2017年11月10日

『糸による奇妙な夜』 例会報告

垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。

小学校高学年・中学生以上コース鑑賞例会
人形劇団ココン
糸による奇妙な夜
日  時:2017年11月3日(祝)18:30
上演時間:1時間
会  場:神戸アートビレッジセンターKAVCホール

ビターでシュールな、ちょっと大人向けの人形劇が見られるということで、
ワクワクしながら会場に向かいました。
会場の階段を上ったら、いきなり素敵なお出迎えが

IMG_4307.JPG

18:30 ヤマダトシヒコさんのご挨拶の後、会場内が真っ暗になり、

第1夜 生誕の夜

ココン 生誕の夜.jpg

ソプラノのゆったりとした歌の中で赤ん坊が目覚め、
激しいフラメンコの踊りへ。
2体の人形の動きと音楽がしっかりシンクロして、
時には、かわいいしぐさに会場から笑い声も聞かれました。

第2夜 8つのシカク(カタチの夜 1)

白い立方体が8つ、頂点と頂点でくっついていて、
あくびをしたり、しゃっくりをしたり、
さまざまな形と表情のワンダーランドでした。

第3夜 ぼくってなに?

ぼくってなに?.gif

よっぱらいのおじさんがバクダンくんの導火線に火を点けてしまいますが、
あらっ!?
不思議な結末にビックリでした

第4夜 シカクの枠(カタチの夜 2)

シカクの枠.jpg

算数の時間にストローで作った正方形や立方体を思い出しました。
2次元の正方形が3次元の立方体になっていく、
シカクのシカケが気になって、まばたきをするのも忘れていました。
2つの立方体が重なり合うところは、
糸がもつれないか心配でドキドキしました

第5夜 大きくなりすぎたペペちゃん

大きくなりすぎたぺぺちゃん.jpg

まず、「ペペちゃんって何?」という疑問が…
次に、ペペちゃんの食欲に驚きました
リンゴもかごも、駅にいた犬も、
箱の中に落ちてきた物は何でも一飲みです。
そして、おばあさんも箱の中に落ちてしまいました。
おばあさんの運命はどうなるの?
この後は秘密です

第6夜 まわるカタチ(カタチの夜 3)


まわるカタチ.jpg

回る立体に光が当たり、ストロボ効果で、
まるでイリュージョンの世界を見ているようでした。
動画で紹介できないのが、残念です。

おまけ かさのアニメーション

傘に描かれた模様が、
ストロボ効果でストップモーションのように見え
とってもきれいでした

ただの物体が、糸に操られて命を吹き込まれ動き出す。
人形だけでなく、立方体や円錐形までも、表情があり感情を持っている。
糸の先の物から目が離せない1時間でした。
byウグイス

posted by tarumioyako at 18:44| Comment(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: