2018年02月09日

『スノードームづくり』 お知らせ

『スノードームづくり』 お知らせ

スノードームって、何?
私にも作れるのかな

と、疑問をもたれたあなたの為に…

まず、スノードームはこんなのです。
ある会員さんが作られたオリジナルですよ

30EAAE48-C9DC-40A3-A995-7C5B57057232.jpeg

どこかで見たことあるような…でしょ!
空き瓶のドームの中でラメやビーズやカラーセロファンがキラキラ・ユラユラ
真ん中には、個性あふれるお人形やフィギュア

自分だけのオリジナルのスノードームを作ってみませんか?
幼児から大人まで、どなたでも参加できます。

日 時:2018年2月24日(土)
<1回目> 10:30〜 残席に余裕あり
<2回目> 13:30〜 残席わずか
場 所:スペースとおりゃんせ(須磨区天神町) 
<JR・山電須磨駅より徒歩8分、綱敷天満宮の北へ徒歩1分>
参加費:200円

もれなくココアとお菓子もつきます

主催:神戸垂水おやこ劇場

お問い合せ・お申込みは
TEL/FAX: 078-706-1810
e-mail : tarumioyako@kobe.zaq.jp

お名前・学年・年齢・連絡先を書いて申し込んでくださいね。

(文責 ウグイス)
posted by tarumioyako at 17:30| Comment(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

青年合宿 at 六甲パーラー

垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。

2017年、暮れも押し迫る12月29日の夕刻、阪急六甲駅に集まった若者たち…彼らの目的は?和やかに話しているように見えて、その実お互いを見る目には何かがある…。そう、各自隠し持った秘密のナニモノかが、彼らの様子をどことなく怪しげにしている…。これからいったい何が始まるのか 

1698AE24-EDD9-45C8-9B06-D2AC5720AE2C.jpeg





青年合宿 at 六甲パーラー!
以下、当日の参加者からの報告および感想である。

76F62E2A-EC15-4AB9-830F-C7094FFDDBCA.jpeg

 六甲パーラー
参加:青年 泊9名 日帰り2名 大人泊1名 日帰り1名
唯一 青年の青年による青年のための企画です。
おいしい鍋をみんなで作り(今年は闇鍋だったので大いに盛り上がりました)
夜は色々と語り合いました。


今年の青年合宿は高校生が多かったのですが、鍋をつつきながらキャンプの感想などを話したり、遊んだりしてとてもいいものになりました!  TMT

自分達が企画する最後の行事で楽しく終わることができてよかった。来年からもおやこ劇場の活動にできるだけ参加できるようにしていきたい   SHM

闇鍋が辛いものばっかり入っていて舌がヒリヒリしました。一年間の反省やこれからどのようにしていくかを話し合えたのでよかったです。これから頑張りたいです‼ HNS

何度も集まって話し合いしてきたメンバーとキャンプの思い出を話したりカードゲームをしたりしてすごく楽しかったし、来年の目標などを確認してモチベーションも上がった。闇鍋やシュークリーム、シンガポール土産などたくさん食べたけど、一番美味しかったのはミルクティーでした笑  SR

これがウワサの「闇鍋」
194DACB9-DF44-42BC-9AB0-2B0166BDD4C4.jpeg

とにかくっ楽しかったです!何故か闇のやつが一番美味しくなったり、寒空の下濡れたタオル振り回させられたり、ゲームのチンパンジーなど色々謎でした笑笑   SYY

青年合宿で一番印象的だったのは夜の闇鍋です。僕はキムチを持って行き他にも明太子やキムチ入りの餃子などがあり、とりあえず辛かったのを覚えています。今回が初めてだったのでどういうものか理解しておらず戸惑ったり夜に怒られることもありましたがとてもいい経験になったし、青年としての自覚がより深まったように感じます。ありがとうございました! J

久しぶりに参加できて、みんなとお話したりカードゲームをしたりすごく楽しかったです!
闇鍋も意外と美味しかったです!笑今年は新歓、高キャンなど参加したいと思ってるので、また青年サークルにも行けたらいいなと思います。楽しい時間をありがとうございました! AIK

今年の青年合宿は高校生がたくさんいてすごい若い合宿でした
高校生をみてるとなんだか年をとったような錯覚(?)おこしそうですね〜笑
鍋もおいしく楽しかったです  MKK



ご安心ください!ちゃんとした「寄せ鍋」 x 2 「 闇のやつ」は1つです。

764FB0E3-556F-42AB-A947-C52C8A2CF757.jpeg



楽しそうですね!参加者の青年は大満足だったようですね。来年度に向けて話し合いをして、気持ちを新たにしたようです。青年サークルの来年の活躍に期待ですね。

報告 Sさん
編集 たぬき1号
posted by tarumioyako at 15:37| Comment(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

例会「空の村号」報告


垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。

例会「空の村号」報告です!
劇団どろ
空の村号

2018年1月14日(日)18:30開演
神戸アートビレッジセンターKAVCホール

空の村号ロビー.jpg
(ロビーの壁面:須磨北Oさん作)


私が会場入りしたのは、2時。午前中からは、担当の須磨北おやこさん中心に劇団の方を迎えたり、昼食を用意したりして下さっていました。劇団の方が予想より多く来られてパンの用意などで、大忙しの昼食用意だったそうですお疲れ様でした。「久しぶりの大人数、この感覚が懐かしい」と全盛期の頃を知るスタッフの方々の言葉は苦労よりも協力して無事にやり遂げた感で文化祭の後の充実した空気と似たようなものを感じました。
会場に椅子を並べたり、チラシを当日資料に挟み込んだり、打ち合わせに同席したりして裏方を垣間見ました。
どろさんのリハーサル(ゲネプロっていうのですね・・・その単語も聞き慣れません。)では照明のタイミングを何度も合わせていました。
そうこうしているうちに垂水の小夜食の担当の方も、おにぎり、サラダ、フルーツと続々と持ち込みして下さり、お疲れ様です自分たちも軽い夕食を取りました。(KAVC前のパン屋さんのパンがリーズナブルで美味しかったですまだの方は、いちどお試しあれ
係集合では、須磨北0さんの下、タイミングなどを伝達。垂水からは、会場係や影アナ、プレゼント係が出てくれました。何回かプレゼントを渡している青年S君からは、的を射た質問も出てきていました。
そしてスタンバイ。
今回、垂水では、先に見たM田さんや事務局M木さんの前宣伝もあり、お誘い券利用の方も多く来られ、たくさんの方と観られて嬉しく思いました。
例会アンケートも別の机も利用するほど多くの方が書いて下さいました。

アンケートより
・原発事こがデマとは思ってませんでした。ちょっとこわいとこもあったけど、楽しかったです。(K君・3年)
・おもしろかったです。1人で2役ぐらいしていたので すごかったです。(Yさん・10歳)
・少しかなしいお話でした。でもおもしろいところもあったのですごいお話だと思いました。(Rさん・4年)
・おもしろい所がたくさんあって、おもしろかった。(S君・11歳)
・面白いところがいっぱいあって楽しかったです。また、見たいです。(R君・5年)
・おもしろかったし、はくりょくがあった。(Nさん・11歳)
・地震の話だったけど、途中でおもしろいことばが入ったりしててたのしかったです。(Y君・6年)
・地しんなどで げんぱつとかの事故があったのをわすれかけてたけど思い出せてよかったです。(R君・6年)
・とても現実的でした。東日本大震災の事を詳しくやっていました。
 いろいろな感情も入っていたり、重みも感じました。
 とてもリアルでよかったです。(H君・中1)
・少し長かったけど、おもしろかったし楽しいところもあって、また見たいと思った。(H君・5年)
・おもしろかったです。ちょっと難しかったです。(N君・14さい)
・内容がとても印象に残った。おもしろかったです。(Y君・中2)
・ちょっとむずかしかったです(M君・中2)
・あの地震から7年経ちますが元気になることを願っています。きょうは、ありがとうございました。(H君・中2)
・僕らが何も知らずにのんきに外で遊んでたとき、一つ、二つ上の年の・・・近い年の人が考えて考えて・・・悩んでいた。
 今からでもおそくない、自分も考えなければ、と思った。(S君・16歳)
・7年前の事で自分もよく震災の事がわからなくて、当時はあまり考えていなかったけど、今日の劇を見て改めて考えさせられました。(T君・高2)
・自分はまだ小さく震災について深く考えることがなかった、今日の公演を見て改めて震災について考える機会になったと思います。(S君・高2)
・ファンタジーの世界に逃げたくなる空くんの気持ちが何だか分かるような気がしました。
昔の戦争が終わった時に、日本の誰もがその責任をとらなかった、ということを倫理の授業で習いましたが、それは今でも起きていることだと痛感しました。被害者でない私たちにも何かできることはないかと考えさせられる劇でした。ありがとうございました。(Sさん・高3)
・空が撮った映画がまさにドキュメンタリーだなと思いました。純粋だからこそ撮れた作品だったのでしょうね。(M君・22歳)
・現実にあった福島の子ども達の気持ちが伝わってきました。(大人)
・劇のメッセージがはっきりしていて、いい劇だった。
 せりふもそれぞれ、個性が出て分かりやすく伝わるものがあった。皆が忘れがちな現実を呼びおこし、これからも私達は忘れずに見守っていかなくてはと思う。
・朗読劇は初めてで最初、入り込めませんでしたが物語が進むにつれ、ぐっと入り込めました。
ニュースでは伝えられない現地の子ども達の思いや大人の方達の思い、色々考えさせられました。(Iさん・大人)
・内容がとても重かったです。自分の知らなかった原発事故の側面を知ることができました。所々、おもしろい要素があったのがよかったです。(ヤマトとか・・・)


どろさん、ありがとうございました。また、終演後の椅子の片付けは青年が手伝ってくれてあっという間に・・・。ありがとうございました

どろさん.jpg

〈報告:NAOMI〉







posted by tarumioyako at 21:51| Comment(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

空の村号 劇団どろ

垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。

新年すぐの例会
小高・中学生以上コース

空の村号
劇団どろ
日時 : 2018年1月14日(日)18時30分開演 (開場30分前)
場所 : 神戸アートビレッジセンター

9EF94AA1-8AC6-48A8-917F-4252F92D7234.jpeg

あらすじ
は5年生。酪農家の長男なのに、牛の世話は「いまいち」で、特に大きな夢もない。
原発事故後、代わっていく村、そして家族。
だけどは、どこかに世界征服をたくらむ悪の組織があり、それをやっつけてしまえば、平和が戻ってくると信じたかったのだ…

例会のチラシに、劇作家 篠原久美子さんからのメッセージがあります。
原発事故の後避難地域になり、誰もいない、酪農家なのに牛たちもいない村に出会ったことで感じた胸の痛みを忘れることを拒否する、と書いてあります。時がたてば自然に忘れることを促すが、そうしたらまた思い出そう、と。美しい山の、美しい村の、胸をかきむしられるような、痛みを。



日々の時間に流されて、ともすればかすんでいく東日本大震災。福島原発の大事故。津波。
私の日々からは遠くなってしまった?
それでも、あの日から、「その後」を生き続けている人たちがたくさんいる。
それを忘れない。
忘れたことに気づいたら、また何度でも思い出そう。

主催/ 神戸垂水おやこ劇場 神戸中央おやこ劇場 神戸須磨北おやこ劇場
後援/ (公財)神戸市民文化振興財団 神戸市PTA協議会

この舞台に興味を持たれた方は、
神戸垂水おやこ劇場 事務所までお問い合わせください
電話 078−706−1810
Email tarumioyako@kobe.zaq.jp

文責 : たぬき1号




posted by tarumioyako at 14:31| Comment(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

例会 人形劇団クラルテ おひさま劇場 報告

垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。

幼児・小学校低学年コース例会報告です!

 人形劇団クラルテ
おひさま劇場
イタリア民話「ポリチーノのけっこんしき」
日本民話「かさじぞう」
例会 おひさま劇場 壁面かざり.jpg(須磨北Oさん作)
2017年12月17日(日)14:00開演
神戸アートビレッジセンターKAVCホール


お地蔵さんがお出迎え(中央さん作)
例会おひさま劇場 お地蔵さん.jpg

天井には、すてきな飾りが・・・。
例会 おひさま劇場 飾り.jpg

係打ち合わせをして、スタンバイしてくれる垂水のU姉妹
例会おひさま劇場 係 .jpg  ぼかし入り.jpg

いろいろな行事が重なっていたり、風邪の季節であったりで、ちょっと寂しい参加率だったようです。
信頼で結ばれた劇団さんの人形劇、子どもが大きい私にとっては久しぶりで懐かしい感じでした。
人形があっちから姿をあらわしたと思えば、こっちから・・・という場面では観客の子ども達がこっちだよ、と教えてあげていて素直な反応に思わず笑みがこぼれました。木彫りの人形はとっても味があって、グリーンリーフさんから聞いていた「ポリチーノのけっこんしき」の繰り返しの歌はやはり私の耳に残っています。「かさじぞう」では、雪景色に雪が舞うといった演出もあり、昔話の世界にひたれて、しんみりとしながらもユーモアのある楽しい人形劇でした。
終演後には、味のある人形を間近で見せて下さる劇団の方、間近で見る人形に皆さん興味津々でした。
例会 おひさま劇場 人形と.jpg  ぼかし入り.jpg 


例会アンケートより(傘をかぶったアンケートBOX
例会 おひさま劇場 アンケートポスト.jpg
・おもしろかったです。かさじぞうがかわいかったです。(H:年中) 
・にんぎょうがおもしろかった。また、ほかのもみてみたいです。(S:7さい)
・にんぎょうが、かわいかったです。たんすの上でなかよくしているところがかわいかったです。ゆきが、きれいだったです。また、みたいです。(A:7さい)
・おおかみがどうぶつえんにつれていかれたところがおもしろかった。(H:8さい)
・おもしろかった。「ポリチーノのけっこんしき」が声が二人でやっているとは、おもえませんでした。オオカミが、おもしろかった。(R:9さい)
・「ポリチーノのけっこんしき」おもしろかったです。いろんな動物がでてきて楽しかったです。「かさじぞう」もオリジナルでおもしろかったです。(S:10さい)
・おもしろかったです。「ポリチーノのけっこんしき」はオンドリなどいっぱいキャラクター(ていうのかな?)だから二人でやっているの?と思いました。「かさじぞう」は、わたしの知っているかさじぞうではありませんでした。仲良しの方のおじいさんは声がやさしくてやさしく感じました。(Y:10さい)

演じられたお二人はたくさんの大道具、小道具を載せて、車でKAVCを後にされました。
例会 おひさま劇場 お見送り.jpg

また、お会いできる日まで・・・。

《報告・編集:NAOMI》





posted by tarumioyako at 14:23| Comment(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

『X’マスパーティ 2017』 報告

青年サークル企画 X’マスパーティ

日 時:12月10日 ㈰ 13時半〜17時
会 場:学園都市ユニティ 和室
参加者:小学生9人 中学生6人 
    青年8人(高校生5人 大学生以上3人) 大人4人

集合は学園都市駅
えつ まさか(笑)
青年と異色を放つサンタとトナカイが駅でお迎え

ケーキ作り開始
たくさんの果物とお菓子 飾る前に食べちゃう子もいたかも?
1班側のケーキは原型をとどめず闇ケーキにWAO 
2班側のケーキは職人が奮闘してプロ顔負けのケーキが完成 
クリスマスケーキ2.jpg

クリスマスケーキ1.jpg

いよいよ実食
その前に、高1のロウソク点火のスタンツ。
着火ができなかったサンタはトナカイに連れていかれました。
レディーサンタがしっかり点けてくれました。

クリスマスケーキ3.jpg

クリスマスケーキ4.jpg

ケーキは本当においしかったです。
…が、食べ方は様々。
きれいに食べているところや怪獣無法地帯な食べ方をしている男子グループがありました。

ゲーム大会

ロシアンルーレット、
酸っぱいシュークリーム、辛いサンドイッチを誰が食べたか当てるゲームです。
高1、スタッフと大人や、やりたいと手を挙げてくれた子どもたち。
みんな見事な演技でだましてくれました。
奇跡的に当てた人は飴をトナカイからもらっていました。

クリスマスパーティー ゲーム.jpg

ビンゴ大会
クリスマスに関するワードを使ったビンゴ。
ビンゴになった人は、みんなで持ち寄ったプレゼントをサンタの袋から選びました。

ほっこりとした楽しい時間を過ごしました。

クリスマスパーティー 集合.jpg

青年(高校1年生)の感想

クリスマス会は高1が主となって作る初めてのイベントだったので大変でした。
大人の方々の力無しでは成功させることが出来ませんでした。
ありがとうございます!
<Jo>

みんなで力を合わせてがんばったので、楽しんでくれて嬉しいです✨✨
<Sa>

初のイベント企画で、みんなでがんばってきたので成功できてよかったです。
個人的にはスタンツがまあまあうけていたのが嬉しかったです(笑)
<Hi>

自分たち高1で企画したクリスマス会がうまくいってよかったです!
でも、高1がテストで集まりにくくて
大人の方に助けてもらえてなんとかできた感じなのでとても感謝です!
あとサンタの衣装暑かったです!(笑)
<Se>
(文責 垂水おやこ劇場・須磨北おやこ劇場 青年サークル)



青年のみなさ〜ん
おいしそうなケーキの写真と楽しそうな報告をどうもありがとうございました。
参加した皆さんの満足そうな笑顔…
クリスマスツリーのように輝いていますね
大成功 おめでとうございます!

事務所が引っ越しして、
明るくなった部屋からのブログ第1号です。
青年たちからパワーをもらって、2018年も元気に頑張りましょう
byウグイス
posted by tarumioyako at 19:35| Comment(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

『収穫祭 2017』

30周年記念企画 『収穫祭2017』

日時:12月3日(日)11:00〜15:00
場所:かほりクラフト & その周辺・さわい家(垂水区塩屋町)
 
11137FFE-FE38-4308-B323-5188472F070D.jpeg

小春日和の天気に恵まれた収穫祭。
持参したカイロが不要のポカポカ陽気でした。

荷物の運搬の為に、慣れない道を事前に練習して車をだしてくださった方、
加えて、朝早くから豚汁の仕込みに入ってくださった方々、
A69330FA-70B8-4512-8BCD-C6B7CE200E50.jpeg

続いての到着は火おこし隊中学生男子と準備から参加の皆さん…
火おこし.jpg

予定していた場所から変更したりして、バタバタ準備しているうちに
オープニングの納豆紙芝居が始まりました。
(このころには心強いお手伝いの方々続々到着です

納豆紙芝居はアコーディオンの音楽付きで本格的
45D1E5C8-8F5A-4971-9E7B-72A9EA7F0A04.jpeg

みんな聞き入っていました。
なんと…「つづく」でした

オープニングが終わると本格始動。

風船スライム作りは、まったりと小さなお客様と会話しながら、
7C06B3EF-4547-4EF4-AB72-8DE3279EA72C.jpeg

E1E99988-FB65-4A1A-B235-C15109BB1B6A.jpeg

焼き芋・焼きリンゴは
出足はゆっくりでしたが次第に売れて…

FCD4D7D7-61A6-4AFD-A6A2-9B75A4046524.jpeg

焼きリンゴ準備.jpg

最後は完売でした。
IさんやKさんすっかり職人の域かも?!

9799CCBC-377A-4187-BCEE-6AA52EA2AA58.jpeg

炭になったらどうしよう…
との心配をよそに、黄金色のホクホクお芋おいしかったです。
CD301CEF-AE8B-49B3-AF34-C25825B108B7.jpeg

豚汁と焼きリンゴは私が休憩に入った1時頃には売れてしまって、
残念ながらありつけませんでした。
でも完売はとても嬉しいです。
フリマはぼちぼち。
お孫さんと工夫してくださったKさん、ありがとうございました。

子ども達も手伝ってくれて、
大人もチームワーク抜群、状況に応じて臨機応変にテキパキと、
楽しみながらしてくださいました。

かほりクラフトのボルシチもおいしかったです〜。

お邪魔したさわい家さんではいろいろ楽しそう。
ヨガ、竹箸作り、コースター作り、カードリーディング、納豆試食、コーヒー、スイーツ…
賑わっていました。
私も美味しいコーヒーをいただき一服させてもらいました。
リノベーションの趣あるお家のつくりも素敵でした。
325D5FB6-5B11-4A3D-A3FA-A9286AF3F434.jpeg

ライブが始まったので ゆっくりと挨拶できませんでしたが、
かほりクラフトのYさん、ありがとうございました。

関わってくれた皆さん、お疲れ様でした。

塩屋って素敵な街ですね。

(文責 naomi)
(編集 ウグイス)
posted by tarumioyako at 14:39| Comment(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

幼児・小低コース例会 人形劇団クラルテ おひさま劇場

垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。

例会のお知らせです!

幼児・小低コース例会
人形劇団クラルテ おひさま劇場
「ポリチーノのけっこんしき」
「かさじぞう」

2017年12月17日(日)14:00開演
アートビレッジセンター KAVCホール


〜劇団HPより〜
ポリチーノの結婚式
脚色・演出・美術/吉田清治、音楽/一ノ瀬季生
polichino01.jpg
 小さな家の小さな部屋の飾り棚に、かわいい木彫りのおんどりさんが飾られていました。ある日、木彫りのおんどりさんは棚から飛び降りてとっとこあるいていくと、「ポリチーノのけっこんしきにおいでください」という手紙をひろいます。
 結婚式にはめんどりさんも、あひるさん、がちょうさんも招待されています。明るく楽しい歌の繰り返しで進んでいく、木彫りの人形が美しい人形劇です。


かさじぞう
作/高平和子、演出/西村和子、美術/永島梨枝子、
音楽/一ノ瀬季生
かさじぞう.jpg
昔むかし、心の優しいじいさんばあさんと、意地の悪いじいさんばあさんが隣合わせで住んでいました。雪の降る寒い日、心の優しいおじいさんが笠を売りに出掛けました。でも、一つも売れません。そして、野中のお地蔵さんにあげて帰ってきました。お地蔵さんはお礼にもち米をどっさりおじいさんにあげました。それを知った悪いおじいさんも、もち米をもらおうとお地蔵さんのところへでかけます。民話「かさじぞう」をほのぼのと伝えます。

ポリチーノの挿入歌が耳に今でも残っているとかつて観たMさんにお聞きしました。どんなかわいい歌なのか楽しみですね。
寒くなりますが、風邪をひかないようにして例会を楽しみにして下さいね。


主催:神戸垂水おやこ劇場・神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援:(公財)神戸市民文化振興財団・神戸市PTA協議会

問合せ・申し込みは
神戸垂水おやこ劇場
TEL/FAX:078−706−1810
E-mail:tarumioyako@kobe.zaq.jp
 



《編集:NAOMI》




posted by tarumioyako at 17:42| Comment(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

X'マス パーティ

垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。

青年サークル企画
X'マス パーティ


3FE9848F-DE19-49A9-A4EA-AC16C5C35481.jpeg

今年もこの企画がやって来た!
青年サークルの 熱い(冬だけど)パーティだ!


確認しよう!

対象 : 小学3年生〜
日時 : 12月10日(日)
集合 : 学園都市駅 13時20分
解散 : 学園都市駅 17時 (小学生は駅まで送迎お願いします)
会場 : 学園都市ユニティ
持ち物: 参加費 500円 & プレゼント(500円まで)

プレゼント交換、ビンゴ、ゲームなど 楽しいことがいっぱい

サンタクロースもやってくる

みんなまってるぞ〜! ひとあし早くクリスマスパーティで盛り上がろう!
春休みの新歓にむけて、青年たちとなかよくなろう!

このイベントは、神戸垂水おやこ劇場会員向けです。
興味のある方は、 電話 078−706−1810 まで

文責 たぬき1号
posted by tarumioyako at 21:29| Comment(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

『糸による奇妙な夜』 例会報告

垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。

小学校高学年・中学生以上コース鑑賞例会
人形劇団ココン
糸による奇妙な夜
日  時:2017年11月3日(祝)18:30
上演時間:1時間
会  場:神戸アートビレッジセンターKAVCホール

ビターでシュールな、ちょっと大人向けの人形劇が見られるということで、
ワクワクしながら会場に向かいました。
会場の階段を上ったら、いきなり素敵なお出迎えが

IMG_4307.JPG

18:30 ヤマダトシヒコさんのご挨拶の後、会場内が真っ暗になり、

第1夜 生誕の夜

ココン 生誕の夜.jpg

ソプラノのゆったりとした歌の中で赤ん坊が目覚め、
激しいフラメンコの踊りへ。
2体の人形の動きと音楽がしっかりシンクロして、
時には、かわいいしぐさに会場から笑い声も聞かれました。

第2夜 8つのシカク(カタチの夜 1)

白い立方体が8つ、頂点と頂点でくっついていて、
あくびをしたり、しゃっくりをしたり、
さまざまな形と表情のワンダーランドでした。

第3夜 ぼくってなに?

ぼくってなに?.gif

よっぱらいのおじさんがバクダンくんの導火線に火を点けてしまいますが、
あらっ!?
不思議な結末にビックリでした

第4夜 シカクの枠(カタチの夜 2)

シカクの枠.jpg

算数の時間にストローで作った正方形や立方体を思い出しました。
2次元の正方形が3次元の立方体になっていく、
シカクのシカケが気になって、まばたきをするのも忘れていました。
2つの立方体が重なり合うところは、
糸がもつれないか心配でドキドキしました

第5夜 大きくなりすぎたペペちゃん

大きくなりすぎたぺぺちゃん.jpg

まず、「ペペちゃんって何?」という疑問が…
次に、ペペちゃんの食欲に驚きました
リンゴもかごも、駅にいた犬も、
箱の中に落ちてきた物は何でも一飲みです。
そして、おばあさんも箱の中に落ちてしまいました。
おばあさんの運命はどうなるの?
この後は秘密です

第6夜 まわるカタチ(カタチの夜 3)


まわるカタチ.jpg

回る立体に光が当たり、ストロボ効果で、
まるでイリュージョンの世界を見ているようでした。
動画で紹介できないのが、残念です。

おまけ かさのアニメーション

傘に描かれた模様が、
ストロボ効果でストップモーションのように見え
とってもきれいでした

ただの物体が、糸に操られて命を吹き込まれ動き出す。
人形だけでなく、立方体や円錐形までも、表情があり感情を持っている。
糸の先の物から目が離せない1時間でした。
byウグイス

posted by tarumioyako at 18:44| Comment(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

例会告知 人形劇団ココン「糸による奇妙な夜」

垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。

例会のお知らせです!

小高・中学生以上コース例会
人形劇団ココン「糸による奇妙な夜」

日時:2017年11月3日(金・祝)18:30開演(18:00開場)上演1時間
場所:神戸アートビレッジセンターKAVCホール

甘さを抑えたビターでシュールなお話。そして、抽象的な形が動き始める3つの「カタチの夜」。
ひとり芝居の糸操り人形劇の作品集です。子どもも見ていい、ちょっと大人向けの人形劇。
夜ってこわくってさびしい・・・でもなんだか楽しい。そんな奇妙な6つの夜をお届けします。

【プログラム】
第1夜 生誕の夜
素材のウレタンを生かした赤ん坊のゆっくりした動きと激しいフラメンコ
ココン 生誕の夜.jpg

第2夜 8つのシカク(カタチの夜1)
8つの立法体が組み変わって、様々な形と表情が生まれます。


第3夜 ぼくってなに?
自分が何かわからなくなったバクダン君の話。
ぼくってなに?.gif

第4夜 シカクの枠(カタチの夜2)
正方形の枠が立法体に変わって、も1つの立法体と出会って融け合って。
シカクの枠.jpg

第5夜 大きくなりすぎたぺぺちゃん
おばあさんは大きくなりすぎたぺぺちゃんを箱に入れ捨てに行きます。
ブラックでシュールなお話。
大きくなりすぎたぺぺちゃん.jpg

第6夜 まわるカタチ(カタチの夜3)
2つの円錐が出会い、不思議な世界が展開されます。
マリオネットによる立体アニメーションの試み。
 まわるカタチ.jpg



人形劇団ココン:2001年に旗揚げした一人芝居の人形劇団です。ココンは繭のことです。この繭から色んな世界を生みだします。おもしろい話。不思議な話。怖い話。人形劇という目の前で広がる別世界を楽しんで下さい。


青年サークルが担当です。チラシは青年親でチケットは青年が作成してくれました
ココンチラシ.jpg

ココンチケット.jpg

チケットを持ってlet's go!!



主催:神戸垂水おやこ劇場・神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援:(公財)神戸市民文化振興財団・神戸市PTA協議会

問合せ・申し込みは
神戸垂水おやこ劇場
TEL/FAX:078−706−1810
E-mail:tarumioyako@kobe.zaq.jp
 


〈編集:NAOMI〉
posted by tarumioyako at 14:08| Comment(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

今年も!バジルソース作り

垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。

毎年恒例の 人気企画! リピーターのみなさんの「バジルソース愛」 熱いレポートです。

「バジルソース作り」

9月4日 10時〜 かほりクラフトにて
参加者6名


今年も「バジルソース作り」の季節がやって来ました。
去年も参加し、出来上がったバジルソースがとてもフレッシュで美味しかったので「待ってました〜!」とすぐ申し込みをしてしまいました(^-^)

かほりクラフトまではちょっと坂が続くけど着いた時の緑たくさんの自然に囲まれた空間にいつも癒されます。
講師のやよいさんとのお話や母同士こんなの作ったらおいしかったよ!と、バジルソースのおすすめレシピを教えてもらったり。子どものお話…。今年は近くにお住まいの収穫祭(12月3日にかほりクラフトで垂水おやこ劇場と合同で開催するよ!みんな来てね!)でご一緒させていただくさわいさんもお話に来てくださったり、古いお宅をご自身でリノベーションされた可愛いご自宅「さわい家」を見せてもらったり。大人だけの企画ならではのゆったりした中でたくさん楽しい時間を過ごさせていただきました。

お昼はこちらも恒例のかほりクラフトでのランチ。美味しいお料理とハーブティーをいただきました♪

今年は全員リピーターという人気企画なので今回参加できなかった方も次回は是非一緒に(^-^)
また来年も楽しみにしています。

  

かほりクラフトのお庭でつんだフレッシュバジルを 洗いましょう!

IMG_1282.jpg

おいしいバジルソースになりますように

IMG_1292.jpg

これがうわさの 「ランチ」
冷奴にバジルソース!新しい!

IMG_1299.jpg

デザート… レアチーズケーキに手作りいちごソース + ハーブティー 2種 
こちらは、レモンを入れたらきれいなブルーに!

IMG_1307.jpg



レポーターは たぬき1号の「師匠」Aさん でした。
文責 たぬき1号


posted by tarumioyako at 09:00| Comment(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

キャンプストーリーD

垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。

さあ!いよいよ高キャン本番だよ!
8月13日(日)
兎和野高原野外教育センターに到着した。キャンプエリアに移動して、まずすることは…
おひるごはん。持ってきたおにぎりで、腹ごしらえ。
そしていよいよ、村おこしだよ。
村おこしとは
キャンプで使うまきや器材、調理器具をはこんだり、テントの確認、毛布マットの受け渡しなど、快適なキャンプになるようにみんなで手分けして準備するのだ!体格や腕力に合わせて、子どもから、青年、大人スタッフまでバッチリ働くよ。
みんなの協力で予定より村おこしは早く完了した。
開村式
キャンプ長のみっきーがあいさつ。注意事項、健康の管理などなど…
その後は、ダンス練習だ。キャンプファイヤーで踊るのだ。

その夜のご飯は、みんなでBBQ 
しかし、順調に始まったキャンプに、にわかに暗雲が…ぎゃーっっ!
そこ!そこに!…アレが! 
はぁはぁはぁ… 
一体何が起こったかは…  

8月14日(月)
おはよう〜!みんなよくねむれたかな?そいつぁ良かったゼ。じゃあ聞いてくれ。実は、天気がやばそうなので、15日に予定していた運動会とキャンプファイヤーを今日にして、今日の予定と入れ替えることにした。
っちゅーことで、運動会行ってみよう。

子どものチームを紅と青に分けた。青年は、子どものチームメンバーがドラフトで獲得していった。
第1競技  絵しりとりリレー
     さいしょの言葉は「キャンプ」そこから「ぷ」「ふ」のつくものの絵をスケッチブックにペンで描いてリレーをするのだ。しかし、紅組、痛恨のミス!第一走者がいきなり「ん」で終わるものをチョイス。青組の不戦勝でした。
第2競技  ビーチフラッグ
     3つの箱のどこかにビーチフラッグが隠されている。4人でスタートしてしれつな奪い合いだ。途中妨害可。
第3競技  しっぽとり
     メンバー全員しっぽをつける。大将は各一人。大将以外は罰ゲームの紙を持っている。しっぽを取ったら、取った人が取られた人の持っている罰ゲームをしなくてはならない。

総合優勝は紅組でした。

しっぽとり

IMG_2044.JPG  

キャンプファイヤー
キャンプの華!それは「キャンプファイヤー!」
班会、キャンプ中、みんなで練習してきた「ダンス」踊りまくるぞ!

IMG_2045.JPG

8月15日(火)
予定を入れ替えて今日、Q極
「突撃!山の晩御飯」という料理番組の取材が入った。夏休み特集らしい。人気MCは、なんだかキャンプ長にそっくりだし、ドジなポンコツADも班つきに似てる… 
まぁ、いいや!みんな張り切って料理するぞ!と思いきや、ポンコツADが発注ミスをやらかして、食材が届いていない!少ない食材を、みんなで使わないと…仲良く分ける!?まさか!争奪ゲームで勝利を収めたところがゲットでしょ!
午後から、ADの裏技でやっと色々な食材が届き、無事料理スタートでした。

焼き鳥職人 爆誕!

IMG_2034.JPG

IMG_2031.JPG

手際はいかに?

IMG_2032.JPG

すいかわりも

IMG_2043.JPG

やはり雨が降りました。

IMG_2027.JPG

8月16日(水)
うわ〜もう最終日かぁ。キャンプ場ありがとう、ときれいに掃除するよ。兎和野教育センターのスタッフさんにチェックしてもらって無事終了。感想を各自書いて、その後キャンプ場で最後のおひるごはん。
その後は、閉村式、写真撮影、バスに荷物積み込み…と進んで、バスに乗り込み神戸へ帰ろう。
名谷駅前についたら、お迎えのお家の人達と再会。楽しかったおはなしはいっぱいあるよ!いっぱい聞いてね。

みんな、おつかれさまでした!

文責 たぬき1号








posted by tarumioyako at 10:28| Comment(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

例会「むうのむかしばなし」報告

垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。





例会の報告です!
幼児・小学校低学年例会
劇団むう「むうのむかしばなし」

9月10日(日)14時開演(開場20分前 上演時間60分)
神戸アートビレッジセンターKAVCホール


今回は、垂水おやこ劇場の担当例会だったので、搬入から関わってきました。
10時にむうさんが会場入りするのに合わせて、一緒に荷物を運びこんでから、楽屋の準備です。M田さんとテーブルセンターを用意してお茶の用意、昼食持ち込みの確認をしたらロビーの飾りつけです。
K田さん作の折り紙の柿とN野作の新聞紙を芯にした柿を M田さんの用意してくれた柿の木の幹や枝に飾り付けていきました。真ん中には、和の布を合わせた土台に題名やサルさんタヌキさん、これは須磨北さんの0さん作です。いつも素敵なセンスです。
ロビーA.jpg
0さんは、可愛らしい登場動物を縫い付けた羽織も用意してくれました。でも着るには少々暑い・・・、ということでみんなで知恵を絞って工夫して展示しました。見てくれましたか?
はおり.jpg

村田さん羽織.jpg
11時半には劇団の方への昼食の準備へ。
昼食.jpg
垂水は、「おにぎり」と「タンパク質系のおかず」「汁物」担当でした。他に須磨北さんが、「野菜系のおかず」中央さんが「フルーツ」担当でこんなに豪華な昼食でしたよ。
事務局スタッフさんはチケットの用意や当日資料挟み込みなどもしていました。みんなで手分けして準備できたら自分たちも昼食タイム。

会場準備もばっちり。このあいさつ係の指定席マットは、M岡さん手作り、愛情がこもっています。
むうさん会場づくり.jpg

13時20分には、係集合。むうさんや続々と集合してくれた係の皆さんと打ち合わせ。垂水のあいさつ係のみんなもT橋さん主導で相談タイム。子ども達、忘れないようにメモなども作成していました。会場係は、IさんとKさんがしてくれました。お疲れ様でした。
係り打ち合わせ.jpg
 
そしてむうさんの例会は始まりました。
本番も可愛らしく大成功!
挨拶係.jpg

むうさん、お二人なのに何役もこなしてすごいパワーです、そして子どもには、もう人はいるはずもないのに役が存在していました。「(子狸が)そこにいるよ〜」と訴えるのが微笑ましい。子ども達は、お話の世界に入り込んでいます。あとで子狸がケガをして現れたときに涙ぐんでいた子どもの話を聞いたときはホロリときました。
会場を巻き込むむうさんの演出にちょっと照れがある女の子や、最初は引けていてもどんどん入り込んでいく子ども、それぞれです。
そして、カニ、カニ、カニ・・・の歌が今も耳に残っています。

終了後はロビーや楽屋の片付け、むうさんの搬出のお手伝い、テキパキとして予想外に速く済み、むうさんとお話しする時間もありました。
一人で何役もこなす役者さん、やはり体力的にとってもハードだそうです。見ている方にはそのようなたいへんさは見せないところがプロです。参加型のお芝居なので、子どもの反応なども・・・。キャッチボールのように、子の反応によっては、そのときそのときでアドリブも入ったりするそうで、さすがだなぁと感じました。
4時には車に荷物を積み込み、むうさんのお二人をお見送りしました。次にお会いするときは別の車になっているでしょうというくらいなが〜い総走行距離の車でした。

子ども達の感想から
☆さるかには、ぼくが知っているものとはすこしちがって このむうのむかしばなしのほうもおもしろかったです。(9歳、男子)
☆たのしかった。(3年 女子)
☆今日のげきは、とてもおもしろいです。さるかにがもも太郎でこだぬきのおんがえしはさるかにがっせんとつるのおんがえしでしていました。たのしかったです。(3年 男子)
☆劇がうまくておもしろかったです。おもしろかったのでまた見たいと思いました。(3年 男子)
☆とてもたのしかったよ。(6歳 女子)
☆むかしのおはなしがしれてよかったです。どっちもおもしろかったです。ほかのおはなしもみてみたいです。(7歳 女子)
☆どっちもおもしろかったよ。(6歳 女子)
☆どっちもおもしろかったよ。(7歳 女子)



アンケート書き.jpg
垂水おやこ劇場の会報誌「ぱれっと」に載るので丁寧にイラストを描いてくれていた仲良し1年女子も印象的でした。10月号お楽しみに〜。

〈編集:NAOMI〉








posted by tarumioyako at 21:06| Comment(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

収穫祭

垂水おやこ劇場は、30周年を迎えました。子どもも親も共に笑顔で育ちあえるように、これからも親子で「生の舞台」を鑑賞したり、楽しい企画を体験したりして活動していきます。


暑い夏を乗り越え、ようやく秋の気配も感じられるようになってきた今日この頃ですね。
垂水おやこ劇場と会員さんのかほりクラフトさんで共催で、12月に収穫祭のイベントをすることになりました。
先日、かほりクラフトさんでバジルソース作りをした折に「さわいさん」が来てくださり、いろいろお話しました。
かほりクラフト1.JPGimg005.jpg(かほりクラフト)
とてもパワーのある方で「つながり」を大事にされている方だなぁと感じました。
さわい家も古いお家を週末ごとに自分たちでリノベーションされているということで見せていただくと遊び心いっぱいの落ち着く空間でした。ワクワク・・します。
垂水おやこ劇場の会員が楽しみながら、塩屋のかほりクラフトさんに集う方たちに「おやこ劇場」を知ってもらい、つながれたら、ということでお声かけいただきました。楽しいイベントになりそうです。是非多くの会員さんに遊びに来て少しの時間でもブースのお手伝いをお願いできたらと思います。垂水おやこは、風船スライム、焼き芋・焼きりんご(天候に左右されるので、豚汁にするかも・・・)フリマ、を予定しています。
かほりクラフト3.jpg(さわい家)


収穫祭2017

日時:12月3日(日)11:00~(オープニング11:00〜かほりクラフト前 納豆紙芝居)
場所ハーブショップ&かほりクラフト(垂水区塩屋町南谷853−6)&その周辺・さわい家 かほりクラフトとさわい家を行ったり来たりして遊んで下さい

かほりクラフト店内  11:00~15:00
  Café 野菜むすび・豚汁・ボルシチ・ハーブティーなど
  手作り雑貨市 
   ☆吹きガラス
   ☆メルちゃん&はなちゃんの服・Mee 
   ☆手作り絵本・teku teku
   ☆レース編み・M’s
   ☆刺繍雑貨など・Green*
   ☆竹ひご細工・伊草
   ☆こども服・Toraokan
   ☆ビーズアクセサリー・Yukari Beeds
   ☆アクセサリー・NAギャラリー
   ☆木のビーズ・studio wood
   ☆ミニメッセージカード moimoi
   ☆サンドブラスト・花音(HANAOTO)

かほりクラフト4.JPG

かほりクラフト6.jpg

かほりクラフト7.jpg

かほりクラフト8.JPG
   
かほりクラフト屋外イベント  11:00〜
   スライム作り・神戸垂水おやこ劇場
   フリマ・神戸垂水おやこ劇場
 
さわい家  11:00~16:00
   イベント☆絵本読み聞かせ・Sueちゃん 12:00/14:00
       ☆納豆紙芝居・あくび式みどりや 13:00
   マルシェ☆アクセサリー・Ecco
       ☆くるみボタン・RIEKO
       ☆六甲の炭・石カフェ
       ☆あんま・うり坊
       ☆フリマ 
       ☆自然農自家採取の種、苗、さわい家産 ほか
   ワークショップ(時間は決まっていません、好きな時にお声かけください)     ☆竹箸作り・SAYAKA
       ☆ヨガ・かつこ&しちみ
       ☆ちびっこ織物コースター作り・太郎の母
       ☆ちびっこ畑散歩

  収穫祭ライブ  15:30〜 ドリンク代のみ
(かほりクラフト店内)
  出演 スティールパンユニット  YKK   
     ギター弾き語り  みやさん
     ウクレレ弾き語り  孤笑洞
     フォルクローレ  El Tiempo

******************************************************************
連絡先  ハーブショップ&かほりクラフト ☎0787546536
     神戸垂水おやこ劇場       ☎0787061810
     さわい家            ☎09050642795


〈編集:NAOMI〉
posted by tarumioyako at 12:06| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

源平夏まつり2017 報告

源平夏まつりブース出店 報告

日時:8月27日(日)16:00〜19:00過ぎ
会場:西須磨小学校 運動場

毎年恒例の地域のお祭り「源平夏まつり」

今年は、
風船スライム
トットロの玉入れ
ジュースの販売
光るおもちゃの販売
と盛りだくさんで参加しました。
IMG_1987.JPG

お手伝いの呼びかけ当初は、人数が集まらず大丈夫かな・・・
と心配がありましたが、
日にちが近づくにつれて、
子ども、親子、大人と徐々にお手伝いが集まって心強くなりました 
テーブルを貸して下さる方、
荷物の搬出を出張帰りのパパとしてくれた方、
子どもも大人も青年(高校生)も
力を合わせて無事に今年も終了したと安堵しています

はじめはボチボチだった客足も、
次第に多くなり、忙しくなってきました。
設営から参加してくれた一家は、足りない物を買いに走ってくれたり、
慣れた様子でポスター書きをしてくれたり・・。

去年も参加してくれた高学年の女子二人(もう高学年なんですね・・・ ^^ゞ)は
すっかり手慣れたお客さばきで、
IMG_1994.JPG

お母さんと初めて参加してくれた1年生の女の子は
やり方をおぼえるとしっかりと堂々と仕事をこなしてくれました。
IMG_1995.JPG

親子三人で参加してくれた一家は息が合っていて、
自由研究でもスライムをテーマにしたそうです。

高学年の男子も、
スライムの遊び方の見本を見せてくれたり、緊急の時に水道まで走ってくれたり、
トットロの方から威勢よい宣伝が聞こえてきていたりしたので、
両方で忙しく働いてくれていましたね
IMG_1993.JPG

お手伝いの青年も搬入から搬出まで長時間、お疲れ様でした。
IMG_1992.JPG

19:00過ぎ
お客さんは、ちらほら来ていましたが、撤収準備にかかりました。

反省点として、今年はお店が目立ちにくかったかもしれません。
アーチ状のものがあれば、ポスター貼れるのにな・・・
来年に向けての改善点も考えています。

お手伝いに来て下さったみなさん、お疲れ様でした。
ありがとうございました。
(naomi)


naomiさん、報告をありがとうございました。

当日のお手伝いは
大人10名、青年(高校生)1名、子ども12名の合計23名でした。
たくさんの子どもがお手伝いとして参加し、
ただ大人のお手伝いをするだけではなくて、
大人と同じくらい、または大人以上の仕事をしてくれる。
おやこ劇場会員の子ども達の頼もしさを感じました。

参加された皆様、お疲れさまでした。
byウグイス
posted by tarumioyako at 09:52| Comment(0) | 自主活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

例会告知 劇団むう「むうのむかしばなし」

災害により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。


例会のお知らせです!
幼児・小学校低学年例会
劇団むう「むうのむかしばなし」

9月10日(日)14時開演(開場20分前 上演時間60分)
神戸アートビレッジセンターKAVCホール

むうチラシ.jpg

チケットは届きましたか?
むうチケット.jpg

昔話は、その時その時の〈思い〉が形になったものです。今でも語り継がれているのは、その〈思い〉がいつの時代も変わらないからなのでしょう。馬方に助けてもらい一生懸命恩返しをするお話「こだぬきのおんがえし」。親の敵をうつ「さるかに」。二本の作品を芝居と参加型パネルシアターに創りました。観るだけでなく、参加も楽しめる作品です。(劇団ホームページより)


劇団うりんこを経て2006年にお二人で創立した劇団「むう」さん。
子ども達の素敵な笑顔に会いにやってきます。HPによると席に座ったまま劇に参加できちゃうらしいですよ〜。
「むう」さん、おなじみの方もはじめての方もどうぞお楽しみに!

主催:神戸垂水おやこ劇場・神戸中央おやこ劇場・神戸須磨北おやこ劇場
後援:(公財)神戸市民文化振興財団・神戸市PTA協議会

問合せ・申し込みは
神戸垂水おやこ劇場
TEL/FAX:078−706−1810
E-mail:tarumioyako@kobe.zaq.jp
 


〈編集:NAOMI〉
posted by tarumioyako at 13:21| Comment(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

キャンプストーリーCいよいよ出発

災害により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

青年サークル会  
8月6日(日)3時30分 名谷健康館

いよいよ高キャンまで、1週間。大詰めの打ち合わせが続きます。
この日は、当日のタイムスケジュールの確認。起床時間に始まり、イベントを中心に、その前の準備、移動時間、終了後の片づけ…順を追って綿密な時間の確認です。「ここは、少し早めに準備した方が」「この移動時間は、もう少し少なくてもいけるよ」高校2年生の中心スタッフの考えたキャンプ中の各人の動きとタイムスケジュール。それを、大学生、社会人の青年サークルのメンバーが自分たちの高キャンの経験をふまえて検討、アドバイス、変更etc. キャンプに向けて、準備に熱が入っています。

差し入れで、ブレイク!あっという間に売り切れました。

IMG_1898.JPG

食べながら打ち合わせする人あり、おしゃべりする人あり

IMG_1897.JPG

8月12日(土)
キャンプ前日の大切な準備… そう、買い出しです。
11時30分 地下鉄名谷駅集合
各班には、メニューに合わせた食材買い物リストが作られていました。
いざ、レッツゴー!
まず、スーパー○ハチへ。
その後、ダ○エーにバーベキューのニクその他を買いに。
全部そろったかな?よーし、健康館のリハーサル室で仕分けするよ。
クーラーボックス持参の親のみなさんに、冷蔵品はお持ち帰りしてもらいました。

その後、青年サークルは最後の打ち合わせに、となりの妙法寺駅前にある横尾集会所に移動。(キャンプ全体会をしたところだよ)最後のタイムスケジュール確認をして、差し入れのお弁当をいただきました。(おにぎりや、卵焼き、から揚げ、ブロッコリーetc.ボリュームたっぷり)

さあ、次はいよいよキャンプ!
みんな、体調を整えるのだ〜 
早く寝ること

8月13日(日) 
8時 青年集合 名谷落合中央公園  
8時40分 子ども集合

まず、青年たちが荷物を持って集合。現地まで食材や器材を運んでくれる車も3台集合。

クーラーボックス、食材、もろもろたくさん集まっています。
青年は打ち合わせ中。

IMG_1922.JPG

子どもたちがやってきて、班ごとに並ぶ。キャンプ長あいさつで出発式。

IMG_1934.JPG

こんなバスで兎和野高原まで行くよ。
IMG_1930.JPG

乗車しまーす。3,2,1班の順番で乗ります。

IMG_1933.JPG

みんな、行ってらっしゃ〜い

文責 たぬき1号
posted by tarumioyako at 12:50| Comment(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

キャンプストーリーB

災害により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。

高キャンの前には、自分たちでキャンプを作り上げるために、各班に分かれ、様々な打ち合わせをします。
今回は、「班会」のリポートです
さあて、1班2班3班、いったいどんなことをしたのかな?それぞれリポートが届いていますよ。

3班 班会リポートです。7月22日(土)

参加者
小中学生4人(全員)青年5人(高校生2,大学生社会人3)
見守り大人2人+さいごの方にS田さん、Sまさん

最寄り駅に集合して健康館へ。見守りの親が飲み物調達から帰ってくると班つきの進行でキャンプのメニュー決めをしていました。子どもひとりひとりに丁寧に何が好物か聞き取って決めていくのが印象的でした。控えめな子が多くて 聞き出すのにあの手この手で微笑ましいです
ホワイトボードに案を書いて整理する人あり、スマホで材料を調べる人あり、楽しく盛り上げる人あり、さりげなく進行を助ける人あり、ベテラン青年の頼もしい協力でなんとか時間内にメニュー決めがおわりました
ほんのちょっとだけ遊びタイムで百人一首ができたかな?
あっという間に終了時間がきて名谷駅まで青年が見送って行きました。

メニューはとっても美味しそうなものばかりです。和がなくて洋、中、韓国 とバラエティーに富んでいます。

報告  Nさん

IMG_1873.JPG

KC4F0161.jpg

1班 班会報告 7月23日(日)

参加者
小中学生4人(全員)高校生3人
大学生社会人3人
大人見守り2人

13〜15時
横尾集会所

班つき青年の主導でメニュー決め大詰めです。カツやシーフードはNGなど食中毒対策でしょうね。カレーはキーマカレー風に変更したり細かなところも納得してもらいながらの話し合い…。野菜が足りないところにはみんなに希望をきいて浅漬けも入れてました。
みんなの好き嫌いが分かったり、食卓が垣間見られたりおもしろいです。

メニューが決まるとダンス練習です。食材表に記入もあり、遠慮あり、あまり見ないようにしましたが…盛り上がってました。

最後には円になってUNO、ゲームで楽しんでいました。献立の質問がでてきて、最後罰ゲームができなくてなってごめんなさい。

報告 Mさん 

IMG_1875.JPG

この日は例会の日。オフィス猫じゃらし 『唄がたり 日本昔話』『唄がたり 怪談日本むかし話』の日でした。例会前に班会ありました。

2班 班会報告 7月30日(日)
横尾集会所 15時

参加者 子ども 2人 青年(高校生5、大学生社会人3)
子ども二人が先の予定があり、全員そろったのは15時30分越えていました。その間、青年は集会所の机、いすをセットしたり、駅で子どもを待っていたり、集会所で事前打ち合わせしたり、それぞれ働いていました。
子どもたちが(二人だけでしたが…)揃うと、早速メニューの最終決定に入りました。
司会は、2班班つきの(ひ)さん。
前回の全体会の後の第1回班会で、ある程度の希望は出ていました。しかし!どうやらメニューが豪華すぎて、時間内には両方作れないのでは、という心配が出てきました。それで、子どもたちに意見を聞きつつ、何とか両方作るのには…と知恵をしぼりました。「そうだ、2日目と3日目にそれぞれ分けて作ればいいね!」ということに決定。よかったよかった
無事決まった後は、ダンスの練習です。「まーえ、まーえ、…ちょんちょんちょんちょん…」
ばっちりかな!?おつかれさまでした!

報告 たぬき1号

熱い夏、キャンプの準備は着々と進むのである

文責 たぬき1号



posted by tarumioyako at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

キャンプストーリーA

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
神戸垂水おやこ劇場は、子どもたちと家族に笑顔が戻るように応援していきます。


7月16日(日)  13時30分〜 
横尾集会所にてキャンプ全体会が開かれました。


今年の「高学年キャンプ」に参加する、小学生、中学生、高校生、大学生、社会人、親、の全体が、初めての顔合わせです
受け付けは 13時15分から。

参加費、保険について、個人情報取り扱いに関する同意書、親の係希望表、健康調査表、子ども・青年予定表、保険証コピー  などなど、必要な書類一式も提出して、いよいよキャンプに向けてのいろんなことが、スタートしました。

今年の参加者 
小学生 4名
中学生 9名
高校生 8名
大学生 7名
社会人 5名
親  12名 

まず、キャンプ長のみっきーのあいさつ。
それから、参加者の学年ごとの紹介。順番に前に出ました。
そして、1,2,3班の「班つき」が、1班から順番にメンバーを呼んでグループを発表します。
 用語解説 「班つき」とは?  その年のキャンプの間各班のリーダーをする高1の青年だよ。

IMG_1795.JPG

みんな、自分の班毎に分かれました。

IMG_1796.JPG

さて、各班が集まったところで、親たちは、別室へ。キャンプを支えるために、裏方スタッフとしての係を決めるのです。
班会の時に付添いをしたり。
キャンプ前日に買い出しをする時、付添いをしたり。
青年たちの会議に差し入れをしたり。
キャンプにクーラーボックスを貸し出したり。
キャンプで使ったぞうきん、ふきんを洗濯したり。
いろいろな係を親たちが協力してキャンプを支えます。

一方、子どもたちは青年スタッフと共に1回めの「班会」です。
キャンプの間、三食自力で作ります。
メニューは何にする? まず、「そこ」から。
あれが食べたい、これが食べたい、それもいい、それはキライ… わいわいと話がはずみます。

班会は、あと2回あります。各班ごとにみんなの集まれる日を確認します。続きは、また別の日に。
5時までみっちり打ち合わせをして、今日は解散。後は、各班の活動です。
班会の報告は、また次回。


文責 たぬき1号






posted by tarumioyako at 16:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 青年グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする