2016年11月11日

影絵劇「魔法つかいのおとぎばなし」例会告知

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。


[幼児・小学校低学年コース例会]

影絵劇『魔法つかいのおとぎばなし』
〜むかしむかし、まだ世界に魔法つかいがいたころのおはなし〜
劇団かかし座

日時:2016年12月11日(日) 14:00開演 (開場20分前)
会場:神戸アートビレッジセンターKAVCホール
上演時間:1時間


内容
第一話 魔法つかいビーストと少年ウィリー
「ウィリーと魔法つかい」(アメリカの昔話)より

少年・ウィリーが森の中を歩いていると、おそろしい笑い声がきこえてきました。
そう!魔法つかい・ビーストが現れたのです。
危ないウィリーがつかまってしまう!?

FullSizeRender.jpg

いいえ大丈夫!
だって母さんが、魔法つかいを退治する方法を教えてくれたもの。
ウィリーの勇気と母さんの知恵で悪い魔法つかいを追っぱらう、
ゆかいな物語。

第二話 魔法の呪文、ムタボール!
「コウノトリになったカリフ」(ヴィルヘルム・ハウフ著)より

ある日、王様のところに不思議な老人がやってきました。
老人がもってきた薬は、どんな動物にも姿を変えることができる魔法の薬!
ただし、動物の姿に変わっている間に笑ってはいけません。
魔法の呪文を忘れて元の姿に戻れなくなってしまうのです。
さっそく王様はコウノトリに変身
ところが、周りのコウノトリのおしゃべりがおかしくて、
ついつい笑ってしまってさあ大変
王様はもとに戻れるのでしょうか!?
美しいお姫様も登場する、ちょっと不思議な物語。

1.jpg

光と影の手遊び
〜参加型の手影絵体験コーナー!〜
光と影のふしぎな魔法で、今日はどんな動物が出てくるのかな?
みんなの手やからだをつかえば、どんな動物でもつくれちゃう。
さあ、一緒にやってみよう

2.jpg

『劇団かかし座』は・・・
NHK専属の影絵劇団として1952年創立。
現在は影絵の映像手法を積極的に採り入れた舞台作品をはじめ、
映像作品などの総合エンターテイメントを全国に発信しています。

主催:神戸垂水おやこ劇場・神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援:神戸市PTA協議会・(公財)神戸市民文化振興財団

『たのしく影絵
ワークショップ参加者、まだまだ募集中
クリスマスオーナメントをつくって、
スクリーンにうつして楽しく遊びましょう
影絵ワークの準備.jpg

こんなクリスマスツリーを用意して、みなさんをまってまーす
くわしいことは、10月29日のブログ
おやこで プチプチシアター part3 を見てね

お問合せ・申し込み
神戸垂水おやこ劇場
神戸市垂水区瑞ケ丘6−23
TEL/FAX 078-706-1810
E-mail  tarumioyako@kobe.zaq.jp


(文責 ウグイス)
posted by tarumioyako at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする