2019年12月20日

『はなさかじいさん』 例会告知

災害で被害を受けられた方にお見舞い申し上げます。

垂水おやこ劇場は、32周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。



[幼児・小学校低学年・小学校高学年コース例会]

人形芝居燕屋 + 吟遊打人
『花咲爺〜はなさかじいさん』

CIMG6838.JPG


日時:2020年1月13日(月・祝) 開演 14:00
    開場 13:40  上演時間1時間
開場:デザイン・クリエイティブセンター神戸 KIITO ギャラリーA
    三宮からフラワーロードを南へ徒歩で約20分
    地下鉄海岸線 三ノ宮・花時計前駅から徒歩10分
    ポートライナー 貿易センター駅から西へ徒歩10分


枯れ木に花を咲かせましょう・・・

日本に古くから伝わる死と再生の物語「はなさかじいさん」が、
和楽器や仮面、モノによる表現で楽しいお芝居になりました。
ガッキとモノとヒトによる、
今のこどもと昔こどもだった人のためのお芝居。


くすのき燕さん(脚本・演出)からのメッセージ

この芝居のポチは、扇と座布団で出来ていて、目も鼻もありません。
しかし、それを観客の皆さんは、命あるものとして観てくださいます。
ポチが死を迎えると、扇だけが残ります。
扇は、舞台上で木や満開の桜に変化します。
親密な空間の中で、ひとときだけ命の花を咲かせる、
観客の想像力と生の舞台が織りなす魔法の時間です。
様々な場所で、満開の花を咲かせたい。
そう願っています。



<人形芝居燕屋>さんのプロフィール

くすのき燕のひとり人形芝居で全国を巡演。
他劇団の演出も数多く手掛ける。
演出作 ゛Four Seasons “ は、
チェコの国際人形劇フェスティバル「マテジンカ ’09」でグランプリを受賞。
「のそのそにょろにょろ」などで、厚生労働省社会保障審議会推薦を受ける。


<吟遊打人>さんのプロフィール

和太鼓奏者・塩原良の企画プロデュースによる、和太鼓&創作芸能ユニット。
塩原は、
2007年 第6回東京国際和太鼓コンテスト 大太鼓部門最優秀賞受賞。
2012年 南信州地域づくり大賞(県知事賞)受賞。
2016年 スウェーデン、ストックホルムのスウェーデン太鼓講師に指定。


      

情報

会場がとーっても広いので、
開演前(1時頃から)「お楽しみコーナー」を設けます

なつかしの昔あそびコーナー

温かい食べ物コーナー

写し絵で桜の木を作るワークショップ

飲食OKのスペース  など

是非、お立ち寄りくださいネ


お問合せ・お申込み

神戸垂水おやこ劇場
TEL/FAX 078-706-1810
E-mail : tarumioyako@kobe.zaq.jp


(文責 ウグイス)




posted by tarumioyako at 08:54| Comment(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

「いなばプラザ祭り」参加報告

災害で被害を受けられた方にお見舞い申し上げます。

垂水おやこ劇場は、32周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。

********************
       
      「いなばプラザ祭り」参加報告♪

11月2日晴天の下、須磨海浜公園駅近くの稲葉公園にて、「NPO福祉ネットワーク 西須磨だんらん」さん主催のプラザ祭りが開催されました。
近くの子ども達やママさん達も参加する地域のイベントともあって、垂水おやこ劇場でもフライドポテトのお店とスーパーボールづくりワークショップで参加しました。

∞∞ フライドポテトのお店 ∞∞

sketch-1575551410043.png
11月の初めで少し寒くなった日にアツアツのフライドポテトを出店しました。
味は定番の塩とのり塩を用意しました!
フライドポテトはなるべく揚げるのに時間がかからないように一度揚げたものを注文を受けてからもう一度揚げるという方法を取ることでアツアツを提供できました。
当日は50食用意していましたが、油の香りにつられて注文が殺到! 老若男女問わず沢山の方に購入いただきました。
途中、ガスボンベが切れるというハプニングもありましたが、祭りの終了1時間前に完売となりました。
お手伝いくださった運営委員の皆様ありがとうございました。(青年 T)

∞スーパーボールづくりワークショップ∞

IMG_20191205_220532.jpg
フライドポテトの横は、おやこ劇場から初の試み、スーパーボール作りです。
スーパーボールを自分で作れるなんて思ってもみませんよね。
作ってくれた子ども達も、できあがったボールを手に、きっと不思議な気持ちになったと思います。
ボールが乾いていく過程で塩を吹きながら乾くのもなんだかおもしろい!
家に持って帰って試してみるとちゃんと跳ねるからさらに不思議。

sketch-1575551288695-2ca37.png  
作る時に私たち教える側がコツが掴めず、丸めるところで失敗してしまうこともありました。
もっと私たちが熟練しておくべきだったと反省です。
けれど、手作りのスーパーボール…それぞれのお家で不思議な塊として大切にされていますように。(M)

*スーパーボールの作り方*
sketch-1575554105762.png
@洗たくのりに好きな色の食紅とキラキラとなるよう好みのスパンコールを選んでよく混ぜる

A飽和食塩水によく混ぜたのりを流し込み、割り箸でゆっくりとまぜていると、のりが固まってくるので箸に絡めて外へ出す

B出した塊を手で丸めれば自分だけのスーパーボールのできあがり

あとは水分が出て乾くのを待てばよく跳ねるスーパーボールになっています♪

文責 MOTO
編集SACHI
posted by tarumioyako at 12:22| Comment(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする