2017年05月27日

青年サークル主催 プレキャン

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

青年サークル主催
プレキャン 
須磨北 & 垂水おやこ劇場

日時 : 6月11日 (日)  
     雨天決行 (一部イベントや時間に変更あり)
場所 : しあわせの村 テントキャンプ場
対象 : 小学4年生以上
参加費: 1000円
集合 : 名谷駅 8時45分  (9時10分のバスに乗ります)
解散 : 名谷駅 16時40分ころ * お迎え必要
     雨天時の変更はメールにてお知らせします。
持ち物: 参加費(1000円封筒に入れて名前記入)
     バス代 往復 子ども260円  大人520円
     (お釣りの無いようにお願いします)
     お米 1合  うちわ  軍手  雨具(傘必ず) 
     タオル  お茶  ぼうし  虫よけスプレー
     両手の空くかばんで来てください。

ということで! 毎年恒例、プレキャンがあるぞ! 夏休みの高学年キャンプの プレ(前)イベントだね。
チラシには、怪しげなイラストがあったけど、大丈夫らしいから安心して参加してくれたまへ。

ちなみに、お昼に何を作るかは 「お・た・の・し・みに!」
と書いてあるけど、青年サークルのメンバーにこっそりヒントをもらった。
チョコットだけ、教えてくれた、メニューは… 
丼もの  だそうだ…

どんな丼かは、行ってからのお楽しみだ!

みんなの元気な顔に会えるのを楽しみにしてるよ〜

IMG_1567.JPG


このイベントは、神戸垂水おやこ劇場会員向けのイベントです。
おやこ劇場に興味のある方は、
電話 : 078−706−1810  までお気軽にお問い合わせくださいね。

文責 たぬき1号


posted by tarumioyako at 20:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

『m o m o concert』例会報告

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。


中学生以上コース 例会報告
『m o m o concert』

日時 2017年4月23日(日)19:00〜
会場 神戸アートビレッジセンター KAVCホール

神戸生まれ神戸育ちm o m oさんのコンサートの報告でーす

IMG_1552.JPG

お花の鉢が並べられたステージに椅子1脚とマイク1本

「こんにちは〜」
「木村モモです」と自己紹介からコンサートは始まりました。

まずは、演奏曲目を紹介します。
第1部
シンガポールの朝
Introduction(序奏)
  u〜 ru〜とハミングが入ってステキ
ここでMC
「おやこ劇場なので、生い立ちの紹介など…
 小学校6年の時、コンサートでギター演奏を聴いて…」
戦場のメリークリスマス
走れメロス
禁じられた遊び
  ギターといえばこの曲ですね〜
Flow
  フローというのは、幸福度が高い状態のこと…
  楽しいことを思い浮かべながら聴いてください

第2部
PRAY(祈り)
  2011年の東日本大震災の映像を見ながら
  音楽をやっている意味を考えてできた曲。
  目の前にいる人に届くように弾いている自分がいる。
  復興のシンボルの曲に採用された。
  東北の人達の役に立ててうれしい
スカボローフェア
Little Prince
  サン・テグジュペリの『星の王子様』の言葉
  「とても簡単なことなんだ。
   心で見ないとよく見えない。
   大事なことは目にはみえないってことさ」
  をベースに作詞し、英訳してもらった歌も歌います
ムーミン谷に行ってみたい
You're my hope
  ニューヨークで作った100曲の中の1曲
Africa!!!
Fire Dance
  15万年前のアフリカをイメージした曲です。

アンコール曲
アルハンブラの思い出

次に、会員さん達の感想です。
・ギターをたたくと音が出て、ちがう所をたたくとちがう音がでておもしろかったです。(小4)
・ギターをたたいたりしてすごかったです。またみたいです。(小6)
・とても心にひびきました!またききにきたいと思ったです!私はエレクトーンをやってて、とてもギターにきょうみをもちました。(中1)
・とてもねむたくなりそうでした。それほどいい曲ばっかりでした。大きくなったり小さくなったりしてよかったです。(中1)
・すごかった。Fire Danceがすごかった。(中1)
・いろんな曲をつくっていてすごいと思いました。いろんな曲が聴けて良かったです。(中2)
・曲の雰囲気がかっこよかったりしてすごかったです。(中2)
・知らない曲ばかりだったけど楽しんで聴くことができました。(中2)
・1本のギターで色々な音を出せるってかっこいいですね。(中2)
・いろいろなギターの演奏がきけてとても楽しかったです。いい時間がすごせました!!(中2)
・とても心に残る良い演奏でした。私は吹奏楽部なので、いろんなすごい所にずっとおどろきっぱなしでした。また聞きたいです。(中3)
・オリジナル曲、かっこよかったです。演出も話も愛がありとてもキラキラしてました。(高1)
・すごく感情的な音楽ですごく浸ってしまいました(笑)ギターのすばらしさをあらためて実感しました!!すごくいい時間をすごさせていただきました!ありがとうございました。(高2)
・なかなか見ないギターのソロライブでいつもとちがってよかった。(高2)
・You Tubeで聞いたことのある「戦場のメリークリスマス」がきけてよかったです。(大3)
・とても良かったです。小さな手の女性が弾いているギターの音とは思えませんでした。ギター大好き!!(大人)
・とても心に響く演奏ですてきな夕べでした。声もやさしいステキな声でした。(大人)
・ギターも声も素敵!!でした。(大人)
・モモちゃん、かっこ良かったです!(匿名)

神戸生まれ神戸育ちで、今も神戸を拠点にグローバルに活躍されているm o m oさんのコンサート。
楽しみに待っておられた会員さんも多いはず!
私は初めて聴かせていただきました。
指の動きが速い!
1本のギターなのに、メロディーと伴奏とパーカッションが同時に聞こえてくる!!
オリジナル曲のテーマが分かりやすい!!!
驚きと感動のコンサートでした。
中学生や高校生・大学生の会員さん達のもわしづかみ
また聴きたくなる例会でした
m o m oさん素敵な音楽をありがとうございました。
これからのますますのご活躍をお祈りしています

byウグイス



  
  
 
posted by tarumioyako at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

舞台劇『ハナさんのおきゃくさま』例会報告

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

【幼児・小低・小高コース例会】
劇団なんじゃもんじゃ 
『ハナさんのおきゃくさま』


日  時:2017年4月2日(日)14:00
会  場:神戸アートビレッジセンターKAVCホール
上演時間:55分


春休み真っ只中の日曜日、劇団なんじゃもんじゃによる舞台劇「ハナさんのおきゃくさま」を幼児〜小学生の会員で鑑賞しました。
今回は、鑑賞された小学生ママの感想を掲載いたします。

***************************************************

 開場しホールに入ると、キノコが3本生えた赤い屋根に入口が2つあり壁には鳩時計窓際にはお花が飾ってあるハナさんのかわいらしいおうちのセットにワクワク感が高まりました

 さらには入場している間、劇団なんじゃもんじゃのお二人が会場を周り、やさしい笑顔でお客さんを迎えてくれていました

 おやこ劇場に入会して日の浅い、新小1の女の子達開演前のあいさつ担当で、初めてのことやから大丈夫かな…と、心配していましたが、かわいくそして立派にやってのけていました。
 同じく終演後のプレゼント渡しも初めて担当する子ども達で、こちらも問題なくこなし、さらにはなんじゃもんじゃさんと記念撮影もパチリ! 緊張したりせんかしら、大丈夫かなぁ〜と、気分は親戚の伯母さんのようになっていましたが、全然心配することなんかなかったです。

 開演すると、導入の早口ことばで会場は一体となり、いざ本編では、なんじゃもんじゃのお二人がハナさんを演じることを取り合いし、最初は男性の役者さんがハナさんに。
 ハナさんはおばあさんよね…と初めはおじさんのハナさんにちょっと気になるも、不思議とすぐにおじさんがハナさんに見えてきて…。
 途中、またハナさんを演じる取り合いっこになり、会場を巻き込んだじゃんけんで決めたりするその楽しいかけあいや、おばけの手が飛んだり、かわいいねずみが出てきたり、やまばあさんのもじゃもじゃ髪の中でひよこが動いたり、ふわふわスポンジケーキが食べれたり…と、子ども達は笑ったり、びっくりしたり、声を出したり…本当に楽しそうに観ていました
 役者さんが年配のご夫婦とは思えないくらい、セットの端から端、お客さんの前ギリギリまで、と、動きも大きく、スピード感もあって、あっという間の約1時間でした。さらに終演後の交流会では、子ども達は興味津々でセットの細部、内側までも覗いていました。

 子ども達と同様、もちろん私も楽しく見ていましたが、そんな中でも、お客さまの来訪を心待ちにしているハナさんの姿に、父が亡くなり独り実家で暮らす高齢の母を重ねてしまいちょっとしんみりしそうになるも、次々に珍妙なお客さまがやってきて、おもてなしを尽くして笑顔でいるハナさんを見て、母もこんな風に過ごしているかな、と、ちょっとだけホッとしたりして。
 
 また、ハナさん同様お客さまに訪ねてほしいやまばあさんが、迷子を見つけて連れてきたらいい…と手抜き?なことを提案すると、ハナさんは、「手間ひまかけなくちゃ…」と、おもてなしを尽くすことでお客さまは再び訪ねてきてくれるのだよ、と諭してあげるところでは、子育てや毎日の生活で、すぐに結果が出ることや、手軽さを追求してないかい?大事なこと忘れたらあかんよ〜と言われているようで、この「手間ひまかけて…」の言葉がとても心に残り、ハナさん深いなぁ〜と観させて頂きました。(M子)

***************************************************

M子さん、ありがとうございました。
おやこ劇場では、鑑賞前に子ども達が始まる前のあいさつ係をしたり、終演後に役者さんにプレゼントを渡す係をしたり、ただ舞台を観るだけではなくいろいろな体験をしています。
M子さんの感想にありましたように、ひとつの舞台劇からでもこんなに受け取るものがあり、加えて体験があり、そして観終わった後も子ども達にも感想を書いてもらったり、親子や友達と感想を言い合ったり、劇ごっこやパフォーマンスの真似事をしたり…
おやこ劇場の鑑賞例会には、たくさんの魅力が詰まっています。
次の舞台では、新しいお友達とも出会いたいですね。

IMG_9488.JPG

さあ、舞台芸術の世界へようこそ!


(文責・神戸垂水おやこ劇場事務局・ぐりーんりーふ)
posted by tarumioyako at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする