2016年04月27日

春のパン焼き


熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。



『春のパン焼き』報告です

4月6日(水)11時〜15時
かほりクラフトさん前にて
参加者  大人12名、子ども19名  計31名

昨年までしていた須磨浦公園周辺もバーベキューの規制が厳しくなり、どうしようか・・・といっていたところ

今年は、かほりクラフトのYさんが、お孫さん出産前後という時にも関わらず、快く、場所を提供下さいまして・・・
今年もパン焼き(前は、パン生地を竹に巻き付けて焼いていたのでこの名が残っていますが、最近では、なんでも焼こう会みたいな、火を囲んで、みんなでワイワイと食べたり、おしゃべりしたりという、会です。)が、お天気にも恵まれて暑いくらいになり、無事に開催されました

Y野さんの車でTさんとNで準備隊、炭おこしや、スープの準備で先発です。かほりクラフトのYさんが、バーベキューコンロや、テーブル、シートなど本当にいたれり、つくせりで、いろいろ準備して下さっていました。ここで、Nの算出した炭の量が、足りないこと判明でも、カセットコンロで乗り切ってくれた、アウトドア得意のY野さんでした

パン焼き 3.jpg
まずは、自己紹介から。名前、学年、好きなこと・得意なことなど・・・

パン焼き.jpg
早速パンに挟む具材をいろいろと持ち寄り、焼きながら、おしゃべり・・・。子どもの大好きなソーセージは定番ですが、塩屋のお豆腐屋さんで美味しい厚揚げを買ってきて焼いてくれた方あったり、おもち、トマト&チーズ、お芋、・・・毎年進化しているようです

カセットコンロでは、具材を持ち寄った、おいしいスープがあっという間にできました。
パン焼き 2.jpg
Yさんが、マシュマロやクラッカー、チョコも用意して下さり、コンロの火で、マシュマロをあぶり、チョコをつけ、クラッカーではさみ、おいしいおやつも楽しみました。なんていう名前だったかな?ってYさんと話していたのですが、調べたら「スモア」でしたよ〜。M田さんの手作りミルク寒天もおいしかったです。
パン焼き 5.jpg
暑くなったので、Yさんが、作ってくれた日陰の下で、まったりと食べたり、飲んだり・・・

チャイも作りましたよ。ショウガなどのスパイス、Yさんが、お家からとってきてくれて、おいしい飲み物ができました
ハーブティーもYさん提供でいただきました。 
パン焼き 6.jpg
子ども達は、鬼ごっこや探検、ボール遊び、落下傘作って飛ばすなどして、思いっきり遊びました
ボールが入ってしまったご近所様には、帰り際、謝って帰りました。ご迷惑おかけしてすみませんでした
 
かほりクラフトのYさん、本当にお世話になりました。とっても楽しい1日でした。
お茶に間に合うように・・・と駆けつけてくれたパティシエのMさんのフルーツケーキもおいしかったです
子ども達の笑顔も嬉しいし、母も楽しいイベントでした。いろいろ準備、片づけ、関わって下さった皆さん、ありがとうございました

〈NAOMI〉





 
posted by tarumioyako at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

人形劇団夢知遊座「雨ふらんでケロ・たべたいなァ〜」例会報告

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。


【幼児・小学校低学年コース】例会報告
人形劇団夢知遊座
「雨ふらんでケロ・たべたいなァ〜」

日時:2016年4月3日(日)14:00開演
場所:KAVCホール


100人ぐらいのちびっことママ&パパで盛り上がった
幼児・小学校低学年コース例会・・・
例会担当運営委員のMさんの報告でお届けします。


春休みド真ん中の例会。
慌ただしい中にもかかわらず、たくさんの会員さんが観に来られました。

まず係のお手伝いを報告します。
今回、垂水からは次の3つの係をお手伝いしていただきました。
♪モギリ係
IMG_5089.jpg
希望してくれたのは、Uさん家族と、係のお仕事初挑戦のDさん家族です。
たくさんチケットをもぎることが出来て満足そうでした。
♪会場(くつ)係
こちらも初挑戦のIさんとKさんのコンビ。
平場に座る子ども達に優しく声かけし、靴の整理をしてくれました。
♪工作コーナー(てるてる坊主作り)係
「雨ふらんでケロ」のタイトルにちなんで、
来場した子どもたちに「てるてる坊主」を作成してもらうという、
またまた、おやこ劇場ならではのテンションの上がる工作コーナーを設置。
お手伝いくださったKさん、Yさん、他劇場の皆さんと一緒に作業し、
ピーク時には大忙しでしたが、
「てるてる坊主」に顔を描き満足そうな子ども達の顔にいやされました。
IMG_4978.jpg                  
お手伝いくださった皆さんありがとうございました。
IMG_1515.jpg

入り口の木の枝アーチ(神戸東おやこ劇場さん作成)に
思い思いに「てるてる坊主」をぶら下げたステキな入場口をくぐると、
ワクワクドキドキ人形劇の世界です。
開演10分前にもかかわらず、
夢知遊座さんのお二人が入り口でギターと歌でお出迎えしてくださいました。

IMG_6752.jpg

では、私達もゲートをくぐり、いざ会場へ‼
IMG_9189.jpg

夢知遊座さんのお二人ともがピッタリ息の合った人形劇で、
人形使いもとてもリアル。
カワイイ目をしたカエル君や、
恐いオオカミの役を演じる男性の声がとても上手く
グイグイと引き込まれます。
子ども達の笑い声やツッコミも自然と飛び出しました。
所々に出る名古屋弁と味噌カツなどの名古屋ネタ
大人にも笑えるアドリブ(?)を折り込み、会場全体が和む楽しい作品でした。

1作品目『雨ふらんでケロ』
周りの人にへそ曲がりな発言ばかりして困らせるカエル君のお話。
「カエルにはへそはないんだよ」というのが口癖。
クライマックスでは、
本当は素直でかわいくてお母さん思いなところが
観客席の胸をキュン(演者さんの表現です)と打ちました。


作品と作品の合間には、
マジック(?)の様な面白いトークショーで休憩タイム。

2作品目『たべたいなァ〜』
こわ〜いオオカミがお腹を減らせて出てくると、
その低音の音楽と声に、思わず立ち上がり、お母さんの元へ歩き出す子も。
いつも一人で遊び相手がいない子ぶたのララ子ちゃんが
たべられる代りに、
オオカミに3つの遊びをして欲しいと3つの最後のお願いをします。
遊びながら笑いと共に芽生える友情が伝わってくる、
楽しく心に響く作品でした。


会場を後にする時、たくさんの「てるてる坊主」の下をくぐりながら、
「雨ふらんでケロ〜」と余韻に浸りながら会場を去ったのでした。 
大人も子どもも夢中になれる夢知遊座さんの作品に、
またいつか出会いたいです。(M)

Mさん、楽しそうな報告をありがとうございました。
スポンジのような子ども達の心に、
夢知遊座さんの人形劇がしみ込んでいくようですね。
親子で共有できる素敵な時間を大切にしていきましょう。
おやこ劇場の例会や活動が、そのサポートをしてくれますよ。
byウグイス


posted by tarumioyako at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

熊本の地震災害

〜被災地へ心を寄せて〜
 熊本県を中心に相次いでいる地震、被害が広がっています。垂水おやこ劇場より、心からお見舞い申し上げます。
 亡くなられた方もいらっしゃいました。負傷された方もたくさんいらしゃるようです。まだ、安否の確認されない方もいらしたり、揺れが続く中で、避難者も多く、不安な日々を過ごしたり、不便を強いられたりしていることを心配しています。同じ地震による被災地神戸だからこそ、心がいたみ、気持ちを寄せている会員さんもたくさんいらっしゃることと思います。
 そこで、その気持ちをあらわす一つの形として、垂水おやこ劇場では、いち早く行動を起こしたいと急きょ相談し支援の募金箱を昨日のイベントで置かせていただきました。少しでも被災地の役に立てればと思います。
 停電や断水が続いていて、たいへん不便もあると思います。これ以上の被害が出ることなく収まってくれること祈ります。
募金2_ワクワクはっぴょう会.JPG

募金1_ワクワクはっぴょう会.JPG
〈NAOMI〉
 
posted by tarumioyako at 15:29| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

新入生歓迎キャンプ

青年サークル主催 
新入生歓迎キャンプ(須磨北・垂水おやこ劇場合同)


日時:4月2日(土)〜4月3日(日)

場所:しあわせの村DAYキャンプ場

対象:新小4〜(お泊まり:新中1〜)

参加者:青年16人(高校生10人スタッフ6人)
子ども12人(内訳小学生3人中学生9人)
大人7人
    合計35人

新歓2016.jpg

青年サークル主催の新入生歓迎キャンプが開催されました。
新小4から参加出来ます。お泊まりは、新中1からです。参加申込みが出ていない子どもには、お誘いの電話があったりと、きめ細やかな心遣いが素敵です。新中1になった我が家の子どももとっても楽しかったと帰ってきました!青年やスタッフ、大人の皆さん、楽しい時間をありがとうございました

青年からの報告です。
4月2日、3日の2日間しあわせの村で新歓をしました。
まず、食事作りでは二班で協力し豚玉丼、2種類のチヂミ、生春巻き、プリンを作りました。火を起こしたり、野菜を切ったり譲り合いながら楽しく美味しく作ることができたと思います!子どもも美味しいと言ってもらえたのでよかったです。
その後のゲームでは初めてやるゲームがあって、楽しかったです!
まさかの一番楽しかったゲームがただけんの『言語ゲーム』だったのは悔しかったので、次はもっと楽しいゲームを考えたいと思います。
また、6月12日にはプレキャン、8月11日からは高キャンがあるのでみんなに参加してもらいたいし、それに向けて高2同士の団結力も深めていければと思います!
参加してくださった皆さんありがとうございました。〈高2 かれん〉

〈編集:NAOMI〉
posted by tarumioyako at 16:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

『ボランティアまつり』報告

みんなであそぼうたるみフェスタ
『ボランティアまつり』報告

日時:3月26日(土) 12:00〜15:45
場所:垂水区役所内 1F大会議室


毎年、3月に開催される『ボランティアまつり』
おやこ劇場を地域のみなさんに知ってもらうためにも大切な機会ですね。
当日は、おやこ劇場の若手&バリバリの3人のママが
スタッフとして大活躍!!!
その中のMさんのレポートです。


垂水区ボランティアセンターに登録している団体や個人の皆さんが、
ステージやパネルで活動を紹介する楽しいおまつりです。
今年も、垂水おやこ劇場は
「展示」と「体験」コーナーに参加しました。

体験のコーナーでは、
「空き容器のフクロウ笛」
IMG_9161.jpg<

「フクロウ笛」づくりに挑戦中
ボランティア1.jpg
「アルソミトラ
(劇団風の子さんに教わった“空飛ぶ種”)」、
「紙飛行機」

エコ工作を提供しました。

シールラリーの形式になっており、
家族連れやご年配の方々が、お孫さんの為やご自身にと
楽しそうに工作に挑戦してくださいました。
たくさんの方に、
垂水おやこ劇場のチラシ、パンフも一緒に持ち帰っていただくことができました。
なかには他の場所で
「以前、おやこ劇場の会員さんに声をかけて貰ったことがある!」と言って
お話に花が咲いたお母さんもいらっしゃり、
おやこ劇場に再び興味を持っていただく機会となった様でした。
地域の方々との交流や活動の紹介の場として
劇場にとっても貴重なイベントだと思います。
たくさんの笑顔と出会い、心のホッコリしたひと時でした。

おまつり開始直前に他のグループの方から教わった(!)、
飛行機の翼も尾翼もある「紙飛行機」も親子に伝授。
ボランティア2.jpg
部屋の奥のスペースを“飛行場”にして、
作った「アルソミトラ」や「紙飛行機」を飛ばして遊びました♪
輪飾りは、子どもがもって帰ってきた学校のお楽しみ会で使ったものをリユース。
エコです。

パネル展示では「垂水おやこ劇場」の活動を紹介しました。

最後になりましたが、
エコ工作の事前準備にご協力くださった皆さんありがとうございました。(M)

Mさん、レポートありがとうございました。
エコ工作、楽しんでもらえたようですね。
ちなみに、「アルソミトラ」とは、インドネシアなどの植物で、
実が熟して割れると、
たねがグライダーのように1qも空中を遠くとんでいくそうです。
日本名は「ハネフクベ(羽根瓢)」。
種を飛ばして仲間を増やしていくのですね。
発芽してどんなふうに生長するのか、どんな花が咲くのか、見てみたいです。
おやこ劇場も、いろいろな活動を通して、
仲間を増やし、すてきな子ども達を育てていきましょう。
byウグイス



posted by tarumioyako at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする