2017年07月30日

例会 オフィス猫じゃらし『唄がたり 日本昔話』・『唄がたり 怪談日本むかし話』

地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。
KC4F0165.jpg

KC4F0168.jpg

オフィス猫じゃらし
幼児・小低コース例会「唄がたり 日本昔話」14時開演
小高・中学生以上例会「唄がたり 怪談 日本むかし話」19時開演


7月23日(日)
神戸アートビレッジセンター
KAVCホール

の報告です。

「唄がたり 日本昔話」・・・Iさんのリポートでお伝えします。
会場に入ると、いつもとはちょっと違った舞台のセットに、三味線が置かれており、「今日の例会は唄がたり・・・」と子ども達には伝えてはいたけど、「唄がたり」って?どんなのが始まるの?、と子ども達は思ったことでしょう。もちろん母 も分りませんでしたが。

拍子木の響きを合図に、始まり始まり〜。黒子も拍子木も初めての子ども達が多かったのでは?

三味線に合わせて、昔の流行り唄(これが端唄?)、なすとかぼちゃ。なすとかが出てくるよ〜と、よーく聞いてみるものの、節回しも独特で、言葉も話し言葉のような、違うような、これまた初体験!もう一つの野菜の”ゆうがお”も、どんな物かピンとこない。

今日の例会は、こんな感じの不思議な世界?なのかなぁ〜〜と、最初で体感し、次はゆきおんな。ちょっとだけ怖くて、気のせいか体がヒンヤ〜リしてきました。
さらによく知っている「したきりすずめ」のお話。
おじいさん、おばあさん、すずめ、馬洗い、唄・・・と、いろんな声を使い分け、さらには、お土産を持ち帰るクダリでは、子ども達とやりとりしながら、昔話を語ってくれました。

続いて三味線クイズ
ゴザに座っている子ども達と平松さんが一体となっていて、ちいさな子ども達でもどんどん答えを出して、正解するので、夜の部用のちょっと難しいクイズまで出題されてました。黒子さんによる三線演奏もありとても盛り上がりました。
猫さん、犬さん‥‥合掌

そして最後は、さらやしき明日休み
落語で聞いたことはありましたが、やはり男性の噺家さんがやるよりも、女性だと、おきくさんがより美人で艶っぽく感じられました。
子ども達はちゃんとオチが理解できているのかな・・・とちょっと心配しましたが、心配ご無用でちゃんと分っているようでよかったです。

平成も進んだ現代に、タイムスリップして江戸時代?にでも行った感じの、とても不思議な世界に引き込まれた、唄がたりの時間でした。


<三味線ワークショップ>・・・続いてIさんのリポートです。
終演後、実際に三味線を触らせてもらえる、とのことで、たくさんの人がそのまま残っていました。
3、4歳、小学1、2年生、小学3年〜、そして大人、と、分かれて、それぞれ10名程度ずつがワークショップに参加しました。
各人、準備された三味線の前に座り、バチの握り方、三味線の構え方、腕の置き方、音の出し方・・・丁寧に教えてくださいました。
演者さんだけでなく、黒子さんも、ひとりひとりに手ほどきしてくださいました。
小さな膝では三味線が収まりきらない小さな子ども達の三味線を弾く姿はかわいらしく、小学生の大きな子達は、三味線の抱える姿がなかなか様になっており、これまた微笑ましかったです。
大人の私たちも、なかなか触れる機会のない三味線を弾かせてもらえて貴重な体験ができました。

IMG_1615.JPG

IMG_1633.JPG

「唄がたり 怪談 日本むかし話」・・・NAOMIのリポートでお伝えします。
垂水おやこから、あいさつ係で5年生の三人の男子、プレゼント係で5年生の二人の男子が係集合から来てくれて打ち合わせて臨んでいました。本番も大成功でしたね!
 
演目
「なすとかぼちゃ」江戸のおもしろ唄
「赤いろうそくと人魚」小川未明原作
「ゆうれい滝の伝説」小泉八雲原作
「さらやしき明日休み」落語噺より
「耳なし芳一」小泉八雲原作

ユーモラスなペープサートの唄ものから入り、哀しいお話(赤いろうそくを灯してムード満点)、背筋も凍るお話、落ちがつく楽しい幽霊のお話、間にはとっても分かりやすく親しみやすい内容の「三味線のひみつ」のレクチャー、最後は夏らしくこわーいお話で締めて大人にも見応え聞き応えのある内容でした。「耳なし芳一」の最後に平家物語の有名なくだりが朗々と語られると係の5年男子はお互いに顔を見合わせて(習ったね・・・と)目配せし合っているのが微笑ましかったです。
平松さんの声はよく通り、いろいろな声音を使い分けるプロの語りでした。
怖いお話の時のライトに照らされた表情は怖さを増幅させましたが、素顔の平松さんは、楽しい方なんだろうなぁと思わせるような「三味線のひみつ」のお話でした

ロビーでは、CD販売もありました。
KC4F0164.jpg
三味線を模した楽器?も置いてあり楽譜通りに押さえると、ちゃんと曲になりました。
KC4F0166.jpg

アンケートより
「唄がたり 日本昔話」
・おはなしもおもしろかったです。しゃみせんをさわれてうれしかったです。また見たいです。(小3、女子)
・いろんなおはなしがきけてたのしかった。しゃみせんのおとがきれいだった。とてもたのしかった。ほかのおはなしもききたくなった。(小1 女子)
・しゃみせんの音がいろいろあっておもしろかったです。(4年 女子)
・おはなしがおもしろかったよ。(小1 女子)
・いろんなおはなしがしれてよかった。しゃみせんのことがいろいろしれてよかった。ちがうおはなしもきいてみたいです。(小1 女子)
・ワークショップでしゃみせんをさわらしてもらっておもしろかったです。(小1 女子)
・さらやしき明日休みの話がおもしろかったです。ゆきおんなの絵がきれいだったです。最後に三味線をさわらしてもらったのがたのしかったです。(4年 女子)
・三味線がすごく上手だった。(小3 男子)
・三味線のかわがいろいろ使われているのは知りませんでした。(3年 男子)
・しゃみせんの秘密をしれてうれしかったです。ゆきおんながすごくおもしろかって最後のお話がすごくおもしろかったです。(4年 女子)
・ぼくはしゃみせんはさわったことがなくて聞いたこともなくてはじめて聞いて思ったことはすごくはくりょくがあってきれいだとおもいました。(3年 男子)
・きょうのむかしばなしたのしかった♡♡(4さい 女子)

「唄がたり 怪談 日本むかし話」
・2つめは、少し怖かったけど「なすとかぼちゃのケンカ」はすごくおもしろかったです。(ひょうたんかへちまかズッキーニみたいなおじいさんの正体はなんですか?)(チョコ食べて)(小5 男子)
・いちばんさいごの平家物語は学校で教えてもらったので知っていました。おもしろかったです。(小5 男子)
・一番最後の平家物語は学校でやったのでおぼえています。楽しかったです。(小5 男子)
・さいごのへいけ物語はしっていたし少しびびったとこもあったけど楽しかった、またみたいと思った。(小5 男子)
・3つめのさらやしき明日休みがおもしろかったです。おもしろかったのでまたみたいです。(中2 男子)
・さらやしきのはなしは、とてもおもしろかったです。ゆうれいだきのはなしは、涼しいを通りこして寒かったです。(中2 男子)
・おもしろかったです。ありがとうございました。(中2 男子)
・いろいろな話が聞けて少し怖い話もあったりしておもしろかったです。(中2 男子)
・怖かったです。2つ目の話が怖かったです。他にも色々ききたかった。(中2 男子)
・こわかったです。「ゆうれい滝のやつ」がこわかったです。でもさらやしきは、おもしろかったです。へや寒かったです。(中2 男子)
・すずしくなりました。2本目が怖い!と思いました。(中2 男子)
・三味線がすごくよかったです。怖い話以外にもおもしろい話やクイズがあってよかったです。(中2 男子)
・ほどよい納涼時間となりました。『三味線のひみつ』を学べました!!期待通りの例会だったようです。良かった!(大人)


〈編集:NAOMI〉

posted by tarumioyako at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

キャンプストーリー @

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

今年も 高学年CAMP の季節がやって来た
はじまるぞ〜 
ボクらとワタシたちの 兎和兎和野 夏!
 
(うわうわのなつ と 読むのじゃ)

IMG_1785.JPG

高学年CAMP 2017
8月13(日)〜16(水)
兵庫県立兎和野高原野外教育センター 
第2キャンプ場
対象年齢 : 小学5年生〜中学3年生

みんな、申し込みありがとう 準備も着々と進んでいるぞ。



まず、7月9日(日)現地に下見に行って来た。その時の様子を、キャンプ長のみっきーに報告してもらったぞ。青年スタッフや、付添いの親スタッフが何をしてきたか、写真と一緒に見てみよう。 


7/9に9人のメンバーで下見に行きました!

現地の人との話し合いや道の確認、危険な場所はないかを見てまわりました

青年は子どもたちが快適に4日間過ごせるようにテントの不備がないか?
道に危険はないか?など
真剣な顔で下見をしました 

さて、親の方々には皆のお昼ご飯プルコギ丼を作って頂きました〜 

めちゃくちゃ美味しかったです。
ご馳走様でした🙏

キャンプまで1カ月をきりました!!
下見で見たことを青年サークルで話し合ってより良いキャンプにしたいと思います
🙌🙌🙌



みなさん、お疲れ様でした。当日は、神戸はあまり雨もひどくなかったけれど、兎和野高原は土砂降りの時間も!そんななか、スタッフはきちんとチェックしてきたよ。

グリーン広場 運動会の場所

IMG_1788.JPG

食事はここで食べる

IMG_1792.JPG

器材置場 整理整頓!

IMG_1787.JPG 

集会棟 雨が降ったらここで活動

IMG_1786.JPG

テントもチェック

IMG_1789.JPG 

下見の帰りは「足湯」に寄って、リラックス。おつかれさまでした〜。

IMG_1791.JPG

キャンプストーリーは始まったばかり。真夏の本番まで、みんなで楽しも〜 


このイベントは、神戸須磨北おやこ劇場と、神戸垂水おやこ劇場の会員向け合同イベントです。
興味のある方は、お問い合わせください。今年の参加受け付けは終了しています。

神戸垂水おやこ劇場 電話、ファクス 078−706−1810

文責 たぬき1号 
写真協力 Seiya






posted by tarumioyako at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

『子どもフェスティバル』報告 

地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

『夏だ! まつりだ!! 子どもフェスティバル』報告します!!

7月2日(日)水産会館、梅雨の中休みかな、見事にお天気も味方してくれてたくさんのお客さんが来てくれて大盛況でした!!

先発隊が9時前から出て準備がスタートです。
IMG_1855.JPG

会場装飾は、青年T君とS君、そして中学生が頑張ってくれました。ちなみに文字は、中学生が期末テストの忙しい中、作成してくれました。中学生は、部活で来れないかなと思いきやちょうど休みだったりと幸運が重なった子ども達が、ゲーム店や手作りの店の手伝いや子ども風呂敷市(こっちがメインになってしまった子も・・・)例会紹介もしてくれました。部活前に準備だけ手伝ってくれた中1のH君も声変わりしてすっかり頼れる男子に
IMG_9055.JPG
縁日ゲームの店、準備中!距離はこのくらいかな?
IMG_9072.JPG
試し打ち?
IMG_9075.JPG

スーパーボールの店の準備中!ポイも貼れたね。お水くみも大変だったと思います。
ブログ用 準備中スーパーボールすくい.jpg
お店のポスターもいろいろあって楽しいです〜。
IMG_9033.JPG

IMG_9034.JPG

IMG_9035.JPG
キッチンでは、カレー仕込みやぶっかけうどんの準備中
IMG_1858.JPG
エプロンもつけて準備は万端
ブログ用 準備中夏色カフェ.jpg
IMG_1847.JPG

東北の子ども達にエールを送る会の活動の紹介のパネルも丁寧に作られていました。
IMG_1843.JPG

今年も手作りのかわいい作品をたくさん用意して来て下さいましたHIROIKEさん。
ブログ用 HIROIKE.jpg

ゆとり作業所さんも今年も来て下さいました。
IMG_9063.JPG

須磨北さんもいつもありがとうございます
IMG_1856.JPG

司会の打ち合わせもして・・・
IMG_1835.JPG

さあ、オープニングです
お店の紹介をしてもらって・・・
IMG_1837.JPG
開会宣言!
IMG_1823.JPG

フリマ⇒ほんとにお買い得、持参下さった方ありがとうございました。頼もしい助っ人も来て下さいました。
IMG_1850.JPG

キレイな夏色のフルーツポンチ、くじ引きをして当たりが出ると大サイズなんですってこれがなかなか当たらないんだなぁ。
IMG_9069.JPG

青年の女子も来てくれました。テスト前にも時間を作ってくれてありがたいです
夏色カフェ 青年応援.jpg

松岡コーヒーは、ベテランNさんにおまかせ。カレーの仕込みが終わってからスタンバイ。
IMG_1848.JPG

たこせんは、2年目ですね
IMG_1822.JPG

カレーは、「ぼっかけカレープレミアム」と「元祖おやこカレー」(甘、中辛)の2種類、4鍋。
IMG_9043.JPG
IMG_9042.JPG

手作りのブレスレットやコマ、笛をすくれるお店、真剣なまなざしで準備して、お客さんに教えていますね。
IMG_1846.JPG
IMG_9081.JPG

東北支援の会の展示と販売
IMG_9079.JPG
IMG_1849.JPG

スーパーボールすくいは、いつも不動の人気。
IMG_1842.JPG

子ども風呂敷市では、ちいさなお客様が品定め子どもの子どもによる子どものためのフリマ。お安くしてあげられたかな?
IMG_9078.JPG

活動紹介も展示しました。
IMG_9056.JPG

例会やキャンプの宣伝も中学生や青年がしてくれました。大活躍でしたね

子ども達の感想より(抜粋)
*作るのと教えるのが楽しかった。(手作りスターアイランド)
*みんなで協力してできてよかったです。(手作りスターアイランド)
*たこせん作るのとゼリー作るのが、たのしかった。(夏色カフェ)
*すこしケンカになったのが困った。また、やりたい。(夏色カフェ)
*お客さんがいっぱいで作るのがたのしかった。(夏色カフェ)
*物を売るのは大変だと思った。(風呂敷市)
*値段を決めるのが時間がかかって大変だった。(風呂敷市)
*いっぱい売れてよかった。(風呂敷市)
*たのしかったです。(風呂敷市)
*来年もまたやりたい!!(縁日ゲームコーナー)
 
本当にお疲れ様でした。お店の方もお客さんで来てくれた方もありがとうございました!

〈編集:NAOMI〉
posted by tarumioyako at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

例会告知 『平松千恵子〜ひとり語り』

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

【幼児・小低コース例会】唄がたり 日本昔話
【小高・中学生以上コース例会】唄がたり 怪談日本むかし話

チラシ・チケット.jpg

日時:2017年7月23日(日)
幼児・小低コース例会    14:00開演 (開場20分前 上演時間1時間)
小高・中学生以上コース例会 19:00開演  (開場30分前 上演時間1時間20分)

会場:神戸アートビレッジセンターKAVCホール


出演:オフィス猫じゃらし 平松 千恵子(三味線・唄・語り)
プロフィール
お茶の水女子大学・児童学科卒業。
ライヴハウスでひとり語りの鬼才、安藤俊子に出会い、その場で弟子入り。
安藤俊子が他界した後、遺志を受け継いで新たな語り芸へ立ち向かう。
縁あって六蛻チやそ(旧名 三味線やそすけ)の端唄の内弟子となり、
子ども・おやこ劇場の公演スタッフとして参加。
2011年より全国の子ども・おやこ劇場で「唄がたり」を上演。
同時に、舞台やライブハウス等でひとり語りを行い端唄・三味線教室を開催。
2014年、「オフィス猫じゃらし」を立ち上げ、月1で「隠れ家ライブ」を行う。
「アラビアン・ナイト」や小泉八雲の怪談など、
古典から現代の世相を風刺した創作ものまで、
独自の語り口で演じる異才。

【幼児・小低コース例会】14:00〜15:00 
唄がたり 日本昔話 美術/加藤泰子 酒井陽子
知ってるようで、よくは知らない日本昔話…
千恵子姐さんの唄に乗せて、
ペープサートやパネルシアターの人形たちが動き出します…
乞う ご期待
プログラム
三味線おもしろ唄「なすとかぼちゃ」
紙しばい 「ゆきおんな」
パネルシアター 「したきりすずめ」
三味線クイズ
紙しばい 「さらやしき明日やすみ」

日本昔話.jpg

【三味線体験ワークショップ】
演者の平松千恵子さんに三味線の弾き方を教えていただき、
本物の三味線にさわって、和の文化を実体験してみよう
時間:幼児・小低コース例会終演後(3時頃) 40分程度
会場:ホール内
参加費・申し込み:不要
対象:幼児〜大人まで、どなたでも


【小高、中学生以上コース例会】19:00〜20:20
唄がたり 怪談日本むかし話 美術/稲垣清行 幅上智里
現代から古典、おもしろ唄に落語と幅広いレパートリーでお届けする、
笑いあり涙あり、怖さありの唄がたり
独特の語り口調で千恵子ワールドに引き込まれます。
プログラム
前口上・前弾き
「なすとかぼちゃ」(江戸のおもしろ唄)
「赤いろうそくと人魚」(小川未明 原作)
「ゆうれい滝の伝説」(小泉八雲 原作)
「さらやしき明日休み」(落語噺より)
「耳なし芳一」(小泉八雲 原作)

怪談 日本むかし話.jpg

主催:神戸垂水おやこ劇場・神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援:(公財)神戸市民文化振興財団・神戸市PTA協議会

問合せ・申し込みは
神戸垂水おやこ劇場
TEL/FAX:078−706−1810
E-mail:tarumioyako@kobe.zaq.jp
 

7月23日というと、もう梅雨は明けているでしょうか?
暑い夏、楽しみな夏休み…
その始まりを飾るのが、この例会ですね。
みんなで千恵子姐さんに会いに行きましょう
by ウグイス
posted by tarumioyako at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする