2020年05月01日

おうちでおやこ劇場 vol.1

神戸垂水おやこ劇場は、まもなく32周年を迎えます。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動しています。
**********
 おやこ劇場のみんなに会えない日々ですが、ブログを通して繋がれたらいいな、との新企画のシリーズ名が決まりました
「おうちでおやこ劇場」
YUKAさんの案です  
応募してくださった皆さん、ありがとうございました

投稿してくださった会員さんの感想で今までの活動を振り返りながら、おやこ劇場や劇団さん・アーティストさんの魅力に迫ります!

**********
【心に残った鑑賞例会 その@】
劇団かかし座 http://www.kakashiza.co.jp/
かかし座 とにかく綺麗で感動します。(たかちょう)
「ねずみのとうさんアナトール」…劇場に入会して間もない頃、子どものために観に行ったのですが、初めてみた影絵は高度な技術と美しい世界で大人の私も魅了されました。(ジャスミン)
「魔法使いのおとぎばなし」…垂水おやこ劇場の影絵が観たいとの願いがかなった例会で、地域でも事前に影絵のワークショップをして皆さんに楽しんでもらいました。(NAOMI)

※かかし座さんは「YouTubeかかし座チャンネル」でライブ配信のほか、今、週替わりで手影絵を教えてくれる「教えて!影女!!」に取り組んでいます。あなたもチャレンジしてみてね!
https://www.youtube.com/user/KAKASHIZAjp

**********
おまけの話:鑑賞例会の係@
おやこ劇場では、子どもも上演の時のお手伝いの係をします。

子どもの時好きだった係…「もぎり」(アリエル)
わが子でなくても、子どもたちが大人同様に誇らしげにチケットもぎりをしている姿は、何回みても嬉しくなります。(Nanafusigi)

**********
 今、これまで経験のないようなことになって、いろいろなことを我慢しなくてはならなくなって不安だと思います。企画総会で話し合って楽しみにしていた例会も残念ながら延期や中止となりましたが、命あってのこと、医療現場ではまさに危険と隣り合わせで闘っておられ本当に祈るような気持ちです。大切な命を守るために、お互いにがんばりましょうね。なんでもないような日常が本当に貴いものだったと気付かされます。
 創造団体さんもたいへんな苦境と思われます。こうして振り返ると例会でいろいろな出会いがあり親子で心の栄養をいただいてきました。ありがとうございました。なんとか乗り越えてお会いできますように。(NAOMI)


文まとめ:Nanafusigi
編集:NAOMI

posted by tarumioyako at 09:55| Comment(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: