2020年05月22日

おうちでおやこ劇場 vol.4

 神戸垂水おやこ劇場は、まもなく32周年を迎えます。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動しています。


おうちでおやこ劇場 vol.4

【心に残った鑑賞例会 そのC】

くわえ・ぱぺっとステージ  http://kuwae.o.oo7.jp/
「ふくろうぼうや月夜のぼうけん」 2015年 
 fukurou1.jpg ふくろうぼうやつきよのぼうけん.jpg
私のお気に入りは「くわえ・ぱぺっとステージ」。劇団のほとんどの作品を鑑賞していますが中でも「ふくろうぼうや月夜のぼうけん」は一番です。鑑賞例会、地域公演…何回鑑賞したでしょうか? 観るたびに新しい感動があり正に舞台は生きものです。
 この作品を最初に観たのは20数年前。今も続けておられるので随分長く愛されている作品ですね。じっと感情移入して見つめる幼い子ども達と自立していこうとする子どもを見守る親の温かさと強さに感動しました。当時子育て真っ最中だった私は子育ての視点を学び、子どもと過ごす時間の大切さを感じました。
 それにしても、最後に昇ったお月様、きれいでしたねー。 (狸囃子)
2015年の鑑賞例会の様子は… http://tarumioyako.seesaa.net/article/429577571.html

「かたっぽかたっぽどこいった?」 2000年  
 3歳から観ているのですが、残念ながら幼児の時の作品はあまり覚えていません(^^;)
ですが今回のアンケートを書くのに母と色々話しました。「かたっぽかたっぽどこいった」といって靴下をさがしていたそうです(^^)/ (アリエル)

くわえ・ぱぺっとステージ&人形芝居ひつじのカンパニー合同企画
 人形芝居ひつじのカンパニー
 http://hituji.wixsite.com/hituji
「あなたがうまれるまで」 2003年
anauma-2-83bd6.jpg
 娘たちは当時3歳と5歳。子育てに追われていた日々に、忘れそうになっていた「生まれてきてくれてありがとう」という気持ちを、とても楽しく、そして感動的に思い出させてもらいました。(Nanafusigi)



おまけの話

【鑑賞例会のチケット】
 神戸垂水おやこ劇場では、鑑賞例会ごとに担当グループでチラシやチケットをつくります。創る楽しみ(ちょっぴり生みの苦しみ?)と、手にする楽しみで、劇を待つ楽しみも膨らみます♪
チケット作りは苦手でしたがサークルの人たちと作るのは楽しかったです。 (ジャスミン)
「あなたがうまれるまで」のチケットが素敵でした。モモを開くと、へその緒につながれた赤ちゃんが出てくる! もらってとても嬉しかった♡ (Nanafusigi)
あなたがうまれるまでチケット.jpg

【鑑賞例会のお土産】(手作り物差し)
 こんなのを公演日に土産として観に来た人にプレゼントしました。事前に皆で集まって内職の如くワイワイ言いながら作りました。こんな時間が懐かしくいい時間だったなと思います。(狸囃子)
ふくろうぼうやのものさし.jpg



心に星が輝き始めた〜なぜだかぼくの両手が熱いよ〜
おばあさんがハエをのみこんだぁ〜
夜はこわい〜だけどステキ〜
ガランピーガランピー〜
川はいつも始めは小さな川だけど〜
心満たされるまで花とはなしてくるがいい〜

 私が家事をしながらよく口ずさむ歌です。例会の後に子ども達と歌った思い出がその時の笑顔と共によみがえります。コンサートで私自身がジーンと感動した曲もあります。
 今、人と会えずしんどい日が続きますが、懐かしの曲を声に出して歌ってみましょう! 何だか両手が熱くなってきますよ。演者さん達からもらったメッセージが心に生きているはずです。
(狸囃子)

**********

文まとめ:Nanafusigi

編集:NAOMI

posted by tarumioyako at 12:43| Comment(2) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

おうちでおやこ劇場 vol.3

 神戸垂水おやこ劇場は、まもなく32周年を迎えます。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動しています。


おうちでおやこ劇場 vol.3


家族でおやこ劇場
〜たかちょうさんちの場合〜


【心に残った鑑賞例会 そのB】

 ロバの音楽座「森のオト」 2012年   

今回の企画「おうちでおやこ劇場」の為に
昔からの“ぱれっと”(神戸垂水おやこ劇場の会報誌)を出して読んでいたら、
今は全然例会に来なくなった長男(高校2年)が
『歩く』という曲覚えてるわ。あの曲好きやったな」と歌い出しました。
凄く嬉しかった。(長男は当時小学4年)
私は“おじいさん役”で舞台に上がらせてもらったのですが、
その事は子ども達3人とも覚えていてくれてませんでした。残念(^^;)
 
※当時の報告は…http://tarumioyako.seesaa.net/article/390480337.html
 
《ロバの音楽座》 http://www.roba-house.com/robamu.html


人形劇団むすび座「ピノキオ」 2014年
 
IMG_20200507_145233.jpg

今中学3年の次男のお気に入りは、むすび座の「ピノキオ」
広い会場も巻き込んでの演出が凄く印象に残ってるようです。(当時小学4年)
 
《人形劇団むすび座》 https://www.musubiza.co.jp/

*YouTubeチャンネルは…
https://www.youtube.com/channel/UCBcTNFFO-g1BkMPt2OlcOcg?view_as=subscriber


民族芸能アンサンブル若駒
「でべそ版ずっこけ狂言 でんでんむしむし48」
 2018年
 
でんでんむしむし.JPG


今中学1年で3人きょうだい1番下の娘は「でんでんむしむし48」。
ノリノリで楽しかったとのこと。(当時小学5年)
 
※当時の報告は…http://tarumioyako.seesaa.net/article/460673148.html
 
《民族芸能アンサンブル若駒》 https://www.wakakoma.co.jp/

    


おまけの話 【鑑賞例会の係B】

自分のことではありませんが、
毎回上演前の「あいさつ係」の“約束”が可愛くて楽しみにしています

※おやこ劇場では、上演前に「あいさつ係」の子どもたちが舞台に出て、挨拶をします。
“約束”とは、劇を観るためのマナーのこと。 
小さい時から、観る人も演じる人も、気持ちよくその舞台を楽しめるように心がけています 

    
 
学校も休みになり、外出自粛が続き、
なかなか持てなかった家族の時間がたっぷりあります。
今回はアンケートを通じて子ども達と今まで見てきた鑑賞例会の話をすることができました。
楽しい時間でした。(たかちょう)

文まとめ:Nanafusigi


たかちょうさんとお子様たち、感想をありがとうございました。
三人三様の感想に、子ども達の感性を感じられて嬉しくなりました。
実は、我が家もロバの音楽座の大ファンです。
『「ジグ」空想の船』のCDが出てきました。

ジグ.JPG

久しぶりに古楽器の優しい音色に癒されたいと思います。

編集:ウグイス

posted by tarumioyako at 18:04| Comment(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

おうちでおやこ劇場 vol.2

神戸垂水おやこ劇場は、まもなく32周年を迎えます。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動しています。
********************
おうちでおやこ劇場  vol.2
【心に残った鑑賞例会 そのA】

人形劇団むすび座

ピノキオ
鑑賞例会を企画する段階から下見に行き、事前交流会を実施して演出の大野さんの話も聞きました。心が動くいい作品に出会えてよかったです。(NAOMI)
IMG_20200507_145233.jpg

☆西遊記
子どもたちの歓声が忘れられません。(ジャスミン)

西遊記「天竺への道」の巻
私がまだ6歳の時でした!孫悟空の人形が客席の上を大きな觔斗雲(きんとうん)に乗ってバビューンって飛んで行ったのをめちゃくちゃ覚えています。人形がフリスビーの上に乗っているようだったのですが、本当に孫悟空が空を飛んでいて衝撃でした。人形劇の概念(おちびなのでそんなものはまだ形成されていませんが)が変わりました。自分の頭の上を人形が飛んでいくというスリル…!!とてもワクワクしました!(きたきつね)

西遊記「天竺への道」の巻
ダイナミックな舞台と生き生きとした人形たち、そして、深い台本に心が動きました。いろいろな失敗をしながらも、仲間と協力してたどり着いた天竺。ラストシーンから「人生無駄な経験は何もない、経験してきたことこそが宝」というメッセージを受け取りました。(Nanafusigi)

********************
    おまけの話     鑑賞例会をさらに楽しく♪

むすび座さんの「アラビアンナイト」当日の「ランプづくりのワークショップ」は大盛況でした。(NAOMI)
IMG_20200507_145019.jpg

アラビアンナイトの会場の入り口からロビーまでの「アラビアンナイト・インスタ映えコーナー」は良かったなと思います(^^)(たかちょう)
IMG_20200507_145047.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鑑賞例会の係A
私のお気に入りは「プレゼント渡し係」です!さっきまで遠い存在だった演者さんとすぐ近くにまで行けて、ちょこっとですが直接話せたりするからです!もうドキドキですよね。
一番印象に残っている出来事は、「西遊記『天竺への道』の巻」の時です。
当時6歳の私はたまたま主人公の孫悟空の人形遣いのお兄さん担当でした。
近づいていくとその人の汗というか、演じ終わった後の熱気がすぐそこにあって「すごい一生懸命やってたんだなあ」って思いました。
そして、プレゼントを渡したら「ありがとう」って握手をしてくれたのですが、その手が何とも汗と人形がブレンドされたかぐわしいにおいを放っていて、子どもながらに「ぬぉぉ なんかすごい人や」という気分になりました。
握手し終わった後も自分の手からそのお兄さんのにおいがしばらく離れなくてなんだか嬉しかったです。(きたきつね)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 思えばたくさんの作品や人に出会わせてもらったなあ、と感じています。
おやこ劇場に入れてくれた両親や、この作品が良いのではないかと限られた予算内で頭を悩ませ作品選びをしてくださった方々、たくさんの関わりの中で私をかわいがってくださった多くの方々、素晴らしい作品を届けてくださった創造団体の方々すべてに感謝です。
現在の新型コロナウイルスの影響下では、音楽や劇鑑賞は「不要不急」とまとめられてしまっていますが、なんだかその言葉は違うのではないかと思っています。
作品を観る、音楽を聴く、とかそのようなものは、勉強みたいに得たものの影響がすぐには見えないし、食べ物と比べたら生きていくのに必須ではないかもしれない。
でも、それらは決して「不要」ではないと思います。
コロナ疲れの心にはやっぱり音楽や映画、アニメ、ドラマなどの作品がエネルギーをくれるし、日常の心や時間に余裕がないときでも ふっと力を抜く助けをしてくれます。
今はたくさんの公演や活動が行えない状況だと思いますが、なんとかここを耐えしのいでまた素敵な人と素敵な作品を観られたらいいなと思います。
それまでお互い元気に過ごしましょうね!(きたきつね)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
文まとめ:Nanafusigi
編集:SACHI
posted by tarumioyako at 13:44| Comment(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

おうちでおやこ劇場 vol.1

神戸垂水おやこ劇場は、まもなく32周年を迎えます。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動しています。
**********
 おやこ劇場のみんなに会えない日々ですが、ブログを通して繋がれたらいいな、との新企画のシリーズ名が決まりました
「おうちでおやこ劇場」
YUKAさんの案です  
応募してくださった皆さん、ありがとうございました

投稿してくださった会員さんの感想で今までの活動を振り返りながら、おやこ劇場や劇団さん・アーティストさんの魅力に迫ります!

**********
【心に残った鑑賞例会 その@】
劇団かかし座 http://www.kakashiza.co.jp/
かかし座 とにかく綺麗で感動します。(たかちょう)
「ねずみのとうさんアナトール」…劇場に入会して間もない頃、子どものために観に行ったのですが、初めてみた影絵は高度な技術と美しい世界で大人の私も魅了されました。(ジャスミン)
「魔法使いのおとぎばなし」…垂水おやこ劇場の影絵が観たいとの願いがかなった例会で、地域でも事前に影絵のワークショップをして皆さんに楽しんでもらいました。(NAOMI)

※かかし座さんは「YouTubeかかし座チャンネル」でライブ配信のほか、今、週替わりで手影絵を教えてくれる「教えて!影女!!」に取り組んでいます。あなたもチャレンジしてみてね!
https://www.youtube.com/user/KAKASHIZAjp

**********
おまけの話:鑑賞例会の係@
おやこ劇場では、子どもも上演の時のお手伝いの係をします。

子どもの時好きだった係…「もぎり」(アリエル)
わが子でなくても、子どもたちが大人同様に誇らしげにチケットもぎりをしている姿は、何回みても嬉しくなります。(Nanafusigi)

**********
 今、これまで経験のないようなことになって、いろいろなことを我慢しなくてはならなくなって不安だと思います。企画総会で話し合って楽しみにしていた例会も残念ながら延期や中止となりましたが、命あってのこと、医療現場ではまさに危険と隣り合わせで闘っておられ本当に祈るような気持ちです。大切な命を守るために、お互いにがんばりましょうね。なんでもないような日常が本当に貴いものだったと気付かされます。
 創造団体さんもたいへんな苦境と思われます。こうして振り返ると例会でいろいろな出会いがあり親子で心の栄養をいただいてきました。ありがとうございました。なんとか乗り越えてお会いできますように。(NAOMI)


文まとめ:Nanafusigi
編集:NAOMI

posted by tarumioyako at 09:55| Comment(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする