2017年09月27日

キャンプストーリーD

垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。

さあ!いよいよ高キャン本番だよ!
8月13日(日)
兎和野高原野外教育センターに到着した。キャンプエリアに移動して、まずすることは…
おひるごはん。持ってきたおにぎりで、腹ごしらえ。
そしていよいよ、村おこしだよ。
村おこしとは
キャンプで使うまきや器材、調理器具をはこんだり、テントの確認、毛布マットの受け渡しなど、快適なキャンプになるようにみんなで手分けして準備するのだ!体格や腕力に合わせて、子どもから、青年、大人スタッフまでバッチリ働くよ。
みんなの協力で予定より村おこしは早く完了した。
開村式
キャンプ長のみっきーがあいさつ。注意事項、健康の管理などなど…
その後は、ダンス練習だ。キャンプファイヤーで踊るのだ。

その夜のご飯は、みんなでBBQ 
しかし、順調に始まったキャンプに、にわかに暗雲が…ぎゃーっっ!
そこ!そこに!…アレが! 
はぁはぁはぁ… 
一体何が起こったかは…  

8月14日(月)
おはよう〜!みんなよくねむれたかな?そいつぁ良かったゼ。じゃあ聞いてくれ。実は、天気がやばそうなので、15日に予定していた運動会とキャンプファイヤーを今日にして、今日の予定と入れ替えることにした。
っちゅーことで、運動会行ってみよう。

子どものチームを紅と青に分けた。青年は、子どものチームメンバーがドラフトで獲得していった。
第1競技  絵しりとりリレー
     さいしょの言葉は「キャンプ」そこから「ぷ」「ふ」のつくものの絵をスケッチブックにペンで描いてリレーをするのだ。しかし、紅組、痛恨のミス!第一走者がいきなり「ん」で終わるものをチョイス。青組の不戦勝でした。
第2競技  ビーチフラッグ
     3つの箱のどこかにビーチフラッグが隠されている。4人でスタートしてしれつな奪い合いだ。途中妨害可。
第3競技  しっぽとり
     メンバー全員しっぽをつける。大将は各一人。大将以外は罰ゲームの紙を持っている。しっぽを取ったら、取った人が取られた人の持っている罰ゲームをしなくてはならない。

総合優勝は紅組でした。

しっぽとり

IMG_2044.JPG  

キャンプファイヤー
キャンプの華!それは「キャンプファイヤー!」
班会、キャンプ中、みんなで練習してきた「ダンス」踊りまくるぞ!

IMG_2045.JPG

8月15日(火)
予定を入れ替えて今日、Q極
「突撃!山の晩御飯」という料理番組の取材が入った。夏休み特集らしい。人気MCは、なんだかキャンプ長にそっくりだし、ドジなポンコツADも班つきに似てる… 
まぁ、いいや!みんな張り切って料理するぞ!と思いきや、ポンコツADが発注ミスをやらかして、食材が届いていない!少ない食材を、みんなで使わないと…仲良く分ける!?まさか!争奪ゲームで勝利を収めたところがゲットでしょ!
午後から、ADの裏技でやっと色々な食材が届き、無事料理スタートでした。

焼き鳥職人 爆誕!

IMG_2034.JPG

IMG_2031.JPG

手際はいかに?

IMG_2032.JPG

すいかわりも

IMG_2043.JPG

やはり雨が降りました。

IMG_2027.JPG

8月16日(水)
うわ〜もう最終日かぁ。キャンプ場ありがとう、ときれいに掃除するよ。兎和野教育センターのスタッフさんにチェックしてもらって無事終了。感想を各自書いて、その後キャンプ場で最後のおひるごはん。
その後は、閉村式、写真撮影、バスに荷物積み込み…と進んで、バスに乗り込み神戸へ帰ろう。
名谷駅前についたら、お迎えのお家の人達と再会。楽しかったおはなしはいっぱいあるよ!いっぱい聞いてね。

みんな、おつかれさまでした!

文責 たぬき1号








posted by tarumioyako at 10:28| Comment(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

例会「むうのむかしばなし」報告

垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。





例会の報告です!
幼児・小学校低学年例会
劇団むう「むうのむかしばなし」

9月10日(日)14時開演(開場20分前 上演時間60分)
神戸アートビレッジセンターKAVCホール


今回は、垂水おやこ劇場の担当例会だったので、搬入から関わってきました。
10時にむうさんが会場入りするのに合わせて、一緒に荷物を運びこんでから、楽屋の準備です。M田さんとテーブルセンターを用意してお茶の用意、昼食持ち込みの確認をしたらロビーの飾りつけです。
K田さん作の折り紙の柿とN野作の新聞紙を芯にした柿を M田さんの用意してくれた柿の木の幹や枝に飾り付けていきました。真ん中には、和の布を合わせた土台に題名やサルさんタヌキさん、これは須磨北さんの0さん作です。いつも素敵なセンスです。
ロビーA.jpg
0さんは、可愛らしい登場動物を縫い付けた羽織も用意してくれました。でも着るには少々暑い・・・、ということでみんなで知恵を絞って工夫して展示しました。見てくれましたか?
はおり.jpg

村田さん羽織.jpg
11時半には劇団の方への昼食の準備へ。
昼食.jpg
垂水は、「おにぎり」と「タンパク質系のおかず」「汁物」担当でした。他に須磨北さんが、「野菜系のおかず」中央さんが「フルーツ」担当でこんなに豪華な昼食でしたよ。
事務局スタッフさんはチケットの用意や当日資料挟み込みなどもしていました。みんなで手分けして準備できたら自分たちも昼食タイム。

会場準備もばっちり。このあいさつ係の指定席マットは、M岡さん手作り、愛情がこもっています。
むうさん会場づくり.jpg

13時20分には、係集合。むうさんや続々と集合してくれた係の皆さんと打ち合わせ。垂水のあいさつ係のみんなもT橋さん主導で相談タイム。子ども達、忘れないようにメモなども作成していました。会場係は、IさんとKさんがしてくれました。お疲れ様でした。
係り打ち合わせ.jpg
 
そしてむうさんの例会は始まりました。
本番も可愛らしく大成功!
挨拶係.jpg

むうさん、お二人なのに何役もこなしてすごいパワーです、そして子どもには、もう人はいるはずもないのに役が存在していました。「(子狸が)そこにいるよ〜」と訴えるのが微笑ましい。子ども達は、お話の世界に入り込んでいます。あとで子狸がケガをして現れたときに涙ぐんでいた子どもの話を聞いたときはホロリときました。
会場を巻き込むむうさんの演出にちょっと照れがある女の子や、最初は引けていてもどんどん入り込んでいく子ども、それぞれです。
そして、カニ、カニ、カニ・・・の歌が今も耳に残っています。

終了後はロビーや楽屋の片付け、むうさんの搬出のお手伝い、テキパキとして予想外に速く済み、むうさんとお話しする時間もありました。
一人で何役もこなす役者さん、やはり体力的にとってもハードだそうです。見ている方にはそのようなたいへんさは見せないところがプロです。参加型のお芝居なので、子どもの反応なども・・・。キャッチボールのように、子の反応によっては、そのときそのときでアドリブも入ったりするそうで、さすがだなぁと感じました。
4時には車に荷物を積み込み、むうさんのお二人をお見送りしました。次にお会いするときは別の車になっているでしょうというくらいなが〜い総走行距離の車でした。

子ども達の感想から
☆さるかには、ぼくが知っているものとはすこしちがって このむうのむかしばなしのほうもおもしろかったです。(9歳、男子)
☆たのしかった。(3年 女子)
☆今日のげきは、とてもおもしろいです。さるかにがもも太郎でこだぬきのおんがえしはさるかにがっせんとつるのおんがえしでしていました。たのしかったです。(3年 男子)
☆劇がうまくておもしろかったです。おもしろかったのでまた見たいと思いました。(3年 男子)
☆とてもたのしかったよ。(6歳 女子)
☆むかしのおはなしがしれてよかったです。どっちもおもしろかったです。ほかのおはなしもみてみたいです。(7歳 女子)
☆どっちもおもしろかったよ。(6歳 女子)
☆どっちもおもしろかったよ。(7歳 女子)



アンケート書き.jpg
垂水おやこ劇場の会報誌「ぱれっと」に載るので丁寧にイラストを描いてくれていた仲良し1年女子も印象的でした。10月号お楽しみに〜。

〈編集:NAOMI〉








posted by tarumioyako at 21:06| Comment(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

収穫祭

垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。


暑い夏を乗り越え、ようやく秋の気配も感じられるようになってきた今日この頃ですね。
垂水おやこ劇場と会員さんのかほりクラフトさんで共催で、12月に収穫祭のイベントをすることになりました。
先日、かほりクラフトさんでバジルソース作りをした折に「さわいさん」が来てくださり、いろいろお話しました。
かほりクラフト1.JPGimg005.jpg(かほりクラフト)
とてもパワーのある方で「つながり」を大事にされている方だなぁと感じました。
さわい家も古いお家を週末ごとに自分たちでリノベーションされているということで見せていただくと遊び心いっぱいの落ち着く空間でした。ワクワク・・します。
垂水おやこ劇場の会員が楽しみながら、塩屋のかほりクラフトさんに集う方たちに「おやこ劇場」を知ってもらい、つながれたら、ということでお声かけいただきました。楽しいイベントになりそうです。是非多くの会員さんに遊びに来て少しの時間でもブースのお手伝いをお願いできたらと思います。垂水おやこは、風船スライム、焼き芋・焼きりんご(天候に左右されるので、豚汁にするかも・・・)フリマ、を予定しています。
かほりクラフト3.jpg(さわい家)


収穫祭2017

日時:12月3日(日)11:00~(オープニング11:00〜かほりクラフト前 納豆紙芝居)
場所ハーブショップ&かほりクラフト(垂水区塩屋町南谷853−6)&その周辺・さわい家 かほりクラフトとさわい家を行ったり来たりして遊んで下さい

かほりクラフト店内  11:00~15:00
  Café 野菜むすび・豚汁・ボルシチ・ハーブティーなど
  手作り雑貨市 
   ☆吹きガラス
   ☆メルちゃん&はなちゃんの服・Mee 
   ☆手作り絵本・teku teku
   ☆レース編み・M’s
   ☆刺繍雑貨など・Green*
   ☆竹ひご細工・伊草
   ☆こども服・Toraokan
   ☆ビーズアクセサリー・Yukari Beeds
   ☆アクセサリー・NAギャラリー
   ☆木のビーズ・studio wood
   ☆ミニメッセージカード moimoi
   ☆サンドブラスト・花音(HANAOTO)

かほりクラフト4.JPG

かほりクラフト6.jpg

かほりクラフト7.jpg

かほりクラフト8.JPG
   
かほりクラフト屋外イベント  11:00〜
   スライム作り・神戸垂水おやこ劇場
   フリマ・神戸垂水おやこ劇場
 
さわい家  11:00~16:00
   イベント☆絵本読み聞かせ・Sueちゃん 12:00/14:00
       ☆納豆紙芝居・あくび式みどりや 13:00
   マルシェ☆アクセサリー・Ecco
       ☆くるみボタン・RIEKO
       ☆六甲の炭・石カフェ
       ☆あんま・うり坊
       ☆フリマ 
       ☆自然農自家採取の種、苗、さわい家産 ほか
   ワークショップ(時間は決まっていません、好きな時にお声かけください)     ☆竹箸作り・SAYAKA
       ☆ヨガ・かつこ&しちみ
       ☆ちびっこ織物コースター作り・太郎の母
       ☆ちびっこ畑散歩

  収穫祭ライブ  15:30〜 ドリンク代のみ
(かほりクラフト店内)
  出演 スティールパンユニット  YKK   
     ギター弾き語り  みやさん
     ウクレレ弾き語り  孤笑洞
     フォルクローレ  El Tiempo

******************************************************************
連絡先  ハーブショップ&かほりクラフト ☎0787546536
     神戸垂水おやこ劇場       ☎0787061810
     さわい家            ☎09050642795


〈編集:NAOMI〉
posted by tarumioyako at 12:06| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

源平夏まつり2017 報告

源平夏まつりブース出店 報告

日時:8月27日(日)16:00〜19:00過ぎ
会場:西須磨小学校 運動場

毎年恒例の地域のお祭り「源平夏まつり」

今年は、
風船スライム
トットロの玉入れ
ジュースの販売
光るおもちゃの販売
と盛りだくさんで参加しました。
IMG_1987.JPG

お手伝いの呼びかけ当初は、人数が集まらず大丈夫かな・・・
と心配がありましたが、
日にちが近づくにつれて、
子ども、親子、大人と徐々にお手伝いが集まって心強くなりました 
テーブルを貸して下さる方、
荷物の搬出を出張帰りのパパとしてくれた方、
子どもも大人も青年(高校生)も
力を合わせて無事に今年も終了したと安堵しています

はじめはボチボチだった客足も、
次第に多くなり、忙しくなってきました。
設営から参加してくれた一家は、足りない物を買いに走ってくれたり、
慣れた様子でポスター書きをしてくれたり・・。

去年も参加してくれた高学年の女子二人(もう高学年なんですね・・・ ^^ゞ)は
すっかり手慣れたお客さばきで、
IMG_1994.JPG

お母さんと初めて参加してくれた1年生の女の子は
やり方をおぼえるとしっかりと堂々と仕事をこなしてくれました。
IMG_1995.JPG

親子三人で参加してくれた一家は息が合っていて、
自由研究でもスライムをテーマにしたそうです。

高学年の男子も、
スライムの遊び方の見本を見せてくれたり、緊急の時に水道まで走ってくれたり、
トットロの方から威勢よい宣伝が聞こえてきていたりしたので、
両方で忙しく働いてくれていましたね
IMG_1993.JPG

お手伝いの青年も搬入から搬出まで長時間、お疲れ様でした。
IMG_1992.JPG

19:00過ぎ
お客さんは、ちらほら来ていましたが、撤収準備にかかりました。

反省点として、今年はお店が目立ちにくかったかもしれません。
アーチ状のものがあれば、ポスター貼れるのにな・・・
来年に向けての改善点も考えています。

お手伝いに来て下さったみなさん、お疲れ様でした。
ありがとうございました。
(naomi)


naomiさん、報告をありがとうございました。

当日のお手伝いは
大人10名、青年(高校生)1名、子ども12名の合計23名でした。
たくさんの子どもがお手伝いとして参加し、
ただ大人のお手伝いをするだけではなくて、
大人と同じくらい、または大人以上の仕事をしてくれる。
おやこ劇場会員の子ども達の頼もしさを感じました。

参加された皆様、お疲れさまでした。
byウグイス
posted by tarumioyako at 09:52| Comment(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする