2017年01月28日

ドキドキ♫ワクワク たるみ探検!

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます

IMG_1235.JPG

ドキドキ♫ワクワク たるみ探検!

垂水おやこ劇場のなかまと一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

日時:2月12日(日)12時50分集合(16時頃解散)
小雨決行(雨天時は室内遊びの予定です。)
集合場所:レバンテ垂水2番館ロビー(活動は垂水界隈とレバンテ3番館1階集会室でおこないます。)
対象:4歳〜中学生(未就学児は保護者同伴)
参加費:幼児・親ペア 500円
    小学生以上  300円
持ち物:お茶・お椀・お箸(おやつに豚汁とおはぎを用意する予定です。)
    豚汁に入れる具を持ち寄りで
 当日は、歩きやすい服装や靴で来て下さいね!


IMG_1239.JPG
     〜当時流れ〜
12:50 集合・集会室に移動
13:00 班分け・ルール説明
13:30 出発!地図を持って たるみ探検へ
14:00 到着
14:30 おやつタイム(おはぎと豚汁)
16:00 解散

☆お申し込み:お名前・年齢・連絡先を垂水おやこ劇場事務局・三木までご連絡下さい。(〆切り:1/31 )
 この企画は、会員に限らせていただきます。同時入会ご相談下さい。
 ただいま、事務所工事のため電話が不通でご不便おかけします

年末には、垂水の街に詳しいお母さん達が下見をしてミッションなども考えてくれました。とても楽しそうなミッションでしたよ。垂水に詳しい人もそうでない人も垂水の街のよさを再発見できること請け合いです。
みんなと食べる豚汁やおはぎも格別だと思います。

IMG_1240.JPG

お申し込みまだの方、お早めにお待ちしています。

IMG_1241.JPG

垂水おやこ劇場:Tel/FAX:078−706−1810 Mail:tarumioyako@kobe.zaq.jp

〈編集:NAOMI〉


posted by tarumioyako at 13:14| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

クリスマスパーティー 青年サークル主催

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます

年末の12月25日(日) 学園都市のユニティ大学共同利用施設において

垂水・須磨北おやこ劇場青年サークル主催のクリスマスパーティーが開催された!

高一生の初イベントだった、当日の様子を 報告するぞ〜

集合は 地下鉄学園都市駅に 12時30分
青年サークルスタッフと、小学生、中学生が集まった。会場に行く前に、みんなでお店に行ったよ。 
お菓子をいろいろ買ったのだ。パーティーだからね!みんなで食べるよね〜!って? 違うよ。 
まあ、食べるんだけど、そのままじゃないんだな。どうするのかってそれは…

クリスマスケーキのかざりつけに使うのさ。
 
ということで、参加者はお菓子をたくさん持って会場に到着。

会場は、すでに青年スタッフ、大人スタッフによりキラキラのクリスマスモードにかざり付けされていま〜す。 

司会の高一スタッフは、サンタクロースに変身 (ただし下は制服の黒ズボン)。 トナカイさん?来ましたよ、ちゃんと。  うす茶色(ダンボール色)のトナカイさん。おでこに「トナカイ」って書いてあったから。ツノもちゃんとあったし。

高一スタッフが開会の案内をしたら、さっそくA,B班にわかれて、ケーキのかざり付け開始。

各班 2台ずつケーキを受け取り、ふたつに班を分けて…

IMG_1207.JPG

なんとなく、女子チーム男子チーム、と言う分かれ方だが?
フルーツを切ったり、生クリームをあわだてたり、下ごしらえ

IMG_1209.JPG

IMG_1206.JPG

IMG_1208.JPG

みんな、いろんな工夫をしていたよ。でも、かわいさを追求していたのは、やっぱり女子の多いチームだったな。  

生クリームも (ちょっとあわだてに時間かかったけど) 思う存分しぼって〜かざって〜 

IMG_1210.JPG

さて、完成! うぉ〜どれもおいしそう! きれい! かわいい! 

IMG_1211.JPG

IMG_1212.JPG

IMG_1213.JPG

IMG_1214.JPG

大人スタッフが、ベストケーキを選んだあと、みんなで 「いただきま〜〜〜す」   

ケーキでハッピーになった後は、いよいよ ゲーム大会だ。

かるーく、報告しよう。

「歌 聖徳太子」
3人の 歌手。それぞれ別の歌を 3人同時に 歌う。相手チームは、それを聞き分けて、3曲とも当てる。
うわ〜。むずかしいて。しかも、10点20点30点、レベルによって点数が違う。
じっさいの戦いの様子。 「…〜*〜##〜…」
声、ちいさいよ!それでなくても3曲同時なのに!ムリゲーでしょ!
と思ったら、「きよしこのよる!」「あたりです!」
え、聞き分けてるの?スゴ−。 しかも、当てられた歌手は、次のターンでは大きな声で歌って、他の人の歌が聞こえないように妨害する。…そういうゲームなの?フーン…

「ジェスチャーゲーム」
あれですね。いつものあれ。
参加者の小学生、中学生が、自分のチームに向けてジェスチャーする。それを当てる。高一青年スタッフが、お題を書いたスケッチブックをジェスチャー担当者に見えるように出しました。
いや〜、ちょっと言わせてもらったらね。「逆転裁判」てね。「貞子」てね。「マイケルジャクソン」てね。某大学の某法学部の某大学生を含む高校生以上のメンバーが考えたお題でね。ジェネレーションギャップも含めて、いろいろナニだよね。周りで見ていた大人スタッフは爆笑のお題だったけど。ジェスチャー担当の子たちは「パス!パス!」で大変でした。…ほんの、4,5年の年の違いで知ってる言葉が全然違うのだな。 

「ビンゴ & プレゼント交換」
ビンゴの紙。何にも書いてないよ?と思ったら、クリスマスに関連した言葉を指定して、自分で好きな場所に書き込むことからスタート。なるほど、いいアイデアだ!ビンゴになった人から、プレゼントを選びました。
みんな、なにが当たったのかな?  

「まちがいさがし」
これは、すごかったよ。実写版だから。ろうかでポーズを付けて、ふすまを開いて部屋の中の人にいったん見せる。ふすまを閉じたら、3か所ちがえて、もう一度ふすまを開ける。部屋の人は、じーーっと観察して、最初と違う所を探す。みんな、よくわかったね、さすが学校行って勉強してる子たち。ちょっとしたお笑いもあって、みんなで盛り上がった。(重くてタイヘンだったね)

さて、そんなこんなで、楽しい時間もおしまい、笑顔をおみやげに解散。

おやこ劇場のイベントにも、どんどん参加してね。これからもいろいろあるよ!

文責 たぬき1号  












posted by tarumioyako at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

『子どもに伝えたい話』例会報告

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます

【小高・中学生以上コース例会】
劇団風の子東北
『子どもに伝えたい話』
〜子どもが子どもを差別しないためのプログラム〜


日  時:2017年1月9日(月・祝)14:00/19:00
会  場:神戸アートビレッジセンターKAVCホール
上演時間:1時間


皆様、明けまして おめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。


2017年のおやこ劇場の活動が、
小高・中学生以上コース例会で幕を開けました。
しかも、福島県喜多方市を拠点としておられる
劇団風の子東北の作品
とってもタイムリーで、
阪神淡路大震災から22年目の日を迎える神戸とのつながりも感じてしまいました。

内容をご紹介します。

黒い画面にロープを使ってのカウントダウンから始まりました。
 (場内はしーん)
@ロープでお話
 種から芽が出て花が咲き、
 やがて、鳥が種をくわえて飛んで行く・・・
「これは何かな?」と、観客の心をわしづかみ
CIMG6647.JPG

A紙しばい「水の話」 作・近藤等則 絵・黒田征太郎
 宇宙から見ると地球は青いんです・・・
 水は宇宙からのおくり物なんです。
CIMG6648.JPG

B竹笛の鳴き声当てクイズ
 カッコー・ニワトリ・トンビ・カラス・ブタ・ etc.
「当たった!」「えーっ!」と、大いに盛り上がりましたネ
CIMG6650.JPG 

C紙しばい「火の話」 作/絵・黒田征太郎
 火が使えるようになった人間は幸せだった。
 ところが、心のくもった人間は、火を使って戦争を始め、
 原子ばくだんを落とし・・・
CIMG6651.JPG

Dボールを浮かせよう
 息で、ドライヤーで、
 小さなボールや紙風船を浮かせることができる・・・
CIMG6654.JPG

E放射線の教室
 放射線には3つの種類がある。
 宇宙からと、自然の物からと、人工的に作られた放射線。
 だれでも、放射線を浴びている。
CIMG6655.JPG

F紙しばい「土の話」 作・小泉武夫 絵・黒田征太郎
 放射能で汚染された土の話。
 土中微生物の働きで、
 目に見えない放射能を、目に見えない微生物がなくしてくれる。
CIMG6657.JPG

G「かかしの話」 竹のざるを人形に見立てて・・・
 お百姓さんがかかしを立てました。
 かかしは「動きたい」とお願いします・・・
CIMG6660.JPG

Hおわんの中の水をつかむよ
お椀の中を見せてもらった子ども達は、ビックリ

プレゼントをお渡しして「おしまい」
またいつか、お会いしましょう
CIMG6663.JPG

紙芝居やお話の間は、
ロープなど身のまわりにあるものを使って、
マジックのようなお遊びでつないであり、
楽しみながら、とーってもためになる1時間でした。
CIMG6656.JPG

小学生から大人まで、
それぞれの人生経験に応じて考えることのできる内容だったと思います。


byウグイス



 
posted by tarumioyako at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする