2017年05月19日

『m o m o concert』例会報告

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。


中学生以上コース 例会報告
『m o m o concert』

日時 2017年4月23日(日)19:00〜
会場 神戸アートビレッジセンター KAVCホール

神戸生まれ神戸育ちm o m oさんのコンサートの報告でーす

IMG_1552.JPG

お花の鉢が並べられたステージに椅子1脚とマイク1本

「こんにちは〜」
「木村モモです」と自己紹介からコンサートは始まりました。

まずは、演奏曲目を紹介します。
第1部
シンガポールの朝
Introduction(序奏)
  u〜 ru〜とハミングが入ってステキ
ここでMC
「おやこ劇場なので、生い立ちの紹介など…
 小学校6年の時、コンサートでギター演奏を聴いて…」
戦場のメリークリスマス
走れメロス
禁じられた遊び
  ギターといえばこの曲ですね〜
Flow
  フローというのは、幸福度が高い状態のこと…
  楽しいことを思い浮かべながら聴いてください

第2部
PRAY(祈り)
  2011年の東日本大震災の映像を見ながら
  音楽をやっている意味を考えてできた曲。
  目の前にいる人に届くように弾いている自分がいる。
  復興のシンボルの曲に採用された。
  東北の人達の役に立ててうれしい
スカボローフェア
Little Prince
  サン・テグジュペリの『星の王子様』の言葉
  「とても簡単なことなんだ。
   心で見ないとよく見えない。
   大事なことは目にはみえないってことさ」
  をベースに作詞し、英訳してもらった歌も歌います
ムーミン谷に行ってみたい
You're my hope
  ニューヨークで作った100曲の中の1曲
Africa!!!
Fire Dance
  15万年前のアフリカをイメージした曲です。

アンコール曲
アルハンブラの思い出

次に、会員さん達の感想です。
・ギターをたたくと音が出て、ちがう所をたたくとちがう音がでておもしろかったです。(小4)
・ギターをたたいたりしてすごかったです。またみたいです。(小6)
・とても心にひびきました!またききにきたいと思ったです!私はエレクトーンをやってて、とてもギターにきょうみをもちました。(中1)
・とてもねむたくなりそうでした。それほどいい曲ばっかりでした。大きくなったり小さくなったりしてよかったです。(中1)
・すごかった。Fire Danceがすごかった。(中1)
・いろんな曲をつくっていてすごいと思いました。いろんな曲が聴けて良かったです。(中2)
・曲の雰囲気がかっこよかったりしてすごかったです。(中2)
・知らない曲ばかりだったけど楽しんで聴くことができました。(中2)
・1本のギターで色々な音を出せるってかっこいいですね。(中2)
・いろいろなギターの演奏がきけてとても楽しかったです。いい時間がすごせました!!(中2)
・とても心に残る良い演奏でした。私は吹奏楽部なので、いろんなすごい所にずっとおどろきっぱなしでした。また聞きたいです。(中3)
・オリジナル曲、かっこよかったです。演出も話も愛がありとてもキラキラしてました。(高1)
・すごく感情的な音楽ですごく浸ってしまいました(笑)ギターのすばらしさをあらためて実感しました!!すごくいい時間をすごさせていただきました!ありがとうございました。(高2)
・なかなか見ないギターのソロライブでいつもとちがってよかった。(高2)
・You Tubeで聞いたことのある「戦場のメリークリスマス」がきけてよかったです。(大3)
・とても良かったです。小さな手の女性が弾いているギターの音とは思えませんでした。ギター大好き!!(大人)
・とても心に響く演奏ですてきな夕べでした。声もやさしいステキな声でした。(大人)
・ギターも声も素敵!!でした。(大人)
・モモちゃん、かっこ良かったです!(匿名)

神戸生まれ神戸育ちで、今も神戸を拠点にグローバルに活躍されているm o m oさんのコンサート。
楽しみに待っておられた会員さんも多いはず!
私は初めて聴かせていただきました。
指の動きが速い!
1本のギターなのに、メロディーと伴奏とパーカッションが同時に聞こえてくる!!
オリジナル曲のテーマが分かりやすい!!!
驚きと感動のコンサートでした。
中学生や高校生・大学生の会員さん達のもわしづかみ
また聴きたくなる例会でした
m o m oさん素敵な音楽をありがとうございました。
これからのますますのご活躍をお祈りしています

byウグイス



  
  
 
posted by tarumioyako at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック