2020年06月26日

おうちでおやこ劇場 vol.8

神戸垂水おやこ劇場は、まもなく32周年を迎えます。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動しています。
********************
        おうちでおやこ劇場  vol.8
                   【心に残った鑑賞例会 そのG】

人形劇団「京芸」   http://www.kyougei.com/

★ おしゃべりなたまごやき 1975年8月 (…45年前!)
 神戸におやこ劇場が生まれるきっかけになった例会で、私にとっても忘れることができないものです。多分、まだおやこ劇場ではない「親子劇場準備会」で、この例会も準備例会だったと思います。
 当時大学生だった私は、先輩や同学年の友達に誘われて見に行きました。会場は神戸文化ホールで、神戸市内から集まった子ども達や大人達で一杯でした。
 作品は、もちろん素晴らしかったです。それまで、けこみを使った人形劇しか知らなかったので、出遣いの演者さん達が、大きな人形を持って舞台狭しと走り回りながら演技をされるのを見て、とても驚き、そして感動しました。
 その後、卒業までの1年間、事務局のお手伝いのアルバイトをさせていただきました。神戸の子ども達に生の舞台を見せてあげたいと、当時の運営委員のママやパパ達が精力的に活動されていた姿を間近に見させていただきました。
 この例会作品の原作絵本は、私の娘たちも大好きで、お休み前に毎晩リクエストされました。ちょっと長いので、読んでいる私の方が寝てしまうこともありました。 (ウグイス)
         IMG_20200626_000211.jpg
ウグイス家で読み継がれた『おしゃべりなたまごやき』
寺村輝夫作/長 新太画(福音館書店)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ★ 漫才の星になるんや」 2003年
♪私がよかったのは、「漫才の星になるんや」。こどもが喜んでいました(^^) (ひーさん)
         IMG_20200626_120101.jpg
♪もう17年前になるのですね。神戸垂水おやこ劇場バス遠足、京都・宇治市にある人形劇団京芸さんのアトリエに訪問させてもらったのは。少しずつ山の中へバスが進むにつれて、どんなところだろうと親も子も胸を躍らせたことを思い出します。
 京芸さんの「一度遊びに来て下さいね」の一言で、「行きたいね」。「行こうよ」。という話になったと思います。それからの交渉は当時の事務局長のMさんが京芸の方と話を重ねてくださいました。いまさらながらありがとうMさん。
 アトリエに入ってからの子どもたちの、ここはどこ? 何があるの? 不思議そうな眼差しは今も忘れません。案内されたのは劇団さんのホール。練習や話し合いを重ねてたくさんの作品を作った様子が目に浮かぶ場所でした。
 特別に観せてもらった人形劇、息子のM彦に聞いたら「あおくんときいろちゃん」と答えが。
私は忘れていました(笑) たくさん人形を触ったり、担がせてもらった(M彦の表現です)こともしっかり覚えているそうです。
(私は恥ずかしながら古いストーブとお弁当を食べるときに入れていただいた温かいお茶を覚えています。宇治のお茶ですね。)秘密の場所、人形たちの部屋ものぞきました。
 宇治の四季折々で違う顔を見せる、京芸さんのアトリエ。温かく迎えてくれた劇団員のみなさん、素敵な時間をありがとうございました。
 もちろん、この年最後の鑑賞例会、 「漫才の星になるんや」 最高の盛り上がりでした。(マミ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      神戸のおやこ劇場で観た作品(一部)
  2013年  はらぺこ団
  2011年    ばびぶべパペットカーニバル
          当時の様子は ↓↓↓
  2010年  火よう日のごちそうはひきがえる
  2008年  どろんこげきじょうパートU
  2004年  えだまつこずえのリュックサック劇場
  2003年  漫才の星になるんや
   …
  1975年  おしゃべりなたまごやき
          
     たくさんお世話になりました(^^)
********************

文まとめ:Nanafusigi
編  集:SACHI         
 
posted by tarumioyako at 15:22| Comment(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: