言うんだよな〜と思いながら聴いていると、1曲演奏の終わったあと増永さんが 
「みなさん アルパってご存知ですか?」
ときかれました。ほぼ知らない観衆を見て
山田氏が「もっとがんばらないと(知名度アップを)」とつぶやかれました。
増永さんが
オーケストラのハープともとは同じで、ヨーロッパから南米に伝わった
オーケストラのハープは半音ペダルがあって、50キロくらい重さがあるが、アルパは半音ペダルが無くて10キロくらいの重さ
スペイン語では H の発音をしないので、ハープをアルパと発音する
ハープは指で弾くが、アルパは爪で弾くので音色が違う

などと 基礎知識を教えてくれました。「へぇーほぉー」と初耳なことばかりで面白かったです。
何より驚いたのが、パラグアイの現地では、アルパ奏者は、男性が主だということ。目の前にいる増永さんも山本さんも、どう見ても女性だし、男性が演奏する姿を想像するのが難しかったですね〜

最初 山田氏と増永さんでスタートしたコンサートは、途中セカンドアルパの山本さんが加わって、ますます華やかなアルパの音色で満たされていきました。
いろいろと話を交えながらコンサートは進み、たぬき1号は初めてアルパを聴いているのになぜか懐かしい曲の雰囲気だな〜と感じました。
一青窈さんの「ハナミズキ」が 4曲目だったのですが、それまでの曲とガラッと雰囲気が代わって、しみじみとした感じがしました。初めの3曲がアップテンポだったからかもしれません。アップテンポも、しみじみも両方とても気に入りましたよ。

IMG02.jpg

山田氏のギターメドレーあり、チャランゴという、小さいギターのような楽器の驚くべき話あり!
チャランゴは、胴の部分がアルマジロの甲羅(!!!)のものと、木のものと二種類あるそうです。山田氏はギター工房でアルマジロの方を弾いたことがあるそうですが、「ネックの元にアルマジロの顔があって、弾いていると目が合うようでちょっと無理かな、と思った」そうです。すごい、想像してしまう。

途中の休憩の後、増永さん、山本さんはドレスと頭飾りを変えて登場。

IMG06.jpg

華やかでした〜

2部は ビートルズメドレー、銀河鉄道999、コーヒールンバなど、日本人が知っている曲も演奏されました。山田氏の面白い話もますます好調で(大阪出身)観客も爆笑。国土の細長〜いチリの旅行では、空港を出た途端に体を斜めにして歩かないと…などなど。
増永さんも負けずに(?) 指にはめた半音調整用の金属のパーツで横山ホットブラザーズのあの名フレーズをサービスしてくれたり…

コンサートの後のプレゼントの時は、プレゼンターが着物で登場、華やかさ満開でした。

IMG10.jpg

たぬき1号は増永さんのアルパのと、山田氏のラテンギターのと2枚CD買ってサインもバッチリもらいました。
増永さんにアルパとの出会いを聞いてみたら、お父様の友人がご夫婦でブラジルに転勤され、そこで奥様がアルパをマスターして帰ってこられたそうです。その演奏を聴いたときに魅了されて、アルパを始められたそうですよ。名古屋の山本さんも、もともとは神戸の(!)方で、大阪の増永さんのアルパ教室に通ってアルパ奏者になられたとか。
増永さんのアルパ教室は現在もされているそうなので興味のある方は調べてみるとよいかも。

「アルパとラテンギターの調べ」 実はご夫婦の山田氏と増永さん、教え子の山本さんのとてもすてーきなコンサートでした。大満足で家路につきました。

報告 たぬき1号



 
posted by tarumioyako at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

例会「風の一座」報告

幼児・小低・小高コース例会
劇団風の子「風の一座」
1月10日(日)14時半開演
KAVCホールにて

楽しみにしていた例会、垂水の担当でした。事務局さん、担当の高学年運営委員さん、係りを受けてくれた皆さん、お疲れさまでした!
劇団への昼食や会場飾りつけ、みんなの力で盛り上げて、無事に終了しました。

入り口.jpg
会場の飾りつけは東おやこさんの、Iさんのシフォンのレースのカーテンからイメージが広がりました。
みなさんに葉っぱのご協力をお願いしたら、本当にたくさんの葉っぱが、寄せられて・・・。みんな違ってみんないい・・・いろいろな個性あふれる葉っぱで、
素敵な入り口の飾りつけが、出来上がりました予備に用意していたNのカーテンも利用してくれて、2重になった内側にも葉っぱが透ける凝りようで、帰る時にも見えるように会場内からも見えるような飾りつけです。
風を感じるような、奥山をイメージするような・・・、それぞれの想像を掻き立てるような入り口を通って、入場していただけましたか?

ウェルカムボード.jpg
こちらは、須磨北おやこさん作のウェルカムボードです。ここにも葉っぱが大活躍

垂水は、チケットもぎりを担当。会場係のお母さんも、係り打ち合わせに集合して責任をもって、お仕事をこなしてくれました。写真を撮りそこなってしまいましたが、係りをしてくれた、子ども達に感想を寄せてもらいました!
Y君と一緒に協力してできたので、お客さんを待たせずに入場してもらえて、良かったと思いました。(6年・S君)
チケットをブチッブチッとちぎっていくのは、気持ちよかった。それを友達と一緒にできて楽しかった!(6年・Y君)
モギリが、キレイに破れて面白かったです。また、やりたいです。(4年・Y君)

さて、いよいよ例会です。
満員のお客さん見守る、ステキな色使い、色々な仕掛けがいっぱいの舞台装置の中、はじまりました。
舞台.jpg
前半は・・・
たぬき1号さんの予想通り?、紙ヒコーキが飛び、(どこまでも・・・ではなく、ちゃんと戻るんです)落下傘も舞い、風を感じるようなセンスある、ステキな音も調和した、洗練された、表現でした。見えないモノが、見えるよう、とワクワクしました。ゲーム機などがなくても、遊べるよ〜と教えてくれるような、ヒント満載。劇場の子ども達ならどこかでやっていたり、ヒントを得て、これからの遊びに活用しちゃいそうですね

後半は・・・
「奥山譚」、猟師と木こりのおじいさんと子狸の切なくて、でも、心が温まるようなお話。
猟師は木こりのおじいさんには優しさも垣間見せ、生業である猟は循環する命についてを考えさせる深いものがありました。
涙なしには観られなかったですが、みなさんはいかがでしたでしょうか?

感想より(一部ご紹介)
・表現がおもしろくて、楽しかったです。服が、かわいかったです。紙飛行機が大きいのがあって、すごかったです。(6年・S花さん)
・とても楽しかったです。げきが、上手でした。声もきれいだったです。がっきをえんそうしていたのが、きれいでした。また、見たいです。(2年・S帆さん)
・すごくよかったです。また、どこかで見せてください。(1年・K介君)
・紙ひこうきの作り方、教えてください。(3年・Y太君)⇒1機お土産にいただいたの事務所においてますよ!
・とってもよかったです。体の動きであんなにいろんなことを伝えられるなんて、感動しました。
 最後の豆太のお話、ジーンときました。どうもありがとうございました。(大人・T美さん)
・工夫がたくさんあっておもしろかったです。(6年・Y真君)
・歌がいっぱいあって楽しかったです。まめたが、ちょっとかわいそうでした。おもしろかったです。(6年・N紀君)
・シンプルでちょっと感動しました!わざわざやってくれて、ありがとうございます。楽しい所もあったので、わくわくしました。表現力が、すごかったです!ヒュー・・・(5年・Mみさん)
※もっとたくさんいただいてますが、スペースの都合で割愛させてください

終了後搬出のお手伝いをしましたが、役者さんの舞台とのギャップにびっくり!!
同じ方に見えないというか、さっきの方と同一人物・・・?! さすが、役者さん。
たくさんの荷物、舞台装置や小道具、掃除機からポットまで・・・。一台の車にジグソーパズルのように隙間隙間にピッタリと収めて去っていきました。ありがとうございました!
色紙、アルソミトラの型紙や、劇中に登場したパラシュートなどのお土産いただきましたよ。
事務所に!!

〈報告:NAOMI〉


posted by tarumioyako at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

「アルパとラテンギターの調べ」のお知らせ

【中学生以上コース】
「アルパとラテンギターの調べ」


みなさ〜ん、明けましておめでとうございま〜す

会員のみなさん、チケットはお受け取りになりましたか?
早速ですが、クイズです。
この写真の人達は、何をしているでしょうか?
CIMG6338.JPG

正解は、例会のチケットを作っています。
今回のチケットは、大人グループの担当でした。
CIMG6349.JPG
いかがですか?

それでは、例会のお知らせです。

日時:2016年1月31日(日)18:30開演(18:00開場)
上演時間:1時間30分(休憩あり)
場所:神戸市産業振興センター ハーバーホール
演奏:増永雅子(ますながまさこ) アルパ
    山田恵範(やまだよしのり) ギター

      山本優子(やまもとゆうこ) セカンドアルパ

アルパコンサート写真.jpg

【アルパとは?】
スペイン語でハープのことをアルパといいます。
南米の内陸国パラグアイのハープで、
「パラグアイハープ」「ラテンハープ」ともよばれます。
オーケストラで使われるハープよりは小型で、
弦の数は約36本、共鳴胴は木製で重さは約7s程度。
爪で弦を弾いて演奏します。
音色は琴や、ギターや、マンドリンに似ているとも言われます。

【演奏予定曲】
コーヒールンバ
  ♪むかし、アラブのえらいお坊さんが〜♪
  なつかしい❤と思うか、新鮮でカッコいい💕と思うか・・・
  どちらにしても、
  ルンバのリズムに合わせて体が自然に動いてしまうかも・・・
コンドルは飛んで行く
  音楽の教科書にも載っている、アンデス音楽のテッパンの曲。
  ケーナなどのいつもの楽器ではない演奏が、楽しみですね。
  雄大なアンデス山脈をイメージしながら聞いてくださいね。
べサメムーチョ
  とってもムーディーで大人向きの曲です。
  日本語では、「強くキスして!」
  先日、NHKのあさイチで、イル・ディーボが歌っていました。

他、当日のお楽しみです。
増永さん・山田さん・山本さんの素晴らしい演奏で、
会場がラテンの空気に包まれることでしょう。
みんなで夢の中南米旅行を楽しみましょう。


主催:神戸垂水おやこ劇場・神戸東おやこ劇場・
   神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援:(公財)神戸市民文化振興財団・神戸市PTA協議会

★会員の定例会です。一般の方はお問い合わせください。
 お問合せ先  神戸垂水おやこ劇場
        TEL/FAX 078-706-1810

byウグイス



posted by tarumioyako at 17:31| Comment(5) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

劇団風の子「風の一座」告知

新年すぐの例会の 案内です
みなさま チケットは 受け取りましたか〜?


劇団風の子
「風の一座」 −いつでも、どこでも、どこへでも−

幼児・小低・小高コース例会

2016年1月10日(日)
午後2時30分 開演 (上映時間 70分)
神戸アートビレッジセンター (KAVCホール)

主催:神戸垂水おやこ劇場・神戸東おやこ劇場・神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援:(公財)神戸市民文化振興財団・神戸市PTA協議会

★会員の定例会です。一般の方は、お問い合わせ下さい。
神戸垂水おやこ劇場078−706−1810まで

「子どもは風の子、天の子、大地の子」
今日も、子どもたちの心に響く風を吹かせます。


さぁて、いったいどんな風が吹くのでしょう!?
ステージは、3つのパートに分かれているようです。

*イメージ遊び
 手をつないだり、顔やからだが触れ合って、イメージして、そして生まれる遊びの数々
 (なんだろう?となりの友達と手をつなぐのかな?)

*とばして遊ぶ
 おはなし「いろいろな雲」
 紙や布や紙ヒコーキを風にのっけて、飛ばしてみると…
 (KAVCホールで紙ヒコーキが飛ぶのか?どこまで行けるんだろ?)

*お芝居
 「奥山譚」(おくやまばなし)
 (どうやら、奥山でひとり暮らすおじいさんの所にダレかやってくるらしい…)


いったいどんなステージなんだ!! ぱれっとの写真も、ナゾの動きが写っている!!
あっ、もしかして、これが「風の一座」の 秘密技か!? 

ナゾは深まり、期待は高まる…

会員に告ぐ!当日遅れないように 神戸アートビレッジセンターに 集合だ!

以上!

告知担当は たぬき1号 (最近日暮れが早いので 家の前に たぬきがたたずむ…)





posted by tarumioyako at 13:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

ふくろうぼうや月夜のぼうけん

幼児・小学校低学年コース例会
『ふくろうぼうや月夜のぼうけん』 
11月3日(火・祝)  14:00〜  KAVCホール
IMG_3619 dawn.jpg

つげくわえさんの 人形劇「ふくろうぼうや月夜のぼうけん」
盛況でした〜!! 親子でわくわく楽しみました
盛りだくさんの 例会(事前・事後も満喫) を 
小学生母 Mさんの 報告で どうぞっ!



おやこ劇場歴9年近くになりますが、実は私この度初めて「つげくわえさん」に出会いました。「つげさん」人気の理由がよく分かった例会となりまいた。2作品とも子ども達の笑い声がいっぱいの楽しい作品でしたのでご報告します。

その前にまず、開演前の垂水会員さんの係と飾り付けについてご紹介します。

〈チケットもぎり〉
今回は垂水のMさん家族の3名でチケットもぎりの係をしてくださいました。2回目の体験ということでスムーズに出来たようです。

〈ふくろう笛〉
入場前に「フクロウ笛」を作成する工作コーナーを設置しました。垂水の母3名と高学年のSちゃんがお手伝い。事前にヤクルトの回りに紙を巻くところまでの作業、止まり木、枝、は垂水スタッフが作成。羽やくちばし、背景飾りは須磨北おやこ劇場さんが用意してくださいました。最後の仕上げは、来場した子ども達(大人も)が思い思いの目を描いて「フクロウ笛」を作成、飾り付けました。
IMG_9161.jpg

少しコツがいりますがストローを吹くと、ホーホーと鳴く、かわいいフクロウがススキと満月の夜空に並んでいる写真をご覧ください。 

IMG_1303.jpg    


さあ、それでは、いざ会場へ‼


★『ぷぷいのぷい』
言葉にならない赤ちゃん語だけの赤ちゃん人形と、犬・キリン・ライオン次々に出てくる動物の動きとだけで面白おかしく子どもから大人まで大笑いでした。

★『ふくろうぼうや月夜のぼうけん』
まだ飛べないふくろうぼうやの内緒の冒険は、ドキドキハラハラだけど可愛くって笑っちゃう。声のバラエティー、音楽、人形使いと「本当に、つげさん一人で演じられているの?」と思うくらいでした。 
 ラストシーンでは家に帰ったふくろうぼうやが、お母さんふくろうに「おかあさん淋しかったの?」「じゃあ、また僕が遊びに連れて行ってあげるよ」といった内容のキメゼリフ。「子どもが成長する喜び」と「少し淋しい気持ち」大人へのメッセージ性もある、心がほっこりする作品でした。

★最後に『事後交流会』
 子ども達のリクエストに応えてお話中の人形一つ一つを取り出して説明してくださいました。子ども達のするどいツッコミにもさすが「つげさん」上手く対応、大笑いのひと時でした。挙手にて沢山の質問が出る中、最後に「ストーリーは自分で作られたのか」といった内容の質問に、「つげさん」の娘さんが幼いころのエピソードにちなんでいることを教えてくださいました。「つげさん」の心の中にある娘さんへの思いがいっぱい詰まった作品だったのだと知り、終演後に再びじんわりとストーリーを心に刻んだり、わが子がもっと幼かった頃の事も思い返すことができた事後交流会でした。
とにかく元気な「つげさん」またいつか違う作品でもお会いしたいです!


最後になりましたが、子ども達の感想がたくさん届いていますのでご覧ください。


すごく分かりやすかったです。
また、つげくわえさんの人形げきがみたいです。
TAMURA 3年


たのしかったです♡ なつめ  6さい

ふくろうぼうやのにんぎょうげきをみてすごかったです。
こえがすてきでした。
きょうすけ  小1


ふくろうぼうやのぼうけんが、
さいしょはとべなかったけど、とべておもしろかったです。
そうすけ  小1


いろんな声が出ていて、すごいなと思いました。
ライオンとかねずみとか犬がおもしろかったです。
人形を作ったりうごかしたりするのがむずかしそうでした。
紗帆 2年

すごくおもしろかったからもういっ回見たいです。
ゆう花  2年8さい


ふくろうがかわいかったです。
たくさんの人形があっておもしろかったです。
涼花 6年


ねずみが「かけっこ」といったら、ふくろうが「かけこっこ」
といったのが、おもしろかったです。
佑哉 4年


赤ちゃんがおもしろかったです。          
ふくろうが、「かけっこ」を「かけこっこ」      
と言うのがおもしろかったです。           
莉子 2年7さい



子どもにも 大人にも 好評でしたね
ふくろう笛 かわいいです
また つげさんに会えますように


文責 : M
編集 : たぬき1号
posted by tarumioyako at 13:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

鼓舞響彩レポート

小高・中学生以上コース例会
民族芸能アンサンブル若駒
『鼓舞響彩』

日時:2015年10月31日(土)19:00開演
会場:神戸新聞松方ホール


みんなが楽しみに待っていた『鼓舞響彩』
この例会のテーマは
神戸おやこ劇場40周年記念例会
〜響かせよう笑い声 輝けみんなの笑顔〜


今回の例会のチケットは、幸せを呼ぶ獅子のデザイン
FullSizeRender.jpg
いつも会員さんの手作りで、センスのよさに感動します。
今回は青年の心のこもった力作です。
若駒さんに会えるのが、ますます楽しみ!!

ということで、会場のゲートには、
かわいい≪バルーンアート≫

鼓舞響彩1.JPG

ホワイエには、おやこ劇場の過去と未来がぎっしり
垂水が担当した、≪夢の木≫
鼓舞響彩2.JPG
こども達のでっかい夢がじゃらんじゃらんと
たわわにぶらさがりました。


神戸4劇場の≪活動紹介パネル≫
鼓舞響彩3.JPG
垂水の内容は、高キャン・地域例会・自主活動・グループ活動、などなど
めちゃくちゃ盛りだくさん・・・


なつかしい例会パンフレット
手づくりチケット・例会当日の資料など

鼓舞響彩4.JPG

開場前のスタッフの最終打ち合わせ
鼓舞響彩5.JPG
たくさんのスタッフのみなさん、
例会を盛り上げてくださり、ありがとうございました。


18:30 開場

ステージはもう、≪若駒ワールド≫
鼓舞響彩6.JPG

19:00 高校生3人の前ふりの後、
いよいよ≪鼓舞響彩≫のはじまり、はじまり〜

スキャン_20150921.jpg
@因幡(いなば)のかさおどり【鳥取】
 ・農民たちが身を守るために、武術の技を盛り込んだ
 ・雨乞いのために踊った
 ・『貝がら節』も
○たいこと笛の音色がきれいでした。(6年)

A若駒仕立ての寿獅子
 ・はしご登りの曲芸
 ・おかめ(前)とひょっとこ(後)の滑稽なやりとり
 ・無病息災の願いが込められている
○獅子にかまれてうれしかった。これで残りの年は病なし。(6年)
○昔、中国の人が神様を想像したといっていた。その神様がすごくおもしろかったです。(3年)

B備中神楽【岡山】
 ・大蛇を退治することで、治水への願いが込められている
 ・岡山まで何度もお願いに行って、教えてもらった
○へびが大きくてびっくりした。中で動かしてみたい。(6年)
○おろちの衣装がとてもはくりょくがありました。(4年)
○へびがきれいでした。(1年)
○本当の動物みたいでした。(5年)
○小学生の時の岡山のキャンプで『備中神楽』を見たことが急によみがえりました。(大人)


Cソーラン節
 ・会場全員での総踊り
 ・事前ワークショップ参加者の踊り
鼓舞響彩7.JPG
○一緒におどれてよかったです。太鼓が凄くなりひびいて、迫力がありました。(6年)
○きんちょうしたけど、ちゃんとおどれてうれしかった。(2年)
○みんなで踊ってとても楽しかった。舞ってすごい力があるんですね。(大人)


D三浦半島城ケ島のぶち合わせ太鼓【神奈川】
 ・別名「けんか太鼓」ともいわれ、豊漁を願う和太鼓演奏
○太鼓を10分くらい続いてたたいてすごかった。(6年)

あっという間の公演が終了し、
プレゼント渡しでお開きとなりました。

CIMG6326-thumbnail2.jpg

たくさんの感想をありがとうございました
全部載せられなくて、ごめんなさい

会場全体が盛り上がった『鼓舞響彩』
40周年にふさわしい例会でしたね
これからも、例会場でお会いしましょう・・・
byウグイス

posted by tarumioyako at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

ふくろうぼうや月夜のぼうけん

秋の例会 第2弾は 幼児・小学校低学年コース
くわえ・ぱぺっとステージの
「ふくろうぼうや月夜のぼうけん」

11月3日(火) 文化の日(おお〜すばらしい)
KAVCホール 13時45分 開場   14時 開演

おやこ劇場とも御縁の深い 人形劇役者 つげくわえさん。今年の2月に 中学生以上コースで 西村和子さんと 大人向けの人形劇を 見せていただきました。 
面白かったよね〜 笑いすぎるくらい 笑ったよね〜

みなさま よく御存じですね。 え、あんまり知らない? 
じゃ、知ってる人に聞いてね。オイ!

今回は、 作・演出・出演 すべて つげくわえさん
こどものふくろうの おはなしです。

あらすじ
「ふくろうのこどもはね、お月さまの光をうけてすこしずつ大きくなれるんだよ」とかあさんふくろうは言いました。でも、まちきれないふくろうぼうやは、そっと、夜の森にあそびにでかけました。ないしょのぼうけんは、ちょっとこわくて楽しいんです。

どんなおはなしなんでしょう  おやこで どきどき わくわく ほっこり できる 
たいせつな時間に なりそうですね。

担当の小学校低学年グループの 母たちが チケットつくりました。

KC4A0038.jpg

おわかりになりますか? 月夜にキラキラ お星さま
三日月が 右端に 浮かんでいます
良いですね〜 いつも思いますが、おやこ劇場のチケットは手が込んでいて、例会の期待感を高めてくれます
10月18日の 来年度 例会企画総会の時に 小学校低学年グループの Uさんに 見せてもらいました。
(例会企画総会も 面白いから、 来年度はぜひ!ご参加くださいませ)

お得! 情報
開演前 かわいい “フクロウ笛” つくれます

終演後 つげさんとおしゃべりできる 交流会 あり

おたのしみに!

くわえ・ぱぺっとステージ
「ふくろうぼうや月夜のぼうけん」

主催:神戸垂水おやこ劇場・神戸東おやこ劇場・神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援:(公財)神戸市民文化振興財団・神戸市PTA協議会

★会員の定例会です。一般の方は、お問い合わせ下さい。
神戸垂水おやこ劇場078−706−1810まで




文責・編集 たぬき1号
posted by tarumioyako at 15:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

例会「鼓舞響彩」事前ワークショップ 報告

例会「鼓舞響彩」の事前ワークショップの報告です!    ※10/9ブログ参照

10月11日(日)アートビレッジセンター4階の練習室3にて
13:30〜15:00

民族芸能アンサンブル若駒さんより、藤堂真沙子さんに来ていただき、南京玉すだれソーラン節を教えていただきました。垂水からも子どもたちが10人ほど参加。
関西弁のはりのある声が響く、メリハリのある楽しいワークショップでした。
若駒 玉すだれレクチャー.jpg
まずは、「南京玉すだれ」・・・もともと飴売りが、道行く人たちの注目を集めるためにした芸だそうですよ。
お囃子の口上を習って、(とっても上手な少年が!)あ、さて、あ、さて、あ、さて、さて、さて、さて、さては南京玉すだれ・・・
持ち方を教えていただき、(左手で持ち、落ちてこないように。方向を間違えると、ばらばらになってたいへんなことに
玉すだれが手元に配られると・・・ワクワク・・・ 最初は、あちらこちらで持ち方が逆になって、バラバラになって、藤堂さんが走り回る事態にでもコツをつかむと・・・若駒 玉すだれレクチャー3.jpg
浦島太郎の魚釣り竿
住吉大社の太鼓橋(お隣さんとつなげて)錦帯橋
ゾウさん 
と次々いろいろな技を習いました。これを最後には、お囃子に合わせて、通しでできた、呑み込みの早い皆さんでした。
浦島太郎魚釣り竿.jpg
〈浦島太郎の魚釣り竿〉

若駒 玉すだれレクチャー4.jpg
〈住吉大社の太鼓橋〉

若駒 玉すだれレクチャー6.jpg
〈太鼓橋をつなげて錦帯橋〉

若駒 玉すだれレクチャー5.jpg
〈ゾウさん〉

なが〜く伸びた「魚釣り」から、戻すときや、ばらばらになったときに戻すとき、あまりに手間取ってしまったら、「あ、さて、あ、さて、・・・」で間をつないでもらい、後ろをむいてこっそり直して、ほかの人がさりげなく、隠すのよ。と教えていただくと、さっそく素晴らしいチームワークで隠してあげていて、思わず笑ってしまいました基本を覚えたので、あとは、応用でいろいろな形を作れるそうです

次は、「ソーラン節」・・・学校で習う南中ソーランとは、少し違う、ソーランですが、漁をするときの所作になぞらえて教わると、すぐにマスターして元気に踊っていました!若駒 ソーラン節.jpg

若駒 ソーラン節2.jpg
例会当日は東おやこ劇場さんが用意してくれるハチマキや垂水おやこ劇場で大事に保管していた衣装もつけて、舞台で披露します。それまで忘れないようにね・・・。

最後には、挨拶の仕方も教えてくださいました。正座をして手で床に三角を作り、おでこを近づけます。
「ありがとうございました。」

参加した子どもたちから感想をもらいました
たますだれが、おもしろかったです。いろんなものがつくれて、たのしかったよ! ソーラン節も、いっぱい体をうごかせておもしろかったです。二つともとっても、楽しかったです!!(2年・Sちゃん)
知っているソーランとはちがってたけど、おもしろかったので、よかったです。
南京玉すだれは、いろんなわざがあって、たのしめました。(5年・Mちゃん)
おもしろかった。また、やりたい。(1年・T君)
難しそうに見えて、意外と簡単でぼくにもできた! 開いた玉すだれをもどすのが、早くできるようになった。(6年・N君)
南京玉すだれは、簡単にできて、おもしろくて、ソーランはダンス一つ一つ覚えやすい振りになっていました。
本番が楽しみです。(6年・Sちゃん)
南京玉すだれを実際に体験できたのが、楽しかったし、おもしろかったです。そして「浦島太郎の釣り竿」という技が決まった時は嬉しかったです。(6年・Y君)
ソーラン節を踊ってみて、南中ソーランとは違うリズムや動きでおもしろかった。玉すだれは色々な形ができるのに、近くでみたら作りが簡単なのにおどろいた。(6年・K君)
玉すだれをやれて楽しかった。(1年・S君)
南京玉すだれが、少しでも手から離れると伸びてしまって難しかったけど、初めて出来て良かったです。(6年・N君)
〈報告・編集 NAOMI〉
posted by tarumioyako at 12:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

鼓舞響彩

神戸おやこ劇場は40周年
〜響かせよう笑い声 輝けみんなの笑顔〜

民族芸能サンサンブル若駒
「鼓舞響彩」
〜小学校高学年・中学生以上コース例会〜
スキャン_20150921.jpg


2015年10月31日(土)
開演19:00(開場18:30)
神戸新聞松方ホール
(全席自由)
一般券 2500円
松方ホール友の会会員(前売のみ) 2000円


身を守るために、武術の技を盛り込んだ傘踊り
梯子登りの曲芸や、おかめひょっとこの滑稽なやりとりに、無病息災の願いを込めた寿獅子
大蛇を退治する事で治水への願いを込めた備中神楽
サントコドッコイ!テンポアップしながら、たたき上げる別名けんか太鼓ともいわれ、豊漁を願うぶち合わせ太鼓
 
 日本には、こんなにも多彩な芸能があるのです。
 この作品は、日本の芸能をただ披露するだけでなく、気持ちのこもった演技となぜ、このような芸能がうまれたのかやさしく語ることで、観客のみなさんに私たちの祖先の願いや思いが、これらの芸能に込められていることを伝えます。 
 太鼓や笛が鳴り出すと、その場はお祭りになります。
 面白いだけでなく、自然と共に暮らし、また、お互いを認め合い理解し合う中でこれらの芸能を生み出した祖先の想像力にふれることで、観た人の魂が響き合う初めての体験が待っています。

【民族芸能アンサンブル若駒】
 1969年大阪市城東区で結成しました。以来、日本舞踊、三味線、狂言、鼓、琵琶など、日本の伝統芸能を学び、数々の作品を作り出してきました。
 1971年、全国児童。青少年演劇協議会に、1997年に日本児童・青少年演劇団共同組合に加入し、児童・青少年のための作品を数々生み出してきました。
 現在、近畿地方を中心に、年間150ステージの公演活動と和太鼓、民舞の教室活動を行っています。



 
 この例会は、40周年のお祝いの意味も込めて全会員さんが観られるようにコース外の方にも特別鑑賞チケットを配布します。
 会場には神戸おやこ劇場の活動の様子を紹介したパネルや過去の例会のチケット、「ゆめの木」を展示したり、これまで観てきた例会のあゆみの冊子を用意します。
 是非、ゆとりを持って来場して、ご覧くださいね。

posted by tarumioyako at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

「鼓舞響彩」の事前ワークショップのお知らせ

民族芸能アンサンブル若駒「鼓舞響彩」事前ワークショップ




神戸おやこ劇場40周年記念例会「鼓舞響彩」の事前ワークショップを開催します。
日本の民族芸能に親しみ、例会をいっそう楽しみましょう。
ワークショップに参加した方は、例会当日《10月31日(土)19時開場》に舞台でソーラン節を踊ることができますよぜひぜひご参加を!! 
玉すだれ.jpg

とき2015年10月11日(日)午後1:30〜3:00
ところ神戸アートビレッジセンター(KAVC) 
4Fリハーサル室2
内容南京玉すだれ ソーラン節
参加費:(玉すだれ貸出料含む) 会員1000円  
会員外1200円
定員30人(先着順)
持ち物お茶、タオル (動きやすい服装で)
申し込み:メールにて kobe.chuo@leaf.ocn.ne.jpへ
           
お名前(会員の方は劇場名)、学年(大人の方は「大人」とお願いします。)、電話連絡先を明記してください。


電話問い合わせ
垂水おやこ劇場   078−706−1810


〈編集 NAOMI〉
posted by tarumioyako at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

例会感想「不思議ってステキ!!」

幼児・小低・小高コース例会
OHオフィス
「不思議ってステキ!!」
おやこ劇場ブログ用 太田ひろし.jpg
2015年6月7日(日)14:00開演
アートビレッジセンターKAVCホールにて


例会当日、梅雨入りはしていましたが、お天気の心配もなく、よかったです。
当日、係り集合で、OHオフィスの太田ひろしさんが主になり、打ち合わせが、ありました。
垂水からも、挨拶やチケットもぎり、昼食持ち込み(会場近くの有名な松岡珈琲店の卵サンドとコーヒーを用意してくれました)、会場係とたくさんの会員が係として関わりました。
挨拶もタイミングをしっかり打ち合わせて、小学生ながら立派なスタッフです・・・
マジックショーを成功させる秘訣をお聞きして、係のメンバーも重要な鍵をにぎっていると感じました。こちらもとても緊張してきました・・・。マジックショーは、会場のみんなで盛り上げるものなんですね。

そして会場いっぱいのお客さんの中、本番!!(入り口では、チケットもぎりも頑張ってくれていましたね。)
垂水おやこ劇場の子どもたち4人の挨拶では、かわいいカードも手作りで用意して本番前にも陰で練習した甲斐があって大成功。
スピード感あふれるマジック、次から次へと目をパチクリしてしまうような技が飛び出します。
何よりも太田さんのトーク、本当に楽しくて、笑いと驚きのあっという間の1時間目
中盤では、会場に「将来マジシャンになりたい人」と助手?の呼びかけがあり、なんと垂水おやこのY君が、真っ先に手を挙げて、たくさんの希望者の中から選ばれました。立派に助手を務め、ロープなどの素晴らしいマジックを成功させたY君、何年か後には、どこかでマジックを披露しているかもしれませんね。
もう一人の助手は、「宇宙飛行士になりたい人」で、これもまた炎のロケットを成功させていました!

例会アンケートでは、
*楽しかったです。他のマジックも見たいです。不思議なマジックがたくさんあっておもしろかったです。
*身近に自分の目ですごいマジックをみれてよかったです。また、ちがうときに見たいです。これからもつづけてください!!がんばれ!!
*すごくわくわくどきどきしました。、また、来て下さい。
*全てのマジックがすばらしかったです。前にも出させてもらえてうれしかったです。ありがとうございました。
*しかけも何も分からないマジックでぼうぜんとしてしまいました。おもしろかったです。
*ハトが消えたり出てきたりしたのが不思議。びっくりした。すごいと思った。

等々感想がたくさん寄せられていました。

次から次へテンポよく繰り出されるマジックを見つめる子ども達の表情が、目に浮かびます・・・。
きっと目がまん丸になっていたことでしょうね。
太田ひろしさん、ステキな時間をありがとうございました!
NAOMI
posted by tarumioyako at 11:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

「不思議ってステキ!!」

おやこ劇場ブログ用.jpg【幼児・小低・小高コース例会】
神戸おやこ劇場は40周年〜響かせよう笑い声 輝けみんなの笑顔〜
OHオフィス
「不思議ってステキ!!」



出会った瞬間から何かがはじまる!次々飛び出す不思議!ふしぎ!
シンプルな舞台に、リズミカルにダイナミックにあなたを誘う
ハートフルマジック!
搬入から搬出、打ち合わせに至るまで楽しめるマジックショー!

日時  6月7日(日) 14:00開演
場所  アートビレッジセンター KAVCホール


************
主催:神戸垂水おやこ劇場・神戸東おやこ劇場・神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援:(公財)神戸市民文化振興財団・神戸市PTA協議会

★会員の定例会です。一般の方は、お問い合わせ下さい。
神戸垂水おやこ劇場電話078−706−1810まで
************
今月のぱれっと(会報誌)にチラシ、対象コースの方にチケットが入っています。
チケットは、担当の小低コースの作成で、仕掛けの楽しい力作です
チラシの色は、作成に来てくれた会員さんのおひざちゃんK君が選んでくれたそうです
久しぶりのマジックショー、どきどき、わくわくしますね
posted by tarumioyako at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

ベッカンコおに

劇団なんじゃもんじゃ20周年記念作品
ベッカンコおに

【神戸垂水おやこ劇場 小学校高学年・中学生以上コース例会】

鬼って一体どこにいる 人の中に鬼はいる
人も鬼になれる
あなたは人か鬼か   わたしは人か鬼か
鬼って一体どこにいる


笛吹峠にべっかんこ顔をからかわれていた鬼が住んでいた。
里には目が見えなくていじめられていた、ゆきという娘が住んでいた。
二人は一緒に暮らすようになった。
ゆきは幸せになればなるほど鬼のベッカンコ顔が見たくなった。
「鬼の顔は恐いがそれでも見たいか?」
そう鬼が聞いたが、ゆきは
「見たい!」
と言った…


**********************************

 7月13日(日) @15:00 A19:00 開演
場所 神戸アートビレッジセンター KAVCホール


主催 神戸垂水おやこ劇場 神戸東おやこ劇場
   神戸中央おやこ劇場 神戸須磨北おやこ劇場
後援 (公財)神戸市民文化振興財団 神戸市PTA協議会

*会員の定例会です。一般の方はお問い合わせください。

お問い合わせ・お申込み
神戸垂水おやこ劇場 電話電話・FAX  078-706-1810
posted by tarumioyako at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

おはなしくじらのおもちゃ箱

おはなしくじらのおもちゃ箱
演じ手:けんけんくじら


手遊び、歌遊び、おはなし遊び〜
おもしろい話、おかしな話、ちょっとこわい話など世界の民話やおはなし
音遊びやわらべ唄

お話だけでなくいろんな遊びを通して、
たくさんの気持ちが湧き出てくる。
まるで本物のおもちゃ箱をひろげたような時間

演じ手 けんけんくじら プロフィール

幼稚園教諭、保育士を経て、劇団風の子に入団。
全国各地のおやこ劇場、小学校、保育現場での巡回公演に参加。
また、海外でのチルドレンフェスティバルを経験。
現在はフリーで活動中。
全国児童青少年演劇協議会加盟。
東京おもちゃ美術館、学芸員。おもちゃコンサルタント。




日時 6月8日(日)14時開演
場所:神戸アートビレッジセンター KAVCホール



主催 神戸垂水おやこ劇場  神戸中央おやこ劇場
   神戸須磨北おやこ劇場 神戸東おやこ劇場

後援 (公財)神戸市民文化振興財団 神戸市PTA協議会

*会員の定例会です。一般の方はお問い合わせください。

お問い合わせ・お申込み
神戸垂水おやこ劇場
電話電話・fax 078-706-1810
   
posted by tarumioyako at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

たかはしべん「たんぽぽのうたがきこえる」

たかはしべん音楽事務所
「たかはしべんコンサート たんぽぽのうたがきこえる」


♪ すべての子どもに 歌ってあげたい
 空の広さを 海の深さを
 いのちの輝き 歌ってあげたい
 心に咲いた 小さな花の
 耳を澄ませて 瞳を閉じて
 ほら、たんぽぽの うたがきこえる ♪


たかはしべん プロフィール(公式HPより)
 埼玉在住。自分で作詞作曲をして歌う、シンガーソングライター。
 十代後半にアメリカのフォークソングと出合い、
平等や、平和や、人権を歌った歌に感動、
 自分でもギターを片手に歌い始める。
 キングレコードから、子どもの自殺の悲しみを歌った
「空を飛ぶ子ども」を発表。
地元川越や埼玉県から音楽活動を始め、
今、全国の子ども劇場、おやこ劇場 小・中学校高校、
公共ホール、子どもの団体などで全国を飛び回っている。


*********************************************************

日時 4月26日(土)19時開演
場所 兵庫県民会館 県民ホール


主催 神戸垂水おやこ劇場 神戸中央おやこ劇場
   神戸須磨北おやこ劇場 神戸東おやこ劇場
後援 (公財)神戸市民文化振興財団 神戸市PTA協議会

*会員の定例会です。一般の方はお問い合わせください。

お問い合わせ・お申し込み
神戸垂水おやこ劇場 
電話 電話・FAX 078-706-1810
posted by tarumioyako at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする