2019年12月20日

『はなさかじいさん』 例会告知

災害で被害を受けられた方にお見舞い申し上げます。

垂水おやこ劇場は、32周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。



[幼児・小学校低学年・小学校高学年コース例会]

人形芝居燕屋 + 吟遊打人
『花咲爺〜はなさかじいさん』

CIMG6838.JPG


日時:2020年1月13日(月・祝) 開演 14:00
    開場 13:40  上演時間1時間
開場:デザイン・クリエイティブセンター神戸 KIITO ギャラリーA
    三宮からフラワーロードを南へ徒歩で約20分
    地下鉄海岸線 三ノ宮・花時計前駅から徒歩10分
    ポートライナー 貿易センター駅から西へ徒歩10分


枯れ木に花を咲かせましょう・・・

日本に古くから伝わる死と再生の物語「はなさかじいさん」が、
和楽器や仮面、モノによる表現で楽しいお芝居になりました。
ガッキとモノとヒトによる、
今のこどもと昔こどもだった人のためのお芝居。


くすのき燕さん(脚本・演出)からのメッセージ

この芝居のポチは、扇と座布団で出来ていて、目も鼻もありません。
しかし、それを観客の皆さんは、命あるものとして観てくださいます。
ポチが死を迎えると、扇だけが残ります。
扇は、舞台上で木や満開の桜に変化します。
親密な空間の中で、ひとときだけ命の花を咲かせる、
観客の想像力と生の舞台が織りなす魔法の時間です。
様々な場所で、満開の花を咲かせたい。
そう願っています。



<人形芝居燕屋>さんのプロフィール

くすのき燕のひとり人形芝居で全国を巡演。
他劇団の演出も数多く手掛ける。
演出作 ゛Four Seasons “ は、
チェコの国際人形劇フェスティバル「マテジンカ ’09」でグランプリを受賞。
「のそのそにょろにょろ」などで、厚生労働省社会保障審議会推薦を受ける。


<吟遊打人>さんのプロフィール

和太鼓奏者・塩原良の企画プロデュースによる、和太鼓&創作芸能ユニット。
塩原は、
2007年 第6回東京国際和太鼓コンテスト 大太鼓部門最優秀賞受賞。
2012年 南信州地域づくり大賞(県知事賞)受賞。
2016年 スウェーデン、ストックホルムのスウェーデン太鼓講師に指定。


      

情報

会場がとーっても広いので、
開演前(1時頃から)「お楽しみコーナー」を設けます

なつかしの昔あそびコーナー

温かい食べ物コーナー

写し絵で桜の木を作るワークショップ

飲食OKのスペース  など

是非、お立ち寄りくださいネ


お問合せ・お申込み

神戸垂水おやこ劇場
TEL/FAX 078-706-1810
E-mail : tarumioyako@kobe.zaq.jp


(文責 ウグイス)




posted by tarumioyako at 08:54| Comment(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: