2017年08月26日

例会告知 劇団むう「むうのむかしばなし」

災害により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。


例会のお知らせです!
幼児・小学校低学年例会
劇団むう「むうのむかしばなし」

9月10日(日)14時開演(開場20分前 上演時間60分)
神戸アートビレッジセンターKAVCホール

むうチラシ.jpg

チケットは届きましたか?
むうチケット.jpg

昔話は、その時その時の〈思い〉が形になったものです。今でも語り継がれているのは、その〈思い〉がいつの時代も変わらないからなのでしょう。馬方に助けてもらい一生懸命恩返しをするお話「こだぬきのおんがえし」。親の敵をうつ「さるかに」。二本の作品を芝居と参加型パネルシアターに創りました。観るだけでなく、参加も楽しめる作品です。(劇団ホームページより)


劇団うりんこを経て2006年にお二人で創立した劇団「むう」さん。
子ども達の素敵な笑顔に会いにやってきます。HPによると席に座ったまま劇に参加できちゃうらしいですよ〜。
「むう」さん、おなじみの方もはじめての方もどうぞお楽しみに!

主催:神戸垂水おやこ劇場・神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援:(公財)神戸市民文化振興財団・神戸市PTA協議会

問合せ・申し込みは
神戸垂水おやこ劇場
TEL/FAX:078−706−1810
E-mail:tarumioyako@kobe.zaq.jp
 


〈編集:NAOMI〉
posted by tarumioyako at 13:21| Comment(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

キャンプストーリーCいよいよ出発

災害により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

青年サークル会  
8月6日(日)3時30分 名谷健康館

いよいよ高キャンまで、1週間。大詰めの打ち合わせが続きます。
この日は、当日のタイムスケジュールの確認。起床時間に始まり、イベントを中心に、その前の準備、移動時間、終了後の片づけ…順を追って綿密な時間の確認です。「ここは、少し早めに準備した方が」「この移動時間は、もう少し少なくてもいけるよ」高校2年生の中心スタッフの考えたキャンプ中の各人の動きとタイムスケジュール。それを、大学生、社会人の青年サークルのメンバーが自分たちの高キャンの経験をふまえて検討、アドバイス、変更etc. キャンプに向けて、準備に熱が入っています。

差し入れで、ブレイク!あっという間に売り切れました。

IMG_1898.JPG

食べながら打ち合わせする人あり、おしゃべりする人あり

IMG_1897.JPG

8月12日(土)
キャンプ前日の大切な準備… そう、買い出しです。
11時30分 地下鉄名谷駅集合
各班には、メニューに合わせた食材買い物リストが作られていました。
いざ、レッツゴー!
まず、スーパー○ハチへ。
その後、ダ○エーにバーベキューのニクその他を買いに。
全部そろったかな?よーし、健康館のリハーサル室で仕分けするよ。
クーラーボックス持参の親のみなさんに、冷蔵品はお持ち帰りしてもらいました。

その後、青年サークルは最後の打ち合わせに、となりの妙法寺駅前にある横尾集会所に移動。(キャンプ全体会をしたところだよ)最後のタイムスケジュール確認をして、差し入れのお弁当をいただきました。(おにぎりや、卵焼き、から揚げ、ブロッコリーetc.ボリュームたっぷり)

さあ、次はいよいよキャンプ!
みんな、体調を整えるのだ〜 
早く寝ること

8月13日(日) 
8時 青年集合 名谷落合中央公園  
8時40分 子ども集合

まず、青年たちが荷物を持って集合。現地まで食材や器材を運んでくれる車も3台集合。

クーラーボックス、食材、もろもろたくさん集まっています。
青年は打ち合わせ中。

IMG_1922.JPG

子どもたちがやってきて、班ごとに並ぶ。キャンプ長あいさつで出発式。

IMG_1934.JPG

こんなバスで兎和野高原まで行くよ。
IMG_1930.JPG

乗車しまーす。3,2,1班の順番で乗ります。

IMG_1933.JPG

みんな、行ってらっしゃ〜い

文責 たぬき1号
posted by tarumioyako at 12:50| Comment(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

キャンプストーリーB

災害により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

高キャンの前には、自分たちでキャンプを作り上げるために、各班に分かれ、様々な打ち合わせをします。
今回は、「班会」のリポートです
さあて、1班2班3班、いったいどんなことをしたのかな?それぞれリポートが届いていますよ。

3班 班会リポートです。7月22日(土)

参加者
小中学生4人(全員)青年5人(高校生2,大学生社会人3)
見守り大人2人+さいごの方にS田さん、Sまさん

最寄り駅に集合して健康館へ。見守りの親が飲み物調達から帰ってくると班つきの進行でキャンプのメニュー決めをしていました。子どもひとりひとりに丁寧に何が好物か聞き取って決めていくのが印象的でした。控えめな子が多くて 聞き出すのにあの手この手で微笑ましいです
ホワイトボードに案を書いて整理する人あり、スマホで材料を調べる人あり、楽しく盛り上げる人あり、さりげなく進行を助ける人あり、ベテラン青年の頼もしい協力でなんとか時間内にメニュー決めがおわりました
ほんのちょっとだけ遊びタイムで百人一首ができたかな?
あっという間に終了時間がきて名谷駅まで青年が見送って行きました。

メニューはとっても美味しそうなものばかりです。和がなくて洋、中、韓国 とバラエティーに富んでいます。

報告  Nさん

IMG_1873.JPG

KC4F0161.jpg

1班 班会報告 7月23日(日)

参加者
小中学生4人(全員)高校生3人
大学生社会人3人
大人見守り2人

13〜15時
横尾集会所

班つき青年の主導でメニュー決め大詰めです。カツやシーフードはNGなど食中毒対策でしょうね。カレーはキーマカレー風に変更したり細かなところも納得してもらいながらの話し合い…。野菜が足りないところにはみんなに希望をきいて浅漬けも入れてました。
みんなの好き嫌いが分かったり、食卓が垣間見られたりおもしろいです。

メニューが決まるとダンス練習です。食材表に記入もあり、遠慮あり、あまり見ないようにしましたが…盛り上がってました。

最後には円になってUNO、ゲームで楽しんでいました。献立の質問がでてきて、最後罰ゲームができなくてなってごめんなさい。

報告 Mさん 

IMG_1875.JPG

この日は例会の日。オフィス猫じゃらし 『唄がたり 日本昔話』『唄がたり 怪談日本むかし話』の日でした。例会前に班会ありました。

2班 班会報告 7月30日(日)
横尾集会所 15時

参加者 子ども 2人 青年(高校生5、大学生社会人3)
子ども二人が先の予定があり、全員そろったのは15時30分越えていました。その間、青年は集会所の机、いすをセットしたり、駅で子どもを待っていたり、集会所で事前打ち合わせしたり、それぞれ働いていました。
子どもたちが(二人だけでしたが…)揃うと、早速メニューの最終決定に入りました。
司会は、2班班つきの(ひ)さん。
前回の全体会の後の第1回班会で、ある程度の希望は出ていました。しかし!どうやらメニューが豪華すぎて、時間内には両方作れないのでは、という心配が出てきました。それで、子どもたちに意見を聞きつつ、何とか両方作るのには…と知恵をしぼりました。「そうだ、2日目と3日目にそれぞれ分けて作ればいいね!」ということに決定。よかったよかった
無事決まった後は、ダンスの練習です。「まーえ、まーえ、…ちょんちょんちょんちょん…」
ばっちりかな!?おつかれさまでした!

報告 たぬき1号

熱い夏、キャンプの準備は着々と進むのである

文責 たぬき1号



posted by tarumioyako at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

キャンプストーリーA

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。


7月16日(日)  13時30分〜 
横尾集会所にてキャンプ全体会が開かれました。


今年の「高学年キャンプ」に参加する、小学生、中学生、高校生、大学生、社会人、親、の全体が、初めての顔合わせです
受け付けは 13時15分から。

参加費、保険について、個人情報取り扱いに関する同意書、親の係希望表、健康調査表、子ども・青年予定表、保険証コピー  などなど、必要な書類一式も提出して、いよいよキャンプに向けてのいろんなことが、スタートしました。

今年の参加者 
小学生 4名
中学生 9名
高校生 8名
大学生 7名
社会人 5名
親  12名 

まず、キャンプ長のみっきーのあいさつ。
それから、参加者の学年ごとの紹介。順番に前に出ました。
そして、1,2,3班の「班つき」が、1班から順番にメンバーを呼んでグループを発表します。
 用語解説 「班つき」とは?  その年のキャンプの間各班のリーダーをする高1の青年だよ。

IMG_1795.JPG

みんな、自分の班毎に分かれました。

IMG_1796.JPG

さて、各班が集まったところで、親たちは、別室へ。キャンプを支えるために、裏方スタッフとしての係を決めるのです。
班会の時に付添いをしたり。
キャンプ前日に買い出しをする時、付添いをしたり。
青年たちの会議に差し入れをしたり。
キャンプにクーラーボックスを貸し出したり。
キャンプで使ったぞうきん、ふきんを洗濯したり。
いろいろな係を親たちが協力してキャンプを支えます。

一方、子どもたちは青年スタッフと共に1回めの「班会」です。
キャンプの間、三食自力で作ります。
メニューは何にする? まず、「そこ」から。
あれが食べたい、これが食べたい、それもいい、それはキライ… わいわいと話がはずみます。

班会は、あと2回あります。各班ごとにみんなの集まれる日を確認します。続きは、また別の日に。
5時までみっちり打ち合わせをして、今日は解散。後は、各班の活動です。
班会の報告は、また次回。


文責 たぬき1号






posted by tarumioyako at 16:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする